粋とは程遠く

一本うどん 一本饂飩 鬼平犯科帳 ビストロ・アニメシ
以前ビストロ・アニメシでは、鬼平犯科帳に登場する一本饂飩を作成しました。

親指ほどの太さのうどんは、作るのも食べるのもひと苦労!
大きなお鍋を持ちだして、汗をかきつつせいろでうどんを蒸すと気分はまるで職人さん。

出来上がりの味は、当ビストロの腕が足らずイマイチでしたが、とても楽しい回でした。

あまりにも太いので、芯まで柔らかくするために苦戦したものです。
せいろで蒸す・鍋で茹でる・蒸してから茹でるという方法を取り食べ比べをしましたが、実は他にも挑戦していました。

その方法とは、電子レンジ。

「シリコンスチーマーに入れてチンしたら、いけるんじゃないか」

そんなスタッフの一言により実践された、電子レンジ版がこちら。
DSC_0224
「バボンッ!」という音と共に出来上がったそれは、もはやうどんとは呼べない代物でした。

ブツブツで妙に艶々で‥
「これは失敗だ‥」と思いつつも口に含んでみると、びっくるするほどカッチカチ。

「これ、茹でてすいとんに出来ますかね‥?」という案も出ましたが、今のところ冷凍庫で眠っています。

どなたか、カッチカチになったうどんの活用法をご存知でしたらお教え下さい。

バラティエのまかないピラフ 後編

前篇の「この世で一番おいしいもの」の巻をお読みでない方は、まずはコチラから!

~炊き上がりが‥違う! の巻~

魚介の下準備が終わったら、次はその他の具と米を炒める作業に移ります。

ita
にんにくは芽をとり、みじん切りにします。

043
玉ねぎもみじん切りにします。

044
オリーブオイルをフライパンに注ぎます。
シーフード本来の香りを活かしたい場合は、サラダオイルにして下さい。

047
オリーブオイルににんにくを浸してから、火にかけます。

049
にんにくの香りが立ったら、玉ねぎを加えます。
玉ねぎが透き通るまでよく炒めます。

051
玉ねぎに火が通ったら、マッシュルームを加えます。

054
マッシュルームは表面に艶が出て、柔らかくなったらOK。

055
お米を投下。

057
お米を全体によく混ぜ合わせます。

058
お米に火が通って透き通ってきたら、火を止めます。
しばらく粗熱をとります。

061
粗熱が取れたら、炊飯器に炒めたお米を入れます。

062
ちょうどこの頃には、アサリの蒸し汁に入れたサフランとブイヨンが溶けきっています。

まだ溶けきっていない場合は、箸でかき混ぜるか、少量のお湯を加えます。
お湯を加えた場合は、溶かしてからしばらく冷まします。

063
アサリの蒸し汁をお米に注ぎます。

066
アサリの蒸し汁だけでは水分が足りないので、ここで海老・イカ・タコを蒸した汁を使います。

068
普段の炊飯と同じように、お米の分量の目盛りまで汁を入れます。
今回はお米が一合分なので、目盛りは一合のところ。

069
塩を適量加えてさっとかき混ぜます。

070
胡椒を適量ふりかけます。

071
そしてローリエの葉を乗せたら‥炊飯スイッチオン!

ピラフや炊き込みご飯は、何度作っても炊き上がるまで緊張します。
お米に芯が残らないか、もしかして水気が多くてべちゃっとしてしまわないか、何か入れ忘れはないか‥

そうして心配をしているうちに、湯気と共に美味しそうな匂いがしてきました。

072
蓋を開けると、サフランの良い香り。
ちょっと色が濃いかな‥?というところだけ気になりますが、お米も無事に炊けてそうです。

これで出来上がり、と言いたいところですが‥

073
かき混ぜずにそのままの状態で、上に蒸したアサリ、海老、イカ、タコを乗せます。
そして蓋をして10分、蒸します。

炊き上がったのならすぐにでも食べたいところですが、具を加えてゆっくり蒸すことで味が馴染みます。
今か今かと待つこと10分‥

075
今度こそ炊き上がりです!

お米がつぶれないように、全体をさっくりと混ぜあわせます。
混ぜ終えたら、いよいよお皿に盛り付け。

pilav1
パセリをまんべんなく散らします。

pilav2
端にレモンを添えます。

pilav3
いよいよ出来上がり!
香りが非常に良く、食欲を刺激します。

pilav5
この香りで美味しくないわけがない!と期待しつつ、いただきます。

これは美味しいです。
魚介の旨みがぎゅっと凝縮されていて、まさしく海の味。

炊き込むことでご飯にしっかりと味が染み込み、具とお米に距離がありません。
サフランとブイヨンのお影で生臭さがなく、具材それぞれの味が際立っています。

このピラフだけで、他には何もいりません。
一皿で食事として成立する完成度に唸りながら、ひと口、またひと口と食べ進んでしまいます。

アニメに登場するピラフよりも、色が濃く炊きあがってしまったのが残念ですが‥
それでも、味は想像していた以上に美味しく出来ました。

あんまり美味しくて、かっ込んでしまう可能性が高いです。
一皿完結、パパっと食べられるので、「バラティエのメニュー」というより、コックたちのまかない料理なのかもしれません。

このピラフは作りおきができるので、サンジがまかない用に置いてあったピラフをよそってギンに差し出したのかな?と考えると、あのタイミングも納得です。

レモンをふりかけると、また一味違う美味しさ。
栄養満点で、ギンがかっ込むのも頷けるの一品なのでした。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

バラティエのまかないピラフ 前編

~この世で一番おいしいもの の巻~

餓死寸前の状態で目の前に暖かい食事を差し出されたら、それはどんなにありがたいものなのでしょうか。

今までビストロ・アニメシでは、ONEPIECEから水水肉じゃがいものパイユを再現してきました。

中でもサンジ作の「じゃがいものパイユ」は、簡単なのに美味しいという素敵なもの。
今回は、そんなサンジが麦わらの一味になる前のお話からの再現料理です。

サンジが働く「バラティエ」は海の荒くれ者が集まったレストラン。
どんな迷惑なお客が来ても、コックたちがちゃちゃっとコテンパンにしてしまいます。

ある日、そんなバラティエに餓死寸前の男、ギンが現れます。
海賊であるギンは、コックに銃を突きつけて「食事を出せ」と脅しますが、空腹もあってあっけなく返り討ちに合います。

追い出されて意識も朦朧とし、俺もここまでか‥と諦めかけた、その時。

サンジの「食え」という一言と共に、ギンの目の前に暖かいピラフが差し出されます。

ギンは喉を鳴らし、ガツガツと無我夢中でピラフをかっ込むのです。
さっきまでの威圧的な態度はどこへやら、ギンは涙を流しながらサンジに礼を何度も述べます。

食べる前と後のギンの変化に心打たれ、その効果音に食欲をそそられるこのシーン。

さすがにギンほどという訳にはいきませんが、お腹を空かせて是非味わってみたい!

というわけで、今回はONEPIECEに登場する海上レストラン「バラティエ」のピラフに挑戦です。

【用意するもの】
01
海老、イカ、タコ、マッシュルーム、にんにく、玉ねぎ、アサリ、サフラン、ブイヨン、パセリ、ローリエ、レモン、白ワイン、米

「バラティエ」は海上レストランなので、ふんだんに海の幸を使ったシーフードピラフにします。
魚介類は生のものでも、シーフードミックスでもOKです。

005
以前作成した肉ピラフ同様、お米はあらかじめ研いで、水切りして30分は置きます。
無洗米を使用する場合はそのままでOK。

アサリは砂出しを済ませて、表面を軽く水洗いしておきます。

011
洗い終わったアサリを鍋に入れます。

012
そこに半量の白ワインと水を注ぎます。

013
アサリが丁度半分浸かるくらいになります。

015
あとはこれに蓋をして、火にかけます。

016
しばらくするとアサリの口が開くので、全部の口が開いたら火を止めます。

017
アサリの蒸し汁は後々使うので、捨てずに別の容器に移しておきます。

019
蒸し汁にサフランをひとつまみ、落とします。

023
蒸し汁が冷めないうちに、ブイヨンも加えて溶かしておきます。

018

アサリは貝殻から身を取り出し、別の容器に移しておきます。

アサリを蒸し終わったら、次は他の魚介を蒸す準備に進みます。

009
海老は殻を剥き、背わたを取ります。

026
タコは塩水でさっと洗ってから、ぶつ切りにします。

028
イカは皮を剥いでから輪切りに。

031
鍋に海老、タコ、イカの3種を入れます。

034
残りの白ワインと水を注ぎ込みます。

038
蓋をして火にかけ、沸騰を待ちます。

040
海老とイカの色が変わったら火を止めます。
魚介類は火を入れすぎるとパサパサしてしまうので、色が変わったらすぐに火を止めます。

これだけでも色鮮やかな魚介鍋みたいですが、まだまだここから!

レストランの本格的なピラフを無事に再現することは出来るのか?

次回、「炊き上がりが‥違う!」の巻に続きます。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

連れて帰りたい

〜食の修行・北海道編〜
uni
先日、北海道へ行って参りました。

空気が綺麗で、涼しくて、夏の北海道は最高。
食べ物も何でも美味しいので、ここぞとばかりに食べました。

そんな中でも一際衝撃的な出会いだったのが、このウニ。
海のすぐ近くで販売されている、まさに採れたて生きたままの、ウニ。

お店の方が「手にとっていいよ」と言って下さったので触ってみました。
こういう体験自体がなかなか出来るものではなかったのですが、驚きなのはその値段‥

なんと、1つ200円で販売されていました。
1kgで1500円という衝撃のプライス。

これは是非とも買って、どーんと豪華なアニメシを作りたい!と思ったのですが‥
ウニを使ったアニメシが思いつきません。

「こんなに安くて新鮮なウニ、めったにお目にかかれないのに‥」と後ろ髪を惹かれながらも、アニメシは断念したのでした。

uni2
結局アイディアは浮かばなかったけれど、「今度の勉強の為に、脳と舌を養わなければ‥!」ということで、賞味してきました。

お陰様でリフレッシュできましたので、この経験を今後に活かして頑張りたいと思います。

夏はこれだぜ‥?ビールかき氷 後編

前篇の「大泥棒の氷菓子」の巻をお読みでない方は、まずはコチラから!

~凍り過ぎない?‥凍らない の巻~

010
ガムシロップを入れたビールは、複雑なお味。
凍らせるだけでこの甘ったるさが緩和されるのか不安を感じつつ、蓋を閉めて冷凍庫へ。

ビール一缶分なので、凍るまでそれほど時間もかからないだろうと思ったのですが、なかなか凍りません。

何度も扉を開けると冷凍庫の温度が上がって良くないのですが、気になってちょくちょく様子を見てしまいます。
一時間、二時間が経過しても、一向に固まる気配はなくチャプチャプ‥

018
そうしてすっかり忘れて5時間が経過。
まだちょっと水っぽいけれど、それらしい外観になってきました。

011
黒ビールの方も同じく、まだ氷きらない状態。

そしてここからまた数時間凍らせると‥

017
ようやく固まりました。

019
あとはこれをグレープフルーツスプーンで削ぎます。

021
もっとカチンコチンになるかと思いきや、シャーベット状で良い塩梅。
ビールをスプーンで削ぎ終えたら、グラスに盛ります。

01
スプーンを添えて、ついにできあがり!

スプーンで削いだことで、全体的に白っぽくかき氷に近い仕上がりに。
ビールを注ぐのではなく凍らせることで、ビシャビシャではない見た目にすることが出来ました。

02
気になるお味を確かめてみると‥

ほろ苦くてほんのり甘く、さっぱりとした口当たり。
麦の香りが強く、味に深みがあり‥

意外なことに、乙な味です。

食べるまではどうも抵抗があったのですが、全くおかしくありません。
凍らせるまでの甘ったるさも嘘のよう。

シャーベット状なので、より爽やかに感じるのかもしれません。
シャクシャクとした食感が何とも小気味良いです。

024
黒ビールは、ほろ苦さが最高に生きています。

コーヒーのように、香りと苦さが癖になる味で、完成度は高いです。
バニラアイスやクリームを落としても美味しく頂けそう。

暑い日にさっぱりとしたいのならば、白ビール。
ちょっと優雅に涼みたいのならば、黒ビールと言ったところでしょうか。

「夏はこれだぜ~」というルパンの発言に半信半疑でしたが、これは納得。
ちょっと大人向けの、一味変わった一品なのでした。

凍らせるとアルコール感が抑えられるので、お酒が弱い方やビールが苦手な方にもおすすめです。
とは言えアルコールが入っているので、未成年の方や運転前の方は飲めません。

アルコールを飛ばすために、事前に火にかけてみるといいかもしれません。
もしくは、ビールと砂糖を煮詰めてシロップにして、かき氷にかけてみたり‥

まだまだ試行錯誤の余地がありそうな、ビールかき氷なのでした。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

夏はこれだぜ‥?ビールかき氷 前編

〜大泥棒の氷菓子 の巻〜

今回作成するのは、ルパン三世 炎の記憶~TOKYO CRISIS~に登場するかき氷。

夏はやっぱり、冷たいかき氷!
好みのシロップをかけて、涼やかなひとときを楽しみたいところですが‥

世界の大泥棒ルパン三世は、そんじょそこらのかき氷では満足しません。
なんとルパンと次元の食べるかき氷は、ビール味!

以前もすき焼きにビールを注ぐというビックリな行為をした彼らですが、それだけでは飽きたらず‥。

「夏はこれだぜ~」と言って美味しそうにかき氷を食べるルパン。
氷でビールが水っぽくなってしまって美味しくないのでは?と思いますが、一体どうなのでしょう。

001
試しに、何のシロップもかけていないかき氷にビールを注いでみたものの‥

シャクシャクとした食感のビールかき氷は、確かに清涼感があって美味しい。
ですが、それも最初の数口。

溶けて水っぽくなってしまう前に食べないと!と思うと、焦ってしまって酔いが回ってしまいそうになります。
見た目も水気が多くて、思い描いていた様にはならず‥

せっかくなんだから、ルパンたちのように楽しく美味しくて、酔いもほどほどなかき氷が食べたい!

ということで、ビール自体を凍らせて作ってみることにしてみました。

一体どんなお味になるのか分からないけれど、試してみるのみ!

【用意するもの】

【お好きなものをお好きなだけ】シェッファー ホッファー ヘフェ・ヴァイツェン 500ml ボトル 1本

ビール

MY ガムシロップ 720ML 1本

ガムシロップ

この2つの材料で出来てしまいます。
ビールは味が水っぽくならないように、コクのあるものを使用します。

ビールは、白味がかった黄色のホワイトビール・ヴァイツェンなどが合います。
その他、出来上がりの色は変わってしまいますが、黒ビールも苦味が効いて面白そうなので試してみることにしてみました。

日新製糖 カップ印 白砂糖 袋 1kg

ガムシロップがない場合は、砂糖:水=1:1の割合で溶いたものをレンジでチン。
お好みのとろみ具合に調整出来るのが手作りの利点です。

01
材料が出揃ったところで、タッパーにビールを注ぎ込みます。

008
黒ビールも同じようにタッパーに注ぎます。

009
ビールを注ぎ終えたら、両方にガムシロップを加えます。

010
ガムシロップが全体に混ざるように、よくかき混ぜます。

炭酸が抜けても問題ないので、気楽に混ぜます。
泡も放置しておけば、じきに消えるので大丈夫です。

糖度は同じでも、温度が低ければ低いほど甘さは鈍くなります。
ひと口すくって味見して、「ちょっと甘くどいかも?」というくらいが丁度良いです。

そうは言っても、味見すると何とも言えないお味。
調理している間にぬるくなってきてしまって、ガムシロップの甘さがやたら口に残ります。

凍らせただけでこれが美味しくなるのか‥一抹の不安にかられつつも、ここまできたらやるしかない!

次回、「凍り過ぎない?‥凍らない」の巻に続きます。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

米がなければアニメシを

お米が切れてしまった時、あなたはどうしますか?

大抵の方は、完全になくなってしまう前に新しいお米を買うかもしれません。
しかし、当ビストロの調理担当はどうもうっかりなもので、ぎりぎりまでお米を買わずにいることがあります。

食事の準備をしようとしたら「ご飯が切れてるんだった!」ということが、過去に何度か‥。

そんな時にどうするかというと、今までのアニメシが役立ちます。
特によく作るものは、以下の2つ。

ビストロ・アニメシ 魔女の宅急便 キキのホットケーキ
1つ目は、魔女の宅急便に登場するキキのホットケーキ

所要時間が短いので、手早く済ませたい時にも登場します。

他におかずを作らなくても、シンプルにこれだけでサマになるのがありがたいところ。
シナモンシュガーやバター、ジャムなどと、味に幅があるのも素敵です。

ハイジの白パン ブレッツェン ビストロ・アニメシ
2つ目は、アルプスの少女ハイジに登場する白パン・ブレッツェン

ブレッツェンは少々の早起きが要されますが、卵や牛乳がない時にも作れるので重宝しています。
具沢山のスープとこれだけ!というシンプルな食卓も、たまには良いものです。

どちらもこれと言って真新しい食材を使わず、当日の思いつきで作れるのが魅力です。

今のように暑くてあまり食欲がない時は、こんな風に趣向を変えてみてはいかがでしょうか?

夏バテもうっかりミスも、アニメシで解決をしようとする我々なのでした。

夏期休業のお知らせ

いつもビストロ・アニメシをご愛読頂きありがとうございます。

8月10日~15日までお休みを頂きます。
次回更新予定は8月17日になります。

夏期休暇とは言いつつ、今後の料理の為に「あるもの」を仕入れてきます。

今後とも宜しくお願い申しあげます。

第2弾 最期のカツレツ 後編

前篇の「食べるということ」の巻をお読みでない方は、まずはコチラから!

~おかわりをねだる心境 の巻~

あとは衣をつけて揚げるだけ!というところで、パン粉の比較をしてみました。
両方とも、パルメザンチーズとオレガノを加えた状態です。

0002
こちらが日本のパン粉を細かく摩り下ろしたもの。
見えづらいですが、とてもキメが細かく、ふんわり・しっとりとしています。

0001
こちらがドイツのパン粉。
パン粉一粒一粒が丸く、日本のパン粉に比べて粒が硬めでサラサラとしています。

という訳で、目で分かる違いがあることに感心しつつ、衣をつけていきます。

011
こちらは日本のパン粉バージョン。

035
パン粉が水気を吸いやすいようで、衣をつけ終わった状態を触るとしっとり滑らかです。

018
そしてこちらがドイツのパン粉。

不思議なことに、日本のパン粉に比べて吸着力が良いです。
卵の黄色がすっかり隠れてしまうほどぴっちりと、衣がつきました。
触り心地は、ザラザラと硬いです。

この違いが一体出来上がりにどう影響するのか‥

いよいよ仕上げです。

038
バターをフライパンに落として、香りづけ。

040
サラダ油を注ぎます。

044
衣を落として、すぐに浮いてきたら揚げ時です。

045
端からそっと浸し、落とし入れます。

050
あとは両面を3~4分揚げ焼きして、こんがりキツネ色にします。

07
両面揚げ終わったら、バットに置いて余分な油を落とします。

あとは最後にレモンを添えて‥

08
出来上がり!

063
ちなみに、これが日本のパン粉で作ったカツレツ。

05
そしてこれが、ライマーのパン粉で作ったカツレツ。
見た目が全然違います。

02
せっかくなので熱いうちに、いただきます!

口に入れた途端、衣がサクッとして、柔らかいお肉がじゅわっとします。
しっかり下ごしらえして、ドイツのパン粉を使ったからこその美味しさ。
こんなカツレツが食べたかった!と感動です。

日本のパン粉で代用しても美味しいですが、やはり本場の食材には敵いません‥。
ペーターの「うまいカツレツだ」という言葉にも納得のお味です。

ライマーのパン粉は粒子が細かいので、柔らかいサクサク感があります。
トンカツを食べたときの、ザクザクという感じではなく細かいのです。

しっかり叩いた肉も、歯ごたえ良しで最高。
硬くはなく、箸で切れるほどではないけれど、ふわふわの柔らかさ。
じわじわと滴る肉汁がまた、ジューシーで美味しいです。

味付けは塩こしょうに、パルメザンチーズが少し入った程度。
出来上がりにはさっとレモンを振りました。

さすがにシンプルすぎるかとおもいきや、その完成度は高いです。
とても満足のいく味わいで、食が進むこと進むこと。

冷酷非道の連続殺人犯‥そんな恐ろしいモンスターとして生涯を終えるペーターは、とても哀れ。
しかしそんな彼にも、処刑されるその日まで食事は施されます。

たとえ残りの時間を宣告されても、その瞬間まで生きている限りは無駄な食事などありません。

死の直前に、「もう一皿食わせてもらえんかね?」とおかわりをねだる彼の心理状況は到底理解できません。
しかし、彼が美味しい物を美味しいと思えることが、彼が人間であることの証であり、最後の救いのような気がする‥そんな一品なのでした。

日本のトンカツとは根本的に違うけれど、興味本位でとんかつソースも試してみたかったです。
食べ終わったあとにそう思ったのが、今回唯一の後悔なのでした。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

第2弾 最期のカツレツ 前編

~食べるということ の巻~

もし明日が最期の食事になるならば‥何を食べたいですか?

アメリカでは、死刑囚が刑執行前に食べるものをリクエストできる「スペシャル・ミール」というシステムがあります。

ロブスターにステーキ、ミントアイス1リットル、食後に煙草を一服‥
今までの刑務所で決められた食事と違って、自分の好きなものを好きなだけ食べられる最期の瞬間、それがスペシャル・ミール。

刑務所からのはなむけなのでしょうが、状況が状況なだけにスペシャル・ミールは断られがちだそうで‥
しかし、そんな中でもしっかり好物をリクエストして平らげるモンスターもいるのです。

人々を震え上がらせた恐ろしい連続殺人犯は、その時一体どんな気持ちなのでしょう?

今回再現するのは、そんな殺人犯の最期の食事にスポットを当てた一品。
前回、肉ピラフの再現に挑戦した「ペーター・キュルテンの記録」から、ペーターが最期に食べたカツレツです。

「うまいカツレツだ」というセリフに、そして平然とおかわりをねだるペーターの姿が印象的。

処刑前の人間があんなにもリラックスできるものだろうか?と混乱しますが、このカツレツが美味しそうなのには納得。

という訳で、刑務所で提供されたカツレツに思い馳せ、いざ調理スタートです。

【用意するもの】
01
豚ロース、バター、卵、小麦粉、パン粉

012
そしてレモン

舞台はドイツということで、ドイツのカツレツであるシュニッツェルを作ります。
シュニッツェルの材料は本来「仔牛」ですが、より手頃な価格で鶏肉や豚肉を用いた庶民的なものもあります。

今回は刑務所で提供されたという所に着目して、仔牛より手頃な豚ロース。
味も日本のトンカツに近いので、美味しく出来るはず!と期待です。

ライマー カツレツ粉 200g

材料のなかで、1番大切なのはパン粉。

シュニッツェルの特徴は、硬いパンから出来た目のとても細かいパン粉。
日本製のパン粉は目が粗く、そのまま使うとただの薄いトンカツになってしまいます。

ネットでドイツ製のパン粉「ライマー」が購入できたので、今回は「ライマー」と「日本のパン粉をアレンジしたもの」両方作ってみることにしました。

03
まずは日本のパン粉をアレンジしていきます。
すり鉢にパン粉を入れ、よくすり潰します。

04
風味を良くする為に、パルメザンチーズとオレガノを加えます。

05
これで出来上がり。
パン粉をとにかくすって細かくするのがポイントです。

ライマーのパン粉はそのままでも良し、お好みでパルメザンチーズとオレガノを加えても勿論良しです。

06
次に、肉の下ごしらえに進みます。

シュニッツェル作りで2番目に大切なのが、この行程。
お肉をよく叩いて平べったくすることで、出来上がりが柔らかくなります。

07
肉を叩く時は、肉に穴が開かないように気をつけながら叩いていきます。

08
裏側も同じように叩いていきます。

002
肉たたき器がない場合は、空き瓶や麺棒で代用ができます。
肉の上にラップを広げ、肉たたき器と同じく力を加減して叩いて下さい。

001
叩いて叩いて、しばらくすると元の2倍ほどの大きさになります。
写真の左が叩き終わった肉、右が叩く前の肉です。

003
叩き終えた肉は、塩をふって下味をつけます。
シュニッツェルはシンプルな味付けなので、ここでつける塩は多めに。

005
胡椒もふりかけます。

ここからは、トンカツを作る時と同じ要領。

006
塩こしょうした肉に、小麦粉をまぶしつけます。

008
全体に均一になるように、手で馴染ませたり、ビニール袋に入れて振るなどします。

009
小麦粉をつけ終わったら、卵液に浸します。

010
卵液のつけ損ねがないように、両面よく浸します。

そして次はパン粉付け。
ライマーのパン粉と日本のパン粉のアレンジでは、パン粉を付けた時に何か違いは出るのでしょうか?
揚げ上がりの見た目や味にも、一体どんな違いが出るのか気になるところ。

次回、「おかわりをねだる心境」の巻に続きます。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□