シャーリー与太話

ビストロ・アニメシ 前田未希 森薫 シャーリーの食べ物 ミセス・ピックが頼むジャムサンド

先日、シャーリーに登場するカフェ モナ・リザのジャムサンドを再現しました。

果汁の爽やかさが残る濃厚なブルーベリージャムに、ほのかに香るバターを塗って、カリッと焼いたパンでサンドする…
そりゃ、おいしくない訳がありません。

ミルクティー、ストレートティー、どちらとの相性も最高で、ついつい「もう1枚」と気軽に焼いては食べてしまうという食いしん坊なティータイムとなりました。

今回は、そんなジャムサンドが登場する回から、ちょっとした与太話。

再現をすると決めたものに関しては、そのストーリーに何かヒントがないか、1コマ1コマをよく見直します。

そして気になったのが、ミセス・ピックが紅茶をすするシーン。

彼女が手にしているのはカップと、ソーサー。

そこまでは普通ですが、なんと意外なことに彼女はソーサーからすすって飲んでいるではありませんか!

「どういうこと??」と思って調べると、その昔、ソーサーの本来の役割って、「熱い紅茶を冷まして適温で飲むためのもの」だったそう。

ただの受け皿ではなく、先人はソーサーで飲んでいたのですね。

本当に再現をしなければ気づかなかったかもしれない、ほんのさりげない1コマ。
いつも森薫先生の作品は背景やしきたり、食文化がとても忠実で圧倒されるのですが、今回も「さすが!」と思わされる一件でした。

せっかくの細やかな世界、これからも少しでも取りこぼさずに楽しみたいものです。

余談ですが、イギリスのサンドイッチといえば有名な「マーマイト」。
今回のジャムの候補にはあったのですが、さすがにジャムではないか、ということで候補から外れることとなりました。

でもいつか食べてみたい。

色々と刺激になった回でした。

ミセス・ピックの定番。モナ・リザのジャムサンド 後編

前篇の「20世紀初頭のサンドイッチを考える」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜サンドする中身が重要! の巻〜

032
イギリスパン作りもいよいよ佳境。

200度に予熱したオーブンで焼くこと30分。
焼き上がりが近づくにつれ、香ばしい小麦の香りがしてきました。

15分経過くらいからは時折焼き色を見て、焦げ付きそうな場合はアルミホイルを上にかぶせると安心です。

焼き上がったパンを、オーブンからそっと取り出すと‥

034
こんがり良い感じのきつね色!

型からスムーズに取り出すために、型ごと20cmほどの高さから落とします。

037
型から取り出して、粗熱をとります。

001
すぐに食べない場合は、熱冷ましをした後にラップで全体を包み、風通しの良い常温で保存します。

さて、パンの用意ができたのでお次はジャムの部分。

なんのジャムなのかは、作中では確認ができません。
ただ、チラッと映るサンドの中身は、色の濃いタイプ。少なくともマーマレードやリンゴではなさそうです。

イギリスで伝統的なジャムといえば、ベリー系。
そしてミセス・ピックの疲れて目がしょぼしょぼしている感じが印象的だったので、目に良いブルーベリーをチョイスしてみました。

【用意するもの】
005
ブルーベリー、クランベリー、グラニュー糖、レモン

ブルーベリーのジャムは、ブルーベリーと砂糖、レモンがあれば作れちゃいます。
下処理もなく、ブルーベリーは冷凍でもフレッシュでも良いのでとても簡単。

今回は味のアクセントにクランベリーも加えました。

009
鍋にブルーベリーとクランベリーを入れ、火にかけます。
フレッシュブルーベリーの場合は弱火、冷凍の場合は中火が目安です。

012
焦げ付かないようにじっくり混ぜます。

014
分量にもよりますが、10分ほど煮詰めると実から水分がでてとろっとします。

016
グラニュー糖、レモン、塩ひとつまみを入れて一煮立ち。

023
沸騰したら出来上がりです。
作りたてはサラッとしていますが、冷めると固まります。
糖度を高くしたい場合は、好みの甘さになるまで煮詰めてください。

022
保存する瓶は、煮沸消毒しておきましょう。

025
瓶に注いで、ブルーベリージャムの出来上がり!

026
さあ、材料は出揃いました!
イギリスパンは形が崩れないよう、横に倒して下の角から包丁をいれます。

027
薄くスライスするのがイギリス流。

030
トースターでカリッと焼きます。

032
バターを全体にまんべんなくぬり、

033
作りたてのジャムを塗ります。

036
全体にたっぷり!

038
もう1枚のパンでサンドして、包丁で斜めにカット。

ビストロ・アニメシ STUDIORACCONTO 前田未希 シャーリーのジャムサンド イギリスのサンドイッチ ブルーベリージャムの作り方 漫画の料理再現
たっぷりのミルクの紅茶とともに、いただきます!

051
パンは日本の食パンよりあっさりとした味で、ほんのりとした塩気が良い感じ。
そこに濃厚なバターとブルーベリージャムの味がたまりません!

ジャムは実自体が甘いものだったので、砂糖は少なめにしたのですが、十分な甘さ。
むしろ、砂糖が邪魔していないので果実の濃厚かつ爽やかな味が生かされていています。

ブルーベリーの香りの中に、ほのかにクランベリーが混じっているのがまたくどくなくて良いのかも。

薄くスライスしてトーストしたパンは、ザクッとした食感が心地よいです。
今までジャムサンドというとトーストせずに作っていたのですが、トーストしたパンのほうが断然美味しい!
癖になりそうです。

そしてまた、ミルクティーとの相性が良いったらありません。
とても良いティータイムとなりました。

ストレス解消には、おしゃべりと美味しいもの。
時間をかけてじっくりと愚痴をこぼし、美味しいものを口に運ぶ。

ミセス・ピックが教えてくれた、昔から変わらないストレス発散方法。
お店を出る頃にはリラックスしていること間違いない一品です!

しかし、これにプラスしてかぼちゃタルトとは…
ミセス・ピックは甘党?それとも、余裕で食べられちゃうものなのかな?

今度はかぼちゃタルトも合わせて作りたいものです。
ごちそうさまでした。

ミセス・ピックの定番。モナ・リザのジャムサンド 前編

〜20世紀初頭のサンドイッチを考える の巻〜

今回作成するのは、漫画「シャーリー」に登場するジャムサンド。

以前もシャーリーからはベネットの好物・鳩のパテを再現しましたが、この作品にはまだまだ魅力の食べ物が登場します。

森薫さんの作品は書き込みが本当に細やかで、人間の丸みのあるフォルムは触れると柔らかそう。
その瞳は、瞬きをしたまつげの音が聞こえそうなくらいの美しい世界観です。

決して写実性にこだわってはいないのに、見るものの五感に濃厚に印象を与えます。
時間の流れ、それとない空間の描写が抜群で、それでいて内容も面白いというのだから素晴らしいです。

それらは人物ややりとり以外にも言えることで、紅茶を淹れるシーンはお湯を注ぐ音、ティースプーンをカン、と鳴らす音、香りが立ってくるまで想像させるくらいです。

そんな作者さんの描く世界ですから、登場する食べ物が食べたくならないわけがないのです。

このジャムサンドには、幸か不幸か作るシーンはありません。
カフェ「モナ・リザ」の常連さん、ミセス・ピックが愚痴をこぼすシーンで、彼女が提供されたものとしてちらり、と出る程度です。

ミセス・ピックは3ヶ月に1度訪れるお客様。
決まってカボチャのパイとジャムサンドを注文し、たっぷりと時間をかけてお嫁さんやご近所、親戚の愚痴を並べる‥という一癖あるお方です。

性根は悪くないご婦人のようで、品はありますがストレス解消にきているので、話がとにかく長く、くどい。
そんな方がじっくりとおしゃべりのお供にする定番の味、気になりませんか?

ジャムサンド、というとひねりのないもののように感じますが、それは大間違い!
だって舞台はメイドが当たり前に存在していた、20世紀初頭の英国、エドワード朝時代なのですから。

電気や車が出始めた頃の、イギリスのカフェのジャムサンド!
これは是が非でも作って食べたい!

ということで、いざ調理スタートです。

【用意するもの】
002
強力粉、ドライイースト、砂糖、塩、スキムミルク、無縁バター、水
まずはイギリスパン作り!

作品の他の回でサンドイッチを作るシーンがあるのですが、そこを確認するとパンはイングリッシュマフィンではなく食パン寄りのもの。
イギリスのサンドイッチということなので、パンは少し小ぶりでふんわりとした山形のイギリスパンを作ることにしてみました。

003
ドライイーストは水と砂糖少量をいれて、予備発酵させておきます。

004
10分ほど経つと、イースト菌が発酵をしてぶくぶく泡が立ってきます。

007
イーストが泡立ったら、水ごとボウルにいれ、すべての材料を加えます。

008
生地がひとかたまりになるまでよく混ぜます。

010
ある程度まとまったら、生地を台に打ち付けます。

012
縦長になった生地を、

013
二つ折りします。

014
90度角度を変えて、また打ち付けて、二つ折りにして…と10分ほど繰り返します。

016
表面がすべらかになって、グルテンの膜が確認できたらOK!

019
サラダ油を薄く塗ったボウルに生地をいれ、乾燥防止のラップをして1次発酵させます。

021
2倍の大きさに膨らんだら発酵完了。
生地の湿度や環境にもより前後しますが、35〜40度の環境で40分が目安です。

022
生地を3等分にカットします。

023
生地を伸ばして、ガス抜きをします。

025
ガス抜きしたら、麺棒で正方形に伸ばします。

027
両端を内側に折り込み、

029
手前からクルクルっと巻きます。
巻き終わりの端は下にくるようにします。

ここで生地に濡れ布巾をかけて、10分ほどベンチタイム。

024
パン型の内側にサラダ油を塗り、

031
丸めた生地を、写真の向きにして、パン型にいれます。

そうして再び発酵。
2次発酵は、型から山がちょっと出るくらい膨らんだら、が目安。

032
なかなか、フカっとして良さそうな見た目になりました。

033
乾燥防止と艶出しのために、表面に軽く牛乳を塗ります。

さて!あとはこれを200度に温めたオーブンで焼くだけ。
無事に山が綺麗に盛り上がると良いのですが…

次回、「サンドする中身が重要!」の巻に続きます。

ブログをふりかえるの巻

今回は、2011年、ブログ開始したての頃のビストロ・アニメシ昔話です。

ライブドアブログには、ブログの管理画面に「HISTORY VIEW」というボタンがあるのですが、
それを押すと、今まで投稿した記事が年代順に写真つきでズラーッと整頓されたページを見ることができます。

21
こんな感じです。
「HISTORY VIEW」は、アルバムを見るかのような楽しみがあります。
せっかくなら、管理画面だけではなく読者の方も見ることができたら良いのですが…

それはさておき、時折思い出したように見ては楽しんでいるのですが、ふと「一番最初の年の6月(今頃)はどんな記事を書いていたかな?」と気になりました。

そして「HISTORY VIEW」を遡ること、2011年6月‥

114
私は真夜中にジャムおじさんになっていました。
出来上がったアンパンを持って、アンパンマンにもなりました。

なぜ真夜中にそんなことになっているのか?
話はもう少し遡ります。

totoro_01_04
2011年の春、大学を卒業した私。
火災報知器が鳴らないか怯えながら、1Kのアパート内で七輪焼きをしていました。

なにも、やみくもに迷惑行為をしようとしたわけではありません。

自分の「楽しい」と思うことを仕事にしたい。
そんな茫漠とした志を胸に、就職をせずに手探りの自営業を始めた結果の行動でした。

「自営業をする」なんてたいそうなことを言っても、決意表明をしただけの状態でした。
初期費用なんてあるわけもなく、技術もなければ具体的な収益見込みもない。
どんな仕事をするかも未定。

決まっているのは「楽しいことを仕事にする」という目標。
そして生まれたのが、このブログです。

この時は、「楽しいこと」のもう一つ上のステップの、「楽しいことでお金を得る」までは頭が回りませんでした。
持ち札がなにもない状態では、どうしようもない。
だから、焦る気持ちはありながらも、とにかくまずは「楽しいを形にする」ことに集中しました。

となりのトトロ サツキちゃんのお弁当 ビストロ・アニメシ
料理初心者の状態で作った初めての「アニメシ」は、七輪を使ったこれ。
となりのトトロに登場するサツキちゃんのお弁当です。

アルバイトをして、生活費とアニメシ活動代を得ていました。

「無理のない範囲で続けられるように」と設定した「週1レシピ公開」でしたが、知識不足やネタ不足で思ったよりギリギリで作って撮影して記事を書いて‥と、とてんやわんやの毎日。

niku_01_14
時には、マンモスの肉の「骨」から作る為に陶器ねんどを捏ねるところから始めたり。

変なところに好奇心を持ってしまうから、結果として記事の公開がギリギリになって、自分で自分の首を絞める羽目になるのですが‥

料理自体が新鮮で、発見だらけで、面白くてしょうがなかったです。

しかし、楽しいだけではありません。
新生活には、「期待」と同じくらい「不安」が付いて回るもの。

6月。就職した友人らと久しぶりに会った時、社会人として逞しく成長しつつある友人らが輝かしく、大人に見えました。
大学生の頃とは違って、少し体になじむようになったスーツ姿。
食事をするのも、学生の頃よりもちょっと落ち着いたお店で、ギリギリの生活の私はお金が足りるか心配しっぱなし。

決して遊んでいるわけではないけれど、はっきりと人と違う道を歩んだことを感じ、焦りのようなものを感じ始めました。

私はこのままで良いのか。
でも、他に何かするにしても方法がわからない。
それならば、続けるうちに目標を明確にしていくしかないはず。

あの日、些細すぎて今となっては思い出せませんが、アルバイト先で何か落ち込むことがありました。
クタクタになって帰宅して、一息ついたのは夜中。

将来のことも心配になってブルーな気分でしたが、記事公開の締め切りが迫っていました。

007
さて、と気持ちを切り替えて作り始めたのが、実寸アンパンマン。
あんこだけでも2kg。夜中に一体私、何やってるんだろう?と寂しい気持ちになりました。

057
暑い日でしたが、パン生地を滞りなく発酵させる為に、エアコンはつけないで汗だくになりながら生地をこねます。

065
テーブルいっぱいになるだけの生地をこねていくうちに、夜中というのもあって変なテンションに。

「何やってるんだろう、私…」という落ち込みが、同じセリフでも、笑えてきちゃったのです。

084
だって、夜中に自分の家のオーブンにアンパンマンがいるんです。
笑っちゃうでしょう。

087
焼いていくうちに膨らんで、鼻がてっぺんについてしまいそうでハラハラ。
この状況がもうおかしくって、シリアスな気分で不安がることがバカバカしくなっちゃいました。

117
クタクタになって、なんだか分からない将来を嘆くなんてどうでもよくなって。
明け方に出来上がったアンパンマンは、甘じょっぱくて、じんと身体中にエネルギーとしていきわたるような感覚でした。

色んなきっかけや偶然、出会いに恵まれて、当時は見えなかった今に至ります。

目標の一つだった本もだせて、次の野望へと気持ちは続きます。

しかし、最近では料理を作りすぎて、目がお腹いっぱいな気持ちになる日もしばしば。
あの頃の、ジャングルを切り開くような手探りの料理は忘れてしまっていたようです。

あの深夜のアンパンマンは、不安で泣く私のお腹も心も満たしてくれました。
泣いてる人を思わず笑わせるようなバカをやる。

これからもそうありたいと、一人反省会をしたのでした。