第4弾 できた!麻婆煮込みハンバーグ 前篇

~ハンバーグに出世したひき肉の末路は?~の巻

当ビストロでは以前、のだめカンタービレの再現料理シリーズを3弾に渡りお送りしました。

千秋先輩の作る料理はどれも本格的で絶品。とても美味しい料理に舌鼓を打つシリーズでした。

ですが、のだめカンタービレにはあの3品以外にも沢山の食べ物が登場します。
どれも普段慣れ親しんでいる食べ物とはちょっと違って、どんな味なの!?と気になってしまいます。

そんな中でも、アニメのLesson15で、裏軒の新商品としてチラッと登場した「麻婆煮込みハンバーグ」は聞きなれない一品。

のだめが食べることはなく終わってしまうのですが、そのネーミングは心に強く残ります。

麻婆豆腐に、ハンバーグの相性とは?
美味しそうではあるけれど、イマイチ想像しきれません。

想像できないならば、作ってしまおう!ということで、今回はのだめカンタービレの麻婆煮込みハンバーグの再現に挑戦です!

【用意するもの】
001
まずはハンバーグの材料のご紹介から。
豚ひき肉、牛乳、パン粉、玉ねぎ、卵、山椒、胡椒、塩、ゴマ油、味噌

味が麻婆豆腐と馴染むように、臭み消しのナツメグを山椒に代えます。
その他は、味噌を入れて味をまろやかにする以外は通常のハンバーグをほぼ同じです。

002
パン粉に牛乳を注ぎこみます。

003
軽くパン粉を牛乳に染み込ませておきます。
パン粉が多くて全部染み込まなくても問題ありません。

004
玉ねぎは細かいみじん切りに。
今回はじっくり煮込んで火を通すので、玉ねぎは炒めずこのまま。

どうしても食感や出来あがりが気になる場合は、炒めてもOKです。

005
ボウルに、豚ひき肉、玉ねぎ、牛乳を浸したパン粉を入れます。

006
卵を割り入れます。

008
味噌を入れます。

009
ここで登場!山椒を振りかけます。

010
胡椒をかけて‥

011
塩をかけます。

012
あとはこれを、ねばりが出るまで手でこねます。

014
ねばりが出たら、タネを等分します。

015
丸めたタネを手のひらで丸く成形し、手と手でキャッチボールして空気を抜きます。
最後に真ん中に指でくぼみをつければ、ハンバーグのタネはこれで出来あがり。

ハンバーグの基本的な行程は、エウレカセブンのビッグバーグの作り方で公開しています。

017
熱したフライパンにゴマ油を注ぎます。

018
フライパンから煙が出るくらい、高温にします。

019
タネを低い位置からそっと置きます。

020
むやみにひっくり返さず、タネは揺すって焼き色をしっかりと付けます。
後で煮込むので、中まで火を通す必要はありません。

021
十分に焼き色が付いたら、ひっくり返して反対側も焼きます。

022
両面焼けたら、火を止めてお皿に移しておきます。

024
この時、使用したフライパンは洗わずにそのまま置いておきます。
残った肉汁と油を、これからの調理に活用します。

ここまでは難なく進んだ調理。
山椒と味噌入りのハンバーグも、今のところ見た目は美味しそうです。

辺りにも、なんとも言えない食欲をそそる良い匂いが。

しかし、問題はここからなのです。

ひき肉をハンバーグにしてしまった今、普段作る麻婆豆腐とは行程がちょっと変わっていきます。

ひき肉なしで作る麻婆豆腐にハンバーグは、一体どこで合流するのか!?
炒めすぎて豆腐にすが入ってしまわないか!?

次回、「オヤジはとんでもないものを盗んでいきました。あなたの胃袋です」の巻に続きます。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

“第4弾 できた!麻婆煮込みハンバーグ 前篇” への2件の返信

  1. のだめっちんぐ様
    コメントありがとうございます。
    麻婆煮込みハンバーグはイチオシです。
    アニメシというよりは、もうすっかり「うちごはん」として定着しちゃってます ( ´)Д(`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です