開さんの好物・蓮根の団子汁 後篇

前篇の「子供の頃から好きなもの」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜意外や意外、蓮根のチカラ の巻〜

015
蓮根と粉類を捏ねて、蓮根の団子を作っていきます。

016
茹でると少し膨らむので、食べやすい大きさをイメージして、ちょっと小ぶりに丸めます。
ベタつきはほぼなく紙粘土みたいで、扱いはとっても簡単。

020
こねこねこねこね‥全部捏ね終わりました。

017
お鍋にだし汁、

018
みりんを入れてひと煮立ち。

019
お醤油も加えます。

023
沸騰した鍋に、団子を入れて茹でます。

024
一度温度が下がるので、もう一度沸騰するのを待ちます。

025
底に団子がくっつかないように、時折団子をお玉でくるくると混ぜます。

026
沸騰から3分ほどしたら、蓮根のおろし汁を加えます。

027
たちまち蓮根の乳白色に変化!
ひと煮立ちさせたら、火からおろします。

035
お椀に注ぎ、かいわれ大根と刻んだ万能ネギを乗せれば‥

ビストロ・アニメシ 百鬼夜行抄の陰膳 漫画の料理 蓮根の団子汁の作り方 レンコンの団子汁のレシピ 
出来上がり。

044
ちょっとお味噌汁にも煮た、とろりとした汁物。

温かいうちに啜ると、硬めのお餅の様な食感と、独特のぬめりが、未知の食べ物。

少し蓮根が古いものだったようで、団子の中が薄灰色になってしまいました。
その点がマイナスですが、一口食べると癖になる風味です。

ほっこり、ほんのり甘くて、蓮根だけとは思えない味わい深さ。
団子はしっかりめの食感で、もちもちしていて、お米のすいとんより食べでがあります。
刻んだ蓮根を入れたので、シャクシャクする食感がまた良い。

見た目に派手さはありませんが、とても美味しいです!
体もとても温まります。

時間もそれほどかからないし、少ない材料で作れるのでこれはレギュラー化しそうな予感。

食べる前までは、子供の頃から好きというにはちょっと渋いなぁ‥?と思ったのですが、食べて納得!
少しずつ減る陰膳、きっと開さんの栄養になったことも間違いなしの一品なのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です