千とリンのドデカあんまん 後篇

前篇の「通常のサイズは通用しない!? の巻」をお読みでない方は、まずはコチラ

~コーション!蒸し器から取り出せません の巻~

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
予想以上に沢山の量になったあんこ。

無事に包みこめるか定かではありませんが、とにかく次は皮作りに進みます!

【用意するもの】
千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
ゆるま湯、薄力粉、ドライイースト

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
ぬるま湯にドライイーストを溶かし入れます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
ドライイーストをぬるま湯に馴染ませている間に、小麦粉をふるいにかけます。
二回ほど、ふるいにかけて小麦粉のキメを細かくすると、仕上がりが綺麗になります。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
半量の小麦粉に、ドライイーストが溶けたぬるま湯を注ぎ入れます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
生地がまとまってきたら、残りの小麦粉も入れて混ぜます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
小麦粉が飛ばないように、生地を押し込むように、1つになるまでよく練ります。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
電子レンジで使用可能な容器にサラダ油を塗ります。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
容器に生地を入れ、表面にラップを被せて一次発酵させます。
28~30℃で30分ほど寝かせます。

室温、季節によって時間は前後します。
生地が二倍の大きさに膨れ上がるのが、発酵した証です。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
生地が発酵したら、軽く丸め直します。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
台に少量の小麦粉をまぶして打ち粉をしておきます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
生地を台の上に乗せて、軽く表面を押してガス抜きします。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
生地を手で半分になるようにちぎります。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
ちぎり分けた生地をそれぞれ丸めます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
めん棒で生地をあんこが包める大きさに伸ばします。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
生地にあんこを包む前に、蒸し器の準備。ここで沸騰するまで火をかけます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
生地の真ん中にあんこを置きます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
生地の端と端をつまんで折りたたみます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
閉じ口にあんこが付かないように気をつけて、残りの端2つもあんこがみえなくなるように包みこみます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
閉じ口は乾燥してくっつかない場合、少量の水を付けるとぴったりくっつきます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
2つとも包み終えたら、閉じ口が隠れる大きさにカットしたクッキングシートを貼ります。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
いざ、蒸し器に投下!

ここでは一旦火をとめて、10分間の二次発酵を行います。
大きいので一つずつ蒸すことになりました。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
あんまんに水滴がつくと台無しになってしまうので、蓋に濡れ布巾を被せる事をお忘れなく。

二次発酵が終わったら、火を付けて10分蒸します。

156
10分経過したところ。

蓋を開けると‥

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
ホンワワワワーンと、皮の蒸された独特の良い匂いが立ち込めてきます。
コンビニや中華街で肉まん、あんまんを購入する時に、蒸し器を開けてもらった時のあの香り!

ふっかふかのあんまんが出来あがっています!

が、ここで大きな問題が発生。
あんまんが大きすぎて、取り出せません。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
手元にあったヘラ、フライ返しを動員して、実力行使です。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
途中若干のハプニングはありましたが、無事に完成!

あんこがはみ出ることもなく、綺麗なあんまんが出来あがりました。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ あんまんの作り方 アニメのご飯 ジブリ飯
あんこずっしりで、重量感のある仕上がりです。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
いざ実食!
一口目で、ちゃんとあんこに到達します。

ふかふかと柔らかく、もっちりとした生地は食べ応えがあります。
蒸したことでゴマの風味が強くなったあんこと、絶妙なバランス。

これは食べきれないと思いつつ、つい手がのびます。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
2つ目も無事に蒸しあがりましたが、蒸しあがりを待てずにつまみ食いされて欠けている1つ目‥

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
さすがにあんこの量が多くて、高さは低めの仕上がりですが、形状としては原作に近い仕上がりとなりました。

千と千尋の神隠し ビストロ・アニメシ
大きなあんまんに齧り付くというのは、なかなか気持ちの良いものです。
結構食べ勧められますが、さすがに限界も‥

美味しい量を美味しくいただく、ということで、残りは保存することにしました。
口を付けてしまったところは食べきらなくてはなりませんが、包丁で綺麗にカットすれば冷凍保存が可能です。

冷凍したものを食べる場合は、自然解凍後に蒸し器で再度蒸すか、水を表面に塗ってから電子レンジで加熱してください。

千とリンは果たして食べきれたのでしょうか、謎は残ります。

激務のなか、普段は質素な食生活を送っていれば、ペロリと平らげられてしまうのかもしれません。

それもまた実験あるのみ‥?

改めて作品の奥深さを思い知る一品なのでした。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

“千とリンのドデカあんまん 後篇” への2件の返信

  1. あんまん的な何かと思っていたけどやはり、あんまんだったのか!!!? より:

    僕はこのブログを始めて拝見させていただいたのですが、ただただ脱帽です。
    ふんわり感がほどよくあって、お店では売ってはいない大きさのあんまん?とても美味しそうです!!

  2. あんまん的な何かと思っていたけどやはり、あんまんだったのか!!!?様
    コメントありがとうございます。
    楽しんで頂けたようで、何よりです!
    普段の大きさと違うというだけで食べごたえがあって、とても楽しかったですよ(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です