大豆たんぱくを食べてみよう

先日スーパーに買い出しに行くと、ふとこんなものが目に留まりました。

大豆たんぱく・中粒(三育) 90g

その名も、大豆たんぱく。
パッケージには唐揚げが印刷されていますが、中にはカサカサの謎の乾物が。

この物体の正体は、その名の通り「大豆たんぱく」。
大豆ミートなどとも呼ばれる、お肉ゼロのお肉風大豆食品なのです。

前々から気になっていたのですが、近場には売っておらず手を出せずじまいでした。
しかし、よく行くスーパーで新しく仕入れたようで、運命のようなものを感じてしまいました。

DSC_0551
ということで、早速購入!
まずは、大豆たんぱくのオーソドックスな調理法の「唐揚げ」に挑戦してみました。
ボウルに取り出したそれは、高野豆腐やきなこのような香り。

本当にお肉の変わりになるのかな‥?と、この段階では疑心暗鬼。

DSC_0552
パッケージの案内通り、お湯で戻します。
規定の時間、お湯に浸していると、徐々に膨らんできました。

香りは全く違いますが、見た目はちょっと鶏肉に近づいたような。

あとはこれをよく絞り、通常の唐揚げと同じ行程で調理するだけ。
下味が染みるのか心配だったりしたのですが、拍子抜けするくらい扱いは順調に進みました。

DSC_0554
そして揚げたての大豆たんぱくがこちら。
見た目は結構、鶏の唐揚げに見えます。面白い!

ブロックの大きさがちょっと小ぶりなので、お弁当に入れるミニ唐揚げみたいな感じ。
大豆たんぱくだと知っていても、その見た目に鶏の唐揚げと錯覚を起こします。

水分を吸いやすいので、普通の鶏の唐揚げよりも少し焦げやすいかもしれません。
見る見る間に焦げる、というほどではないので、次第に慣れてきました。

ちょっと焦げた醤油の香ばしい香りが、良い具合に食欲を刺激する!

そして肝心の味ですが‥
「ん!?これはお肉だと思って‥しまうかも??」というような感じ。

思ったよりも噛んだ時の、お肉の繊維質の感じ、弾力に近いです。
もっとモソモソとした食感なのかと思いきや、つるんっとしていて、ジューシー。

これはなかなか。
「鶏の唐揚げ」を食べたい時にこれが出てきても、美味しく頂けます。
はっきり言うと「鶏の唐揚げ」ではないのは分かります。
けれども、十分近いものに寄せているし、何より「美味しい」から「これも良いね!というか、これ、好きだな!」と肯定出来ます。

かじって断面を見ても、鶏肉に見えるっちゃ見えちゃうのも楽しいです。

食卓に並べれば会話も弾みますし、日持ちするのも嬉しい。
カロリーも低いので、これから色々試してみたくなっちゃいました。

ちなみに、この商品は唐揚げ向けにブロックタイプですが、このほかにもミンチタイプや細切りタイプなどがあります。

次は大豆たんぱくハンバーグ?それともチンジャオロース!?
慣れてきたら、全く新しいレシピも考案してみたいものです。

しばらくハマりそうな予感。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です