美心のスイート・ランチバスケット 後編

前篇の「カイジのハートを突き刺す女子力!?」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

~二人でコレ‥食べきれるの!? の巻~

コロッケでくまさんが出来上がったので、次のおかずに進みます。
作成するのは、くまさんの周りにコロコロと詰めてあるパステルカラーの何か。

ぱっと見、ヨーロッパの砂糖菓子「ドラジェ」に見えます。

サンドイッチのおかずに、ドラジェ‥?
なかなかない組み合わせですが、パイナップルまるごとを入れる美心です。
何でもありなのかもしれません。

ドラジェは結婚式の祝い菓子として有名なので、もしかして「カイジさんといつか‥」なんていう美心の願いが込められているの‥かも!?

ドラジェは手作りできますが、あのつるんとした質感は手作りでは出せません。
残念ながら市販のドラジェが手に入らなかったので、今回は「ドラジェの様なもの」を作ることに。

【用意するもの】
001
ホワイトチョコレート、アーモンドチョコレート、着色料赤・青、粉砂糖

003
ホワイトチョコレート半量を湯煎で溶かします。

006
着色料の青を加えて、程よい水色に仕上げます。

007
爪楊枝で、アーモンドチョコレートがぐらつかないようにぎゅっと刺します。

011
あとは、ホワイトチョコレートにアーモンドチョコレートをとぷっと浸します。

013
あとはゆっくりと回転させて、全体にホワイトチョコレートを行き届かせます。

012
ホワイトチョコレートが垂れなくなったらOK。

016
コーティングしたチョコレートは、爪楊枝が突き刺せる何かに刺して立てておきます。
今回はバナナがあったので、バナナを使いました。

018
冬は室温でも固まりますが、より早く固める為に冷蔵庫へ。
表面に艶がなくなれば固まっている証拠です。

019
あとは、残りのホワイトチョコレートも同じ容量で溶かして赤の着色料を加えます。

022
同じようにして、ピンクのドラジェもどきも作ります。

027
最後に、コーティングが乾いたら粉砂糖を表面にまぶします。

031
爪楊枝をはずしたら、出来上がり。

あとはサンドイッチを作るだけ!

【用意するもの】
033
卵、レタス、食パン、ピクルス、トマト

050
マヨネーズ、マスタード

058
バター

034
まずは茹でたまごを作ります。
鍋に水を入れ、卵を入れて火にかけ沸騰を待ちます。

卵は茹でる時に少量のお酢を入れると、白身がはみ出ません。

036
沸騰を待っている間に、食パンの耳を切り取ります。

040
四方を切り落としたらOK。

056
トマトは輪切りにしておきます。

057
ピクルスも輪切りに。
ピクルスが小さい場合は、斜め切りにしたりと大きさを調整します。

038
ゆで卵はお好みの湯で時間で作って下さい。

サンドイッチを食べるまでしばらく時間がある場合は、沸騰してから8~9分で半熟の茹で具合にするとパサつきません。

041
茹で終えたたまごは、水でよく冷やします。

044
殻をむいて、フォークで茹でたまごを潰します。

047
フォークに粒が引っかからなくなったら、潰し終わり。

052
マヨネーズとマスタードを加えて混ぜます。

055
あとは、塩こしょうで味を整えれば完成。
お好みでパセリなどを加えても。

062
パンの内側にバターを塗ります。

063
ピクルスを乗せて‥

066
トマトも乗せます。

067
たまごも乗せて‥

068
レタスを乗せたら、食パンでサンド!

美心のサンドイッチは、正方形なのが特徴。
食べごたえ満点のサンドイッチの出来上がりです!

076
あとは、ランチバスケットの準備!
サンドイッチはラップで包みます。

078
バスケットにセットして‥

079
パイナップルもイン。

088
コロッケのくまさんや、ドラジェもどきも詰めていきます。

せっかくなので、外にお散歩。

逆境無類カイジ 美心のサンドイッチ たまごサンドイッチの作り方 ビストロ・アニメシ
外は雪でしたが、なんとか雪に埋まっていない場所を発見!

逆境無類カイジ 美心のサンドイッチ たまごサンドイッチの作り方 ビストロ・アニメシ
遂にッ‥!出来上がり!

きれいにまとまるか心配でしたが、良い具合に収まりました。

星形の黄色い物体は、デコレーション用のチョコレートを使用しました。
トッピングをしてから気づいたけれど、もしかしてチーズだったかも知れません。

DSC02916
気になるサンドイッチのお味は‥美味しい!

通常、たまごサンドイッチは時間が経つにつれモソモソとしてしまいがち。
その点、美心のたまごサンドイッチはミニトマトが入っているのでジューシー!
ピクルスの食感がまた小気味良いです。

美心のサンドイッチを見ると、中に入れているは通常サイズのトマトではなく、ミニトマトのようでした。
何故ミニトマトなのか‥分からずに再現してみましたが、食べてみて納得。
ミニトマトだと食べやすい上に、汁気が出すぎず丁度良いのです。

まるごと入ったパイナップルやトマトなどは、もしかしたらその場でカットサービスする為?
カイジが「俺が切ってやるよ」と言うのを期待したのか、健気なのかは定かではありませんが‥

兎にも角にも奥深い!美心のランチバスケットなのでした。
サンドイッチだけでもなかなかの食べごたえ。

原作で帰宅時に、カイジが「今は何の欲もない‥眠りたい‥」と言ったのは、美心のラブアタックでお腹も心もいっぱいだったからかも知れません。

組み合わせとして悪そうなドラジェもどきが丁度良い箸休めになったのが意外な結果でした。

【お知らせ】
ビストロ・アニメシがアプリになりました!
ZAPPALLAS様のClip dishのラインナップの一つとして公開となりました。

レシピアプリは無料で公開されていますが、追加レシピパックは有料で公開されます。
お気に召したら是非ご購入を!

まずは無料アプリでお楽しみ下さい。

iOS

android

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です