リトルワールドその③ ドイツ・イタリア、そしてアフリカ

リトルワールドに食い倒れ旅に行って参りました、その③。
今回がラストです。

前回は台湾ゾーンのコラムを公開しましたので、今回はドイツ・イタリア、そしてアフリカゾーンをご紹介します。

DSC01090
まずはドイツ!
建物が本格的なので、気分が高まります。

訪れた日はまだクリスマスマーケットやイベントは行われていなかったのですが、それでも屋台やレストラン、土産物が本格的なので十分楽しめました。

DSC01077
ドイツビールの味くらべ。
左から、イルルバッハー、ケストリッツァー、レーベンブロイ。

ケストリッツァーとレーベンブロイは以前飲んだことがあるのですが、久しぶり。
生のドイツビールが飲めるのはとても嬉しいです。

寒いのにビールなら飲んでしまう不思議。
初めてのイルルバッハーも、とても美味しく頂きました。

DSC00045
もちろん空酒はしません。
しっかりカレーソーセージとソーセージを購入。
こちらはレストランの目の前に並ぶ屋台で購入して、持ち込みができます。

はちきれそうに身がぷりぷりして、かじるとパリっと良い音が響きます。
カレーソーセージは第二次世界大戦後のドイツで普及した料理です。

料理といっても、ソーセージにカレーベースのソースをかけただけの簡単なものなのですが、これが美味しい。

以前にドイツ史を読んだ際、いつどこで発明されたかについては諸説あり、真相は謎と書かれておりとても気になっていました。

カレーのスパイシーさに、リンゴのようなフルーティな甘さが加えられているソース。
甘さが絶妙のバランスで作用していて、どうにか自分でこれを再現できないかと考えるほどに気に入りました。

そしてシュニッツェル(日本でいうカツレツに近いもの)も食べたのですが、美味しさのあまり写真を撮り忘れ‥

001
イタリアゾーンへ突入!
すかさずラムチョップのグリッリアータを購入です。

グリッリアータは、トスカーナ地方でよく食されているラムチョップのグリル。
屋台でイタリア人と思われるスタッフが、慣れた手つきでラムを焼き、ハーブや塩をふりかける。

焼きたてを手渡ししてくれます。

まさか羊も食べられるとは思いませんでした。
羊は独特の甘みと、強めの弾力が好き。小ぶりなのでペロリと頂きました。

002
しょっぱいものが続いたので、ちょっと甘いものを挟みます。
イタリアといえば、やっぱりジェラート!

代表的なピスタチオのジェラートにしました。
ピスタチオのナッツ独特のフレーバーと、食べた後に香るほのかな香ばしさ。
ジェラートの中ではさっぱりめの味だったので、食後には丁度良かったです。

DSC01117
そして歩くこと数分。
ここからヨーロッパを離れ、まったく違うカラーのアフリカへと向かいます。

実はアフリカは、今回のリトルワールド旅で一番のお目当てがあるゾーン。

DSC00047
狙いはそう、ワニ!

ワニの手の素揚げです。
限定10食なので、まだあるのか心配。ソワソワしながら注文に並びました。

DSC00051
この日はモノズキが少なかったようで、無事に注文できました。
揚げたてがテーブルに運ばれた途端、周りのお客さんの視線が集まります。

事前に写真は見ていたものの、本当にワニの手です。
逆に言うと、この皮がついた部分がカットされていると、チキンと見誤りそうです。
なので、私は割と抵抗はなく、早く食べたい気持ち。

DSC01132
結構大きいです。
ワニの手を持ちガブっといくと、チキンとは違う食感。

肉自体の味はどちらかというと淡白で、唐揚げの味付けで構成されているのでおかしなことにはなっていません。
チキンに近いのですが、脂が多い印象です。

あとは、結構な弾力があり、そこはラムに近い感じ。

DSC01137
物珍しかったので、ふむふむ頷きながら、研究するような気持ちで食べていたら、あっという間に間食。

ちなみに、つけあわせはポテトに見えて、別物です。
シャクシャクした食感が面白い食べ物でした。

いつかどこかでワニしか食べるものがない!という状況になっても問題なさそうです。

これにて、リトルワールドの巻は終了。
省略してしまった所も幾つかあるので、機会があればまた行きたいものです。

本当に食い倒れた一日でした‥。楽しかった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です