美心のスイート・ランチバスケット 前編

~カイジのハートを突き刺す女子力!? の巻~

野望に好奇心、食欲満点のビストロ・アニメシ。
2013年最初のアニメシは、そんな我々を表すかのごとく「煩悩」たっぷりのギャンブルをテーマとした逆境無頼カイジから!

カイジの中に登場する数少ない女性キャラクター、美心。
今回は、カイジに恋心を抱く彼女の、可愛らしく‥それでいて常識を超えた圧倒的女子力ランチを再現します。

原作では、二人が公園でデートするシーンで登場するお弁当。
アニメでもストーリーはそのまま、エンディングで登場します。

カイジとのデートでニコニコの美心は、カイジに「あーん、あーん」と手作りのサンドイッチを食べさせたり、膝枕をねだったり‥と、とにかく積極的。

是非とも見習いたい、彼女の恋愛への貪欲さ。
彼女のお弁当がどんなものなのか気になるのは、至極当然の事。

残念なことに原作では詳しい献立が分からないのですが、アニメではとても分かりやすく描かれています。

ガーリーなランチバスケットに詰められているのは、タマゴサンドイッチにパイナップルまるごと‥そしてバナナ2本と、可愛らしくトッピングされたくまさんの何か。

一体そのくまさんは何?そしてパイナップルはどうやって食べるの!?
ミステリアスな美心の気持ちを解明すべく、いざ調理スタートです!

まずは可愛いくまさんを作ります。

【用意するもの】
001
じゃがいも、チーズ、のり、牛ひき肉、玉ねぎ、乾燥パスタ

013
醤油、砂糖

048
小麦粉、パン粉、卵

003
玉ねぎはみじん切りにします。

008
フライパンに油を敷き、玉ねぎが透き通ってキツネ色になるまで炒めます。

010
玉ねぎが透き通ったら、牛ひき肉を加えます。

015
火が通って肉の色が変わったら、醤油と砂糖を加えます。

018
全体にまんべんなく醤油と砂糖を馴染ませ、汁気がなくなったら火を止めます。

023
お皿に移して、粗熱を取ります。

025
具の熱を冷ましている間に、じゃがいもを洗います。

027
じゃがいもの表面に、✕を描くように切り込みを入れます。
反対側にも同じように切り込みを入れます。

028
切り込みを入れたら、じゃがいもをラップで包みます。
そして、ラップでそのまま7~8分ほどチン。

029
チンしたじゃがいもは、火傷に注意してラップをはがします。

030
じゃがいもの皮は簡単に剥けます。

032
皮を剥いたじゃがいもをボウルに入れ、木べらなどで押しつぶします。

035
じゃがいもがまんべんなく潰れたら、粗熱をとった具を加えて混ぜます。

038
具が全体によく混ざったら、いよいよ成形。
事前に木べらで等分の切り込みを入れると、大きさにばらつきが出ません。

039
手のひらにコロッケひとつ分の量を取り、丸めていきます。

041
楕円をベースに、くまの顔をイメージして捏ねます。
あとは、小さい丸を二つ作れば‥

042
くまさんの登場です。

046
いっぱい出来ました。

049
あとは、小麦粉をはたいて‥

051
溶き卵にくぐらせます。
揚げたてをサクサクにするには、少量のお酒を加えます。

052
溶き卵にくぐらせたら、パン粉をまぶします。

057
油で両面、こんがり揚げます。

061
耳は火が通りやすいので、丁度良い色になったらすぐ取り出します。

062
顔もこんがり揚げます。

065
バットに上げて、余分な油を落とします。

069
コロッケをすべて揚げ終えたら、火を止める前に乾燥パスタを用意します。

070
油に入れると、すぐに麺から気泡が出ます。
泡が落ち着いたら加熱完了。焦げてしまうのですばやく取り出します。

074
適当な長さに折って、耳と顔の接合に使います。

076
あとはチーズと海苔を、キッチンハサミでチョキチョキ‥

080
おめめに耳、口を作ります。
海苔はそのままつけると不安定なので、箸の先にソースをつけて海苔の両面に塗ります。

081
可愛いくまさん、出来上がり!

今回はシンプルなコロッケにしましたが、中身はお好みで変えて下さい。

ミックスベジタブルを入れて、ひと口かじるとカラフル!にしても楽しいです。
くまさんにソースをかけないで食べるなら、カレー粉で味を整えてカレー味にしても。

大満足のくまさんが出来上がったからには、他も成功させたい!
ランチバスケットは無事完成するのか!?

次回、「二人でコレ‥食べきれるの!?」の巻に続きます。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

“美心のスイート・ランチバスケット 前編” への2件の返信

  1. すもも様
    後篇の記事が公開されてから、前篇の記事を編集してリンク付けるんですっ!
    って、書こうとしたら、シータのビーフ&エールシチュー前篇もリンクできてませんでした・・。
    うっかりです(・ω<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です