第9弾 呪文料理再来!ポッロ・アル・ヴィーノ・ロッソ 後編

前編の「ご機嫌な千秋様」の巻をお読みでない方は、まずはコチラから!

~鶏肉と赤ワインの相性 の巻~

前編では鶏肉の下ごしらえとマッシュポテトを作りました。
一晩じっくりワインに漬けた鶏肉がどうなったかというと‥

002
ワインが濁り、鶏肉はワイン色に染まっています。

003
開けてみると、にんにくや香草の香りが立ちこめます。
美味しいエキスが滲みでてそうです。

004
ボウルとザルを用意して、具と汁を分けます。
このワインの汁は使うので、うっかり捨てないように注意です。

015
ローズマリーとローリエは取り除きます。

009
鍋にワインの汁を入れて、半分以下の量になるまで煮詰めます。
箸などを刺して、ワインの量を確認しておくと楽です。

014
時折あくを取り除きます。

022
ふきこぼれに注意して、じっくり煮詰めます。
色に深みが増して、半量以下になったらOK。

火からおろして、粗熱をとっておきます。

018
鶏肉と野菜は取り分けておきます。
特に鶏肉は、表面の水気をキッチンペーパーで拭きとっておきます。

026
鶏肉は表面に小麦粉をまぶします。
反対側もしっかりつけます。

030
フライパンにオリーブオイルを注ぎ、にんにくを入れてから火にかけます。

032
にんにくの香りが立ったら、フライパンに鶏肉を乗せます。
鶏肉は、先に皮の方を下にして焼きます。

033
にんにくは外側にこんがり焼き色がついたら、焦げる前に取り出しておきます。

034
鶏肉は時折フライパンをゆすり、表面をこんがり焼きます。

038
ひっくり返して反対側もこんがり焼きます。

040
焼き色をつけたら、一度お皿に移しておきます。

041
鶏肉を焼いたフライパンにバターを加え、全体に広げます。

043
野菜を入れ、玉ねぎがしんなりするまで炒めます。

045
マッシュルームは石づきを取り除き、縦に4~5等分に切ります。

047
マッシュルームとベーコンを加えて炒めます。

049
すべての具材に火が通ったら、丈のある鍋に移し入れます。

050
取り分けておいた鶏肉とにんにくも加え、水を注いで火にかけます。

056
沸騰したら、ブイヨンを加え‥

059
ブーケガルニと‥

061
蜂蜜を加えます。

067
ここで煮詰めたワインを注ぎ、煮汁の量が半量ほどになるまで、蓋をしない状態のままゆっくりと煮詰めます。

あとは煮汁が丁度良い具合になったら出来上がり。
お肉が煮崩れしそうな場合は、煮こむ時に一度取り出します。

081
あとはお皿によそうだけ!
マッシュポテトは花の形に盛りつけ、上に茹でたにんじんを飾り付けます。

090
出来上がり!

089
赤に染まった鶏肉が何とも上品な、ポッロ・アル・ヴィーノ・ロッソ。

092
ナイフとフォークで切り分けようとすると、お肉の柔らかさにびっくりします。

ひと口食べてみると、ふわっと広がるワインの香り。
さすが一晩漬け込んでおいただけあって、ワインの味がぎゅっと濃縮されています。

鶏肉はパサパサではなく、ふっくらと崩れていく絶妙な柔らかさ。
ワインに染まった外観は、一体どんな味がするのか‥と、ある種のとっつきにくさを感じますが、そんなことはありません。

鶏肉の風味豊かで、沢山の野菜から出た旨みたっぷりの優しい家庭料理の味がします。
淡白になりがちな鳥料理ですが、ワインのお陰で味に深みが増し食べでがあります。

今回は鶏肉の赤く染まった色を生かしたくて、ソースはあまりに煮詰めずに仕上げました。
もっとじっくり煮詰めて濃厚なソースにするのもオススメです。

恋人と食べる時は、ワインの香りをふんだんに残して大人の味わいに。
お子様と食べる時は、煮詰めて濃厚なソースにするとクセがなく食べやすい味わいになります。

千秋先輩はのだめに対して「自分の巣へ帰れ!」と言っていますが、実際は料理を二人分用意してあることから、二人で食事しようとしていたのが伺えます。

あまり失敗もなく時間さえあれば気楽に作れる煮込み料理ですが、手間もかかりますし、やっぱりご馳走に違いありません。
素直じゃないけど、のだめと二人で喜びを分かち合いたい‥そんな千秋先輩のいじらしさを感じさせる一品なのでした。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

4 Replies to “第9弾 呪文料理再来!ポッロ・アル・ヴィーノ・ロッソ 後編”

  1. これ気になってたんです。凄く美味しそう!
    作り方がブフ・ブルギニョンと似てるんですね。煮込み時間は、2~3時間くらいですか?

  2. トリックオアトリートです!ビストロアニメシ様!(笑)
    のだめカンタービレのアニメシは
    いつも凝っていて見ていて楽しいです!

  3. にゃー様
    そうなんです。ブフ・ブルギニョンとは、トマト缶を入れるか入れないか、肉の種類が鶏か牛かなだけの違いです。
    煮込み時間は30〜40分ほどですが、水の量や火加減によって調節して下さい。
    コクのあるブラウンソースにする場合は、2〜3時間です。その場合、肉は一度取り出して置いて下さい。
    今回のレシピではトマト缶を入れていませんが、お好みでトマト缶やケチャップをちょっと足しても美味しいです。

  4. グラつき様
    ハッピーハロウィンです、グラつき様(∩´∀`)∩
    お楽しみ頂けて何よりです。
    のだめシリーズは、まだまだ作っていない料理があるので今後もお楽しみ下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です