チョコビ購入

001
クレヨンしんちゃんに登場するお菓子と言ったらコレ。

しんちゃんが事あるごとにねだり、頬張り、口止め料として登場するチョコビ。
コアラのマーチを彷彿させる外箱に、ボリボリという音が印象的だったのを覚えています。

漫画の中には、プレーンなチョコビの他にも、「ロイヤルチョコビ」などの高級版、デラックス版が登場して、その度にどんな味なのか気になった覚えがあります。

漫画の初期とアニメでは、大人向けと子供向けという対象の違いがあり、子供だった私には衝撃がありました。
ちょっと大人な漫画も、ただただお馬鹿でお下品なアニメもどちらも好きで、でも、両方とも「下品なものだから観ちゃダメ」と言われていた時代。
たまーに親がいない時や機嫌の良い時に観たり、お小遣いで漫画を買った思い出があります。

観るテレビ、寝る時間、すべてを守られていたもどかしい子供の世界。
自分で選択して生きていく今の生活も好きですが、「大人になったら色んなことを好き放題しよう!」と考えるだけでワクワクした子供時代も、それはそれで楽しかったと思います。

そんな子供だった私も大人となり、クレヨンしんちゃんの放映時間になかなか家にいるのが難しくなったのですが‥

それでも、たまに映画のレンタルをしたり、漫画喫茶で読んだりしていました。
距離は遠くなれども、興味がなくなったわけではない、そんな感じ。

2006年から販売されていた、このチョコビ。
ずっと気になっていたのですが、大の大人がチョコビを喜び勇んで買うのもなぁ‥と照れが生じてしまっていました。

期間限定でもないし、またの機会に‥といつも先延ばしにして、気づけば数年。
買い物していた時にふと目に入って、「ビストロ・アニメシのネタにもなるし!」と、ようやく買ってみました。

002
中を開けると、内袋が入ってます。

004
内袋の他に、なんとシールが!やったね!

005
星形のチョコビ。

食べると、ボリボリ‥というよりは、サクサク、かな?
甘いチョコレートの香りが舌にじゅわっと広がります。
私の場合、それは長いこと勝手に思い描いていた「チョコビ像」があるので、それとはちょっと違う味でした。
ですが、お菓子として完成度が高くて、期間限定ではなくレギュラー商品なのは納得。
こういったチョコレート菓子自体が相当久しぶりなので、なんだか懐かしくて面白かったです。

きっと子供の頃には食べきれただろうに、ちょっと疲れた大人の胃袋にはオイリーに感じました。
お皿によそって、少量を美味しく頂きました。

シールはそのまま捨てるのは忍びなかったので、調味料入れに貼ってみて遊びました。
子供の頃は、こういったオマケ入りのお菓子の「オマケ」こそが楽しみだったものです。

ちょっぴりのお菓子に、アクセサリーのおまけが入った商品が大好きでした。
中に入っているアクセサリーが、裏の一覧の中のどれなのかが分からなくて、「これかな?いや、こっちの箱?」という風に勘で必死に吟味したり‥。

チョコビを購入する時にそれらも棚に並んでいたのが、なんとなく嬉しかった今日このごろです。

サンズ・オブ・サタンの隠語パスタ 後篇

前篇の「絶対何かが入ってる」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜悪魔のバター、ブチブチ込め の巻〜

041
隠しソースが出来上がったものの、今ひとつ、おどろおどろしさが足りない。

001
ということで、食感のアクセントに森のバター、アボカドを使っていきます!

【用意するもの】
003
隠しソース、アボカド、パスタ、バター、ベーコン、ほうれん草

004
ほうれん草は下茹でします。

007
ほうれん草を茹でたお湯で、パスタを茹で始めます。

006
下湯でしたほうれん草は、流水で冷やします。

010
水気を切ってから、包丁で細かく刻みます。

012
フライパンにバターを熱し、短冊切りしたベーコンを炒めます。

015
アボカドも加えます。

016
ほうれん草も加え、アボカドを木べらで潰しながら炒めます。

018
アボカドは完熟しているものを使うのがポイント。
すぐにとろとろのペースト状になります。

019
そろそろ仕上げ。
隠しソースを加えてひと煮立ち。塩コショウで味を整えます。

022
茹で上がったパスタを加え、ソースにからめたら‥

024
出来上がり!

バジルやイカ墨の影響か、オーソドックスなほうれん草のクリームパスタよりも暗めの色になりました。
香りは魚介系のパスタとバジリコを足して割ったような感じです。悪くはなさそう。

029
では、暖かいうちに頂きます。

意外や意外‥美味しい!
イカ墨を入れたことで生臭さが出ないか心配でしたが、出来立ては問題なしです。
ほうれん草とベーコンの香りが一番にきて、そこにバジルの爽やかさが追いかけてきます。

ほうれん草とベーコンのクリームパスタ、として提供されると、「ん?魚介のような香り‥?いや、バジル?」と翻弄されそうです。
一体なにが入っているか分からない、ということが今回の目標の1つだったので、計画通り!

ソースにアボカドを入れたことで、クリーミィでコクのある仕上がりになりました。
香りが賑やかなので、具はシンプルでも満足感の高いパスタです。

アボカドを加えたことは正解でしたが、見た目にもう少し「ドロドロ」としたクリーム感が欲しい所。
カロリーも考えて控えめの分量にしましたが、もう少し入れたほうが良かったかな?と反省です。

コウモリの血や虎の脳みそは準備が出来ないな‥と少し怯んでしまって、まだまだクラウザーさんに献上するにはパンチの弱い具材での勝負となりました。

でも、きっと根岸青年は「これ、一体何が入ってるの!?」とハラハラしてくれるはずです!

美味しさの前に、食べる人を“翻弄する”というポイントを発見出来た一品なのでした。

サンズ・オブ・サタンの隠語パスタ 前篇

〜絶対何かが入ってる の巻〜

今回作成するのは、デトロイト・メタル・シティに登場するほうれん草とベーコンのクリームパスタ。
パスタメニューとしてはごく普通ですが、クラウザーさんが食べるパスタが普通な訳がないじゃない!

デトロイト・メタル・シティは、音楽の理想と現実のギャップに苦しむ根岸青年の苦悩を描いやギャグ漫画。

マッシュルームカットにフランス映画、ポップなオシャレが大好きな根岸青年。
ポップミュージシャンを夢見て、「朝目が覚めると君がいて、チーズタルトを焼いてたさ♪」なんていうあま~い歌詞の曲をクネクネしながら歌います。

しかし、歌い方にクセがあるのか、ノリが執拗すぎるのか‥
彼の音楽性は世間に認められず、路上で歌っても「何アレ」「キモい」など、風当たりが強いです。
それだけならば特に変哲もない若者なのですが、彼は驚きの一面を持つのです。

ポップミュージシャンを希望してレコード会社と契約を結んでいる彼。
順調かと思いきや‥
ステージに立つ根岸青年は、白塗りの自称悪魔の「ヨハネ・クラウザーⅡ世」に豹変。
あろうことか、ポップとは真逆のデスメタルのバンドを組まされるのです。

「デスメタルなんて嫌いだ、僕のやりたいのはポップなんだ」とウジウジする根岸青年ですが、嫌々ながらもステージに立ち、驚きの才能を発揮。ステージの彼は、まさしく別人です。

ポップとデスメタル、オシャレと下品‥
ありえないギャップで、素晴らしきくだらない人生に、笑いが耐えない作品です。

そんな中から今回作るのは、根岸青年もといクラウザーさんが、ブラックメタル界の帝王「ジャック・イル・ダーク」の娘ケニーに案内されたバー、「サンズ・オブ・サタン」での一品。

ケニーは日本に留学経験があり、当時よく通っていたお店ということ。
店前でカップルが過度にいちゃついていたり、店内では麻薬中毒らしき人が「売ってくれぇ〜」とすがっていたり、とっても退廃的でアブノーマルなお店です。

注文を促されたクラウザーさん、イメージ商売ですので「ではコウモリと豚の血のカクテルをくれ」と言います。
てっきりないと思って、なかったら怒って帰れる!と思ったものの、マスターは戸惑うこともなく「かしこまりました」と言うではありませんか。

慌てて、「あ、やはりそれはやめて虎の脳みその煮込みをくれ」と無理難題をつけるクラウザーさんですが、それも出来ちゃう様子。

もうダメだと悟ったクラウザーさん。
「ほうれん草とベーコンのクリームパスタ」と「カルアミルク」に落ち着きました。

ケニーとディープな話をしているうちに、「うう、嫌な話聞いたせいでこの緑のクリームが気持ち悪いよ‥」とパスタをチュルルと食べていますが‥

緑のクリームが気持ち悪いのは、果たして話のせいだけでしょうか?

コウモリと豚の血のカクテルに、虎の脳みその煮込みを提供しているお店です。
そこに、ごく普通のほうれん草とベーコンのクリームパスタ‥?

むしろ、この中のメニューのチョイスとして一番「ヤバイ」のは、一見ノーマルなほうれん草とベーコンのクリームパスタではないのかと、疑問を抱いたのです。

普通のメニュー名は実は隠語で、中にはヤバイものが入っているのでは‥
なんて想像をしてしまったら、もう作るしかない!!

ということで、調理スタートです。
まずはクリームに入れる隠し味を作成します!

【用意するもの】
013
スルメイカ、ルッコラ、バジル、にんにく、白ワイン

008
不気味な色合いにする為、スルメイカの墨を使用します。

010
味にアクセントをつける為に、ぬたも入れます。

014
白ワインを注ぎます。

018
墨袋とぬたを破って白ワインに溶かします。

019
仕上げに網で空になった袋を漉します。

022
ルッコラとバジルは、ざくざく刻みます。

025
根気よく、縦から、横から、斜めから。ざくざく刻みます。

028
細かく刻んで、葉の水分で表面がしっとりしたらOK。

029
フライパンにオリーブオイルとにんにくを熱し、刻んだ葉物を加えていきます。

030
全体に油がまんべんなく混ざるよう、混ぜます。

032
水分が足りないので、お水を少々加えてひと煮立ち。

034
沸騰したら、イカ墨を溶かした白ワインを加えます。

037
悪魔的な見た目になって参りました。
葉類を柔らかくする為、5分ほど煮込みます。

041
5分経過。
なかなか、葉類がでろでろになってデスメタルのイメージにぴったりになってきました。

あとはこれを隠れベースに、ほうれん草とベーコンのクリームパスタを作っていく!
予定だったのですが‥

これだけでは、何だか物足りない。
もっと、「なんだコレ??」という困惑を誘うあともう少しの何かが欲しい!

どうする?そうだ、あれを入れよう!!
ということで、次回「悪魔のバター、ブチブチ込め」の巻に続きます。

紅茶に溶けて‥

027
前回当ビストロでは、不思議の国のアリスに登場するパン・バターフライを作成しました。

頭(目の部分)が角砂糖で出来たチョウチョは、紅茶を餌とします。
紅茶を飲まないと飢え死にしてしまうけれども、紅茶を飲むと角砂糖が溶けて死んでしまう‥そんな悲しい生き物。

出来上がった後、パンとバタークリームで作った羽は美味しく頂きました。
でも、頭の角砂糖は、ブルーに染めてデコレートチョコペンを塗っただけのもの。
そのまま食べるのは微妙だな‥と残していました。

そんな時、ふと「原作の通り、紅茶に入れたらオシャレかも?」という案を思いつきました。
深く考えずに、ブルーの角砂糖をチョコレートごと紅茶にポチャン‥

033
あら不思議、濁った深緑色の液体に早変わり‥

角砂糖にちょっぴりついていたバタークリームが災いして、表面には油が浮いています。
ブルーの角砂糖は、食用の着色料なので、口にいれても何ら問題はないはずなのですが‥
食欲がさあっと引いてしまう見た目。

恐る恐る匂いをかいで飲んでみると、視覚効果でしょうか?
ピンとこないけれど、緑茶を飲んでいるような気分になりました。

せっかくのブルーを活かすべく、今度はシャンパンやソーダに入れて楽しもうと反省しました。
ブルーの角砂糖を使ったカフェ・ロワイヤルも良さそう。

ディズニーの完成度の高い演出にはほど遠い、ポンコツなビストロ・アニメシなのでした。

不思議のパン・バターフライ 後篇

前篇の「駄洒落だらけな不思議の国」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜ディズニーのディティールにこだわる の巻〜

030
今回のマストアイテムはコレ。
パン生地の焼き型に、こだわります。

パン生地は、パン・バターフライの羽の部分。
一見すると山形パンのようですが、そこはさすがのディズニー。
実在する山形パンよりも、キュートでデフォルメがきいています。

一番ピッタリくる形はなんだろう?と考えた結果‥

トースト型 No.2377 ハートブレッド

このハートのパン型にたどり着きました!

027
通常のパン型よりも、ちょっと小ぶりです。

028
型に生地がくっついてしまわないように、サラダ油を内側に塗ります。

029
塗り終えたら型に生地を入れて、蓋をして焼きます。

いつもの食パンよりも小ぶりなので、分量は実験的。
生地がはみ出てしまわないか、足りなくないかドキドキです。

焼き上がりの時間が近づくにつれ、香ばしいパンの香りがしてきました。
蓋を開けてみると‥

001
ちょっと生地が少なかったようです。フランスパンの端みたい。
サラダ油を塗っていたので、するするっと出てきました。

005
カットしてみると、バッチリハート型です!

021
羽が安定するように、下を1cmほどカット。

022
羽にたっぷりのバタークリームを塗ります。
バタークリームは、千と千尋の神隠しに登場するバタークリームケーキのレシピです。

羽部分の準備が出来たら、チョウチョの目を作ります。
【用意するもの】
007
角砂糖、着色料の青、水、デコレートチョコペン

原作によると、このチョウチョは頭の部分が角砂糖で出来ています。
挿絵も頭がそのまま角砂糖になっています。

紅茶を主たる餌としているのですが、紅茶を飲もうとすると角砂糖の頭が溶けてしまう。
しかし、飲まないと飢え死にしてしまう。そんな悲しい生き物です。

ディズニーの不思議の国のアリスに登場するチョウチョは、角砂糖の頭ではなく、ブルーの瞳をしていますが、この原作の特徴を無くすのは何だか勿体無い。
ということで、角砂糖で目を作ります。

009
角砂糖1つと、着色料を水に溶かします。

011
角砂糖が溶けきったら、他の角砂糖を入れて青色に染めます。

事前に角砂糖を溶かすのは、水にそのまま角砂糖を入れると溶けてしまう為。
ブルーキュラソーなどのシロップがある場合は、そちらを使用したほうが良いです。

016
綺麗に染まりました。
角砂糖はしばらく置いて、乾かします。

018
乾いてきたら、包丁で角砂糖の角取りをします。

019
あとはデコレートチョコペンで黒目を入れると‥

020
角砂糖の目が出来上がり。

023
あとはお皿に、パンの切れ端を置き‥

024
羽をセット。
あとは目を乗せる所にバタークリームを塗り、角砂糖を乗せたら‥

030
出来上がり!

可愛らしい仕上がりになりました。まずまずの出来かな?
せっかくなので出来上がったパン・バターフライを食べると、ほんのり甘いパンにバタークリームが良く合います。

ただ、美味しいけれどちょっとシンプルすぎたかもしれません。
紅茶のお供として出すのなら、パンを焼いたりラスクにすると尚良かったかも。

こんなチョウチョが本当に空を舞っていたら‥
自由で突拍子もなく、でたらめで美しい発想。
改めて、不思議の国のアリスの世界観に驚いた一品でした。

ちなみに‥
ブルーに染めた角砂糖は、そのまま食べず、あるものに入れてみました。
すると、予期せぬ味と色に‥!!それは、次回のコラムで。

不思議のパン・バターフライ 前篇

〜駄洒落だらけな不思議の国 の巻〜

今回作成するのは、ウォルト・ディズニーの不思議の国のアリスに登場する、ちょっと変わったチョウチョ。

主人公のアリスは、2本足で歩くウサギを追いかけるうち、何もかもがデタラメで不思議な世界に迷い込みます。
なんでもない日を祝うのが当然だったり、ドアノブがお喋りなおじいさんだったり‥
出会うキャラクターは、どれも常識を覆すものばかり。

今回のチョウチョも、そんな不思議の国ならではの特徴を持っています。

体が小さくなる薬を飲んで、お花と同じサイズになったアリス。
ウサギを追いかけて見知らぬ土地を歩くなかで、羽がまるでバターを塗ったパンのようなチョウチョを見かけます。

「あら、不思議なチョウチョね」とアリスが呟くと、どこからともなく、「パンバターチョウチョよ」と教えてくれる声。

声の主はお花で、皆で合唱が始まっていく‥という流れ。

そんなメルヘンチックなシーンで、ひらひらと空を舞ったり、ちょうど一斤分のパンにまとまったり素敵な演出をしてくれるこのチョウチョ。

英語では「パンとバタフライ(bread-and-butterflies)」という名称です。
日本語に翻訳された状態だと気づかなかったのですが‥

「バター(butter)」に、「バタフライ(butterfly)」をかけて言葉遊びしていのです。
日本語では、さしずめ「パン・バターフライ」といったところ。要するに駄洒落です。

吹き替えでアニメを見ていた幼い頃には気付きませんでしたが、不思議の国のアリスには、この他にも駄洒落が沢山散りばめられています。

ルイス・キャロルの原作には更に多くの駄洒落があり、それまでの「児童書とは教訓を教える為にあるべき」という堅苦しさを打ち破ったという点も、名作と呼ばれる由縁のようです。

美味しそうな名前の意味も分かったところで、いざ!調理スタートです!

【用意するもの】
002
まずはパン作り。
バター、牛乳、強力粉、塩、ドライイースト、溶き卵、砂糖

006
ボウルに材料を全て入れます。

008
ベタつきがなくなるまで、よく捏ねます。

009
最初はベタついていますが、15分ほど捏ねると‥

010
表面がサラサラ、スベスベになります。

012
ボウルにラップを被せて、一次発酵。
生地が2倍ほどの大きさになるまで、室温で発酵を待ちます。

017
膨らんだら、フィンガーテストをします。
生地に指を差し込み、穴が戻らずにそのまま残れば一次発酵終了です。

019
一次発酵を終えた生地は、ガスを抜く為に手のひらで押し広げます。

020
ガス抜きを終えたら、再度丸め直します。

021
乾燥防止にぬれぶきんを被せて、ダウンタイム。
15分ほど生地を休ませます。

023
生地を麺棒で伸ばします。

024
三つ折にして、細長い棒状にします。

025
端も綺麗に焼けるように、下に折り込みます。

026
こんな形にします。

あとはこれを焼けば、パン部分は出来上がり‥ですが!

030
今回は、ただパンを焼くだけではありません。
パン・バターフライの形を再現するべく、この新アイテムを使用します。

一体どんなアイテムなのかは、次回「ディズニーのディティールにこだわる」の巻に続きます。

牡蠣食べ放題

行って参りました、伊勢志摩!

伊勢志摩といえば英虞湾。英虞湾といえば牡蠣!
「浦村かき」という牡蠣の養殖が有名な所へ突撃。

海のミルクと呼ばれる、牡蠣。
チュルッとした食感で、口にいれた途端に美味しい牡蠣。
美味しいだけじゃなく、鉄や亜鉛などの栄養も豊富で、疲れた体にピッタリ。それが牡蠣。

人生で一度は、お腹いっぱい牡蠣を食べてみたい。

というわけで、牡蠣好きの私はこの日ばかりは食事制限を休止!
焼き牡蠣の食べ放題があると聞いて、お腹をすかせて行って参りました。

002
すぐそこの養殖場で採れたての牡蠣。
店員さんが、40〜50杯くらいの牡蠣が入った網をぐいっと持ち上げて渡してくれます。
あとは、屋外のドラム缶のコンロで自分で好きなだけ焼いて食べるだけ!

お店によりけりですが、今回のお店は調味料や飲み物は持ち込み自由。
おかわりは自分で網に入った牡蠣を取って良しで、とても開放的でした。

常にあたりは煙でいっぱいなのが難点ですが、それに勝る牡蠣の魅力。
炙られて暫くすると、汁がクツクツ‥口がぱかっと開く瞬間は、心が踊ります。

003
お日様の下、焼きたての牡蠣に、キンッキンに冷えているビール。ありがてぇ!

004b
もう、本当にお花があたりを舞っていた気がします。
至福、至福、至福の時!
ウハウハ言いながら食べました。

食べ終えた殻は、テーブルの横に殻入れがあるのでそこにポイポイ入れていきます。
なにもつけなくても、海と牡蠣本来の味で十分美味しい。
新鮮だからか、臭みもまったくなく、とってもミルキーでした。

普段は鈍くさいのですが、こういう時は食いしん坊の本領発揮!
焼けた端から、ひょいと殻を開けて貝柱を切り、非常に手際良く食べました。

006
大変おいしゅうございました。

【今回の教訓】
1.牡蠣の食べ放題は煙で目が染みるので、次回はゴーグルを持って行くこと!
2.煙で服が燻されるので、コートは脱ぎ、ファブリースを持っていくこと。
3.調味料(最低でもレモンとポン酢)とドリンクを持って行って、120%牡蠣を楽しむこと。

向こう1年分の牡蠣を食べましたが、また行きたいです!
その時はこの教訓を活かしたいと思います。

そして牡蠣を食べた後は、寒さで顔をくしゃくしゃにしながら夫婦岩を見たり‥
冷えた体を赤福ぜんざいで温めたり、十分に英気を養って参りました。

今週から、また様々なアニメシを作っていこうと思います!お楽しみに!

取材旅行による休載について

今週は取材旅行に出かけます。
伊勢志摩で牡蠣を食べ、手こね寿司を頬張り、赤福ぜんざいで糖分摂取してまいります。
今週は警察対応など、少々疲れました。
次回気持ちも新たに再開したいと思いますので、今週はお休みさせて頂きます。

オーナー 土谷

節分の日

2月3日は節分の日。
ということで、その日は節分らしい献立を用意しました。

節分の献立
あさりのお吸い物に、2種類の味の恵方巻き、南瓜の煮物に豆菓子。

巻き物は、1つは甘じょっぱく味付けした肉そぼろと三つ葉。
もう1つは、卵やきゅうりが入ったオーソドックスな具にしました。

あさりのお吸い物も上手く出来て、満足。

食べ始める前に、豆をほんの少しつまんで「福は内〜」とやりました。
恵方巻きを食べる習慣はなかったのですが、街で販売される恵方巻きにずっと気になっていたので初参戦。

さすがに一本は食べきれませんでしたが、一本を両手で掴んでムグムグ食べるのは面白かったです。

何の味付けもしていない豆も、ポリポリして不思議と後を惹きました。
食後のコーヒーと相性が良かったのが、意外な発見でした。

そんな初恵方巻きでした。
来年は、細工巻きに挑戦したいものです。

偽装コメント返信などの迷惑行為について

いつもビストロ・アニメシをご利用頂きありがとうございます。

当サイトでは、各記事にコメント頂けるよう設定しております。
これは、リクエストや感想を頂き、より良い物を作れればと思い、皆様との交流できる場として考えておりました。
時折、迷惑広告のようなものや、当サイトの土谷を誹謗中傷するようなものもありましたが、一時的な物であったり、SPAMコメントフィルタで対応できるものであった為、問題視してはおりませんでした。

ただ、先日より当サイト代表土谷の私生活に関わるコメントや、「BistroAnimeshu」などと当サイトの返信名と見間違うような名前で勝手に皆様より頂いたコメントに返信される行為を受けました。
もし、私共が削除するより先に目にされた方がお見えになりましたら、気分を悪くされたかもしれません。申し訳ございませんでした。

この件につきましては、既に警察署に相談済みで、指示を仰いで対応しております。
皆様にはご心配をお掛け致しますが、今後共宜しくお願い申し上げます。

ビストロ・アニメシ
サイト管理責任者 前田