妙子さんのみかんババロア 後編

前篇の「昭和の懐かしのデザート」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜ツルツル‥じゃなくて、フワッフワ の巻〜

アングレーズソースが出来上がったら、いよいよタエ子さんが頑張っているホイップの泡立てシーン!

032
夏の暑い日。エアコンのない古いお家を想像しつつ、氷水に当てながら泡立てます。

ババロアというと、見た目がゼリーのようにツルツルとしていて、食感も水水しくプルンっとしたものを想像される方も多いのではないでしょうか。
でも、ホイップの泡立て具合によってはふわふわのシュワっとした口どけタイプになります。

どちらにするか迷ったのですが、作中でタエ子さんがかなり泡立てを頑張っているのです。
これは生クリームに空気を入れてふわふわにしたいんだな、というほどに。

懐かしい雰囲気の純喫茶などでもたまに見かける、ふわふわタイプのババロア。
今回はそっち路線で作ってみます。

036
混ぜて混ぜて、空気を含ませて、大体7分立てくらい。
もったりとして、垂らすと跡ができてすぐ、消える頃合いが目安です。

038
アングレーズソース、みかんと生クリームをよく混ぜます。

042
みかんのつぶつぶが見えて良い感じ。

043
余ったみかんをカップにセットして、

046
混ぜたものを注ぎます。

あとはこれを冷やし固めれば、出来上がり!

タエ子さんは最後の夜に皆に振舞うつもりだったのかな?
それとも、翌朝のデザートかな?妄想は膨らみます。

005
型にあらかじめ水を塗っておいてから、爪楊枝で空気を入れると綺麗に取り出せます。

作中にちょくちょく登場する、姪の中学生のナオ子ちゃんが笑いながらお手伝いしそうですね。

008
ちょっとムースにも近い、軽やかさ。スプーンがすっと入ります。

一口食べると、ひんやりとしていて夏にはもってこい。
バニラアイスのように柔らかで懐かしい香りが口の中でしゅわっと広がります。

缶詰のみかん、というのがまた良い感じにノスタルジックな気分にさせてくれます。
プチプチとした果肉の食感が口に爽やかさも与えてくれています。

ババロアなんてそんなに食べた覚えもないのに感じる、懐かしさ。不思議ですね。

011
断面をみるとわかるように、本当にアイスクリームみたいです。
でも、ふわふわで軽くって、アイスクリームとはまた違った口どけの良さ。

タエ子さんには複雑な気持ちを抱きながらの時間になってしまったかもしれないけれど、きっと皆で珍しがったり、おばあちゃんがゆっくり食べて褒めそやしたりしそうです。

ちょっと前の時代のおしゃれを感じるババロア。
いつか、トシオさんにも振舞ったりするのかな?と物語のその後をも想像して楽しくなる甘い一品なのでした。

妙子さんのみかんババロア 前編

〜昭和の懐かしのデザート の巻〜

今回作成するのは、スタジオジブリのおもひでぽろぽろに登場す一品。

おもひでぽろぽろは見る世代や年齢によって、面白さが変わる作品。
それまでのスタジオジブリのスタンダードから外れた、ある意味地味とも言える内容です。

そこに描かれるのは、ファンタジーや非現実ではない、一人の女性の分岐。

東京生まれの東京育ち、会社にお勤めする27歳のごく普通のOLの岡島タエ子さん。
両親が東京育ちで田舎のない彼女は、小学生から田舎に憧れていました。

姉の結婚でできた縁で、休暇を使って山形の田舎へ滞在するところから物語は始まります。

小学校の頃に憧れていた田舎へ向かうことで、ふいにこぼれ出す小学校5年生の記憶。

当時は珍しかった、缶詰ではないパイン。
夏休みに帰省する田舎がなくて、代わりに祖母といった熱海の温泉に行ってのぼせたこと。
学校の劇で村の子Aを演じて、ちょっとしたしぐさが好評を呼びスターへの道を夢見たこと。

思い出とも呼べないようなとりとめのないそれらも、一度思い出したら止まりません。
自分でも、何故なのか分からないまま、小学校5年生のタエ子ちゃんも山形へ連れ立っていきます。

このババロアは、山形での田舎暮らし最後の夜に登場します。

一生懸命に氷水で冷やしたボウルの中をかき混ぜるタエ子さん。
何を作っているのかは不明瞭ですが、どうやらお菓子の類のようです。

居間のテーブルに見えるのは、ゼラチン、牛乳、生クリーム、缶詰のみかん、バニラエッセンス、卵。
材料から作れるものと、当時のデザートといえば‥ということを考えて今回はババロアをチョイス!

最近は色んなおしゃれなデザートがありますが、たまには懐かしの甘味も食べたいもの。
ということで、いざ調理スタートです。

【用意するもの】
002
みかんの缶詰、バニラエッセンス、牛乳、生クリーム、水、卵黄、レモン汁、ゼラチン、砂糖

004
中に入れるみかんはフォークで軽く割きます。

005
レモン汁をさっと加えて混ぜます。

007
ゼラチンは水でふやかしておきます。

008
牛乳を一度沸騰させ、火を止めます。

009
卵黄に砂糖を加え、混ぜます。

011
空気を含んで白っぽくなったらOK!

012
牛乳を温かいまま、少しずつ加えて混ぜます。

015
牛乳を全て加えたら、鍋に戻して弱火にかけます。

017
バニラエッセンスを数滴垂らし、絶えず混ぜます。

020
だんだんと、トロミがついてきます。
トロミがついたら火から下ろします。

024
火から下ろしたら、水で戻したゼラチンを加えて溶かし混ぜます。

028
このままだとダマがあるので、漉します。

030
越したら、アングレーズソースの出来上がり!
これがババロアのクリーミィな風味の要になります。

肝心の生クリームが出ていませんが、ここからが本番です。
生クリームの泡立て方も、タエ子さんのババロア再現にとっても大事なポイント。

美味しい仕上がりになると良いのですが‥

次回、「ツルツル‥じゃなくて、フワッフワ」の巻に続きます!

【食レポ】いつもは避ける○○らーめん

〜だいせつ洞の涼味炭酸らーめん〜

ラーメンが好きです。

ガッツリ豚骨系、透き通るスープが美しいトリガラの塩、ノスタルジックな気分になる魚介系の安定の醤油、辛いの大好き台湾ラーメン・担々麺‥

特に難しいこだわりはありませんが、ラーメンにヘルシーや奇抜さは求めていません。
食には保守的な性格なので、いつも王道から外れず、失敗のないチョイスをするタイプです。

そんな私なので、冷やし中華は好きですが、「新感覚・アレンジ」と謳ったものは苦手なことが多いです。

一度だけ冒険して食べてみたことがあるのが、
「生ハムやトマト、オリーブオイルで仕上げたイタリアンラーメン」。
好みにもよると思うのですが、イタリアンもラーメンもお互いの良いところを殺している構成に感じました。

それから二度と頼むまい、と心に誓ったはずだったのですが‥

ある日、テレビで観て気になった一品がありました。
その名も「炭酸らーめん」。

まずいものはまずいと言いそうな正直なタレントさんが、「これはどうだろうね?」と懐疑的に食べ始めて、「あれ?うまい!」と驚いていたのが印象的で。

保守的すぎるのも良くないですし、ちょうど名古屋駅に立ち寄ったタイミングで行ってみることにしました。

FullSizeRender (3)
さて、これがその炭酸らーめん。
らーめんと共にウィルキンソン1瓶がついてきます。

FullSizeRender (2)
汁気がない状態で届くので、セルフで好みのスープの濃さになるまで炭酸水を注ぐ、というスタイル。

FullSizeRender
当然といえば当然だけれども、不思議な光景。
シュワシュワっとしてます。

軽く箸で麺をほぐすようにして、スープを混ぜてから頂きます。

まずはスープを一口飲んでみたのですが、驚きのあとに、美味しさが来る感じ。
思えば、甘いものの炭酸は慣れているけれど、しょっぱいものの炭酸って初めて。

舌が見知らぬ味に軽く衝撃を受けて、そこから美味しさをじりじり感じる。
スープ自体はシンプルな味で、炭酸の刺激によってオニオンやトマトの旨味が引き立っています。
レモンの程よい酸味もまた良い感じ。

炭酸水のおかげか、麺も引き締まっているような感覚です。
麺をすするたびに口の中でシュワっとして、スパイシーにも感じる不思議。

食べる前は「このお店のチャーシュー、美味しそうだな‥でも炭酸らーめんは生ハムか‥」と残念に思っていたのですが、この味には生ハムのねっとりとした食感に塩気がぴったりです。

量は少なめに見えますが、炭酸のおかげで満腹感もありました。
じめじめした暑い日には、爽快感があって良いかも。

夏季限定の一品なので、ぜひ一度立ち寄ってみては。

目から鱗な一品でした。
ごちそうさまでした。


店名:だいせつ洞
場所:名古屋市中村区名駅1-1-4 JR名古屋駅 驛麺通り(駅構内です)
営業時間:OPEN/11:00-CLOSE/22:00 L.O. 21:30
定休日:無休


クローディアの新メニュー パイン・サラダ 後編

前篇の「食べられなかったアノ一品」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜欲張りの結果 の巻〜

022
くり抜き終えたパイン。

パインの器が完成したので、お次はサラダするフルーツを用意していきます。

023
バナナは乱切り。

024
黄桃はくし切り。

025
イチゴはへたを切り落とし、まるごとでも、縦半分にカットしても。

026
パインの入ったボウルにバナナと黄桃を加え、変色予防のためにレモン汁をざっとかけて混ぜます。

イチゴ、ブルーベリーなどのベリー系は色が他のフルーツにつきやすいので、ここでは加えません。

028
マシュマロを細かくカットして、

030
黄桃の缶詰のシロップに、マシュマロとカッテージチーズを加え軽く混ぜます。

032
パインの器に、ボウルに入れたフルーツと、ブルーベリー、マシュマロとカッテージチーズをシロップごと注ぎます。

033
イチゴをバランスよく散らします。

フルーツサラダはよく冷やして寝かすのが美味しさのポイント。
この状態で数時間冷やしたら出来上がり。

というわけで数時間後。

超時空要塞マクロス パインサラダを作ってみた 前田未希のレシピ ビストロ・アニメシ アニメの再現料理
「はい、できたわ。お待たせ」

超時空要塞マクロス パインサラダを作ってみた 前田未希のレシピ ビストロ・アニメシ アニメの再現料理
「あら、…もう酔ったの?」

寂しげに佇むパイン・サラダ。
せめて一口でも‥

作品を思い出して、しんみりとした気持ちになってしまいましたが、せっかくなので食べましょう。

キンッと冷えたフルーツは、それぞれの果汁の香りが混ざって美味しさ増しますね。
フレッシュフルーツをこうして山盛り食べるのって、なんだか贅沢。

一緒にご飯を食べるのとも違う、お酒を楽しむ夜に出るパイン・サラダ。
大人な二人のライフスタイルを垣間見た感じですね。

見た目についての反省点は、カッテージチーズとマシュマロで濁りが出たこと。
せっかくの色鮮やかなフルーツの外観が損なわれたのは残念。

ただ、食べると、このカッテージチーズとマシュマロが良い仕事してます。
酸味が全面に出てしまいがちなフレッシュフルーツに、程よいこってり感をプラスしています。

カッテージチーズはとてもナチュラルに馴染む食感だし、マシュマロが汁気を吸ってとろけた独特の食感が新鮮!シュワっと溶けて、芯だけキュッと口のなかで残る感じ。

フルーツも他の食材も、すべてが風味を加えあっていて美味しいです。
シンプルな食材なのに、あなどりがたし。

クローディアさんはロイの前で「パイン・サラダ、もうすこしでできあがるわ。それまでちょっと飲んでて」と言います。
なので、フルーツをあらかじめカットしてレモン汁に浸したり、シロップを冷やしておいて‥
ロイを出迎えてから、イチゴをカットして最後によく冷えたそれらを和えたのかもしれません。

彼を喜ばせようと、嬉しそうに下ごしらえをするクローディアさんを想像してしまうと、胸がきゅうっとしてしまいます。

悲しい一品ですが、二人の幸せの瞬間の思い出でもある。
誰かに喜んでもらったり、労ったり。そんな時に作ってあげたい一品なのでした。

クローディアの新メニュー パイン・サラダ 前編

〜食べられなかったアノ一品 の巻〜

今回作成するのは、超時空要塞マクロスに登場するパイン・サラダ。
18話のタイトルにもなっているとても印象深く、マクロスを観た方ならほぼ必ず覚えているであろう一品です。

マクロスシリーズからは、先に柿崎のステーキ・ミディアムでサーロイン特大と、
オズマお兄ちゃんのパインケーキを再現したこともあります。

パイン・サラダは、主人公・一条輝の先輩ロイ・フォッカーと切っても切れないものです。

ある日のこと。
ロイは恋人でもあり、マクロスのオペレーターでもあるクローディア・ラサールとマクロス市街地の喫茶店「VARIATION」にて落ち合い、クローディアに頼みごとをします。
快諾したクローディアは、「今度あたしのほうのご用、聞いてくださる?」とロイに問いかけます。

その内容はというと、「新たにパイン・サラダがあたしのメニューに1つ加わったの。どうする?食べてみる?」というもの。
なんともオシャレなデートのお誘いです。

フォッカーは勤務が終わったら寄ると言いその場を去るのですが…
マクロスは戦争がなんたるかというのをあらゆる何気ない描写で秀逸に描きます。
このパイン・サラダの場合は、束の間の日常とでも言ったところでしょうか。

その後、18話の終盤では実際にクローディアが作るパイン・サラダが映し出されます。
「パイン・サラダ」と言ってもあまり馴染みのないメニューですし、なんと実際映し出されたパインを半分にカットし器にしている本格的で大胆なもの。

色とりどりのフルーツが美しく、作中の食べ物として必ず再現したいと思っていたものです。

ということで、主題歌をかけながらノリノリで調理スタートです!

【用意するもの】
003
パイン、バナナ、ブルーベリー、マシュマロ、レモン、カッテージチーズ、黄桃(缶詰)、イチゴ、黄桃のシロップ

ただフルーツをカットして盛り付けるだけではつまらない。
クローディアさんはアメリカ出身のアフリカ系女性なので、両方の国で食されているフルーツサラダをミックスしたスタイルにしてみました。

005
まずはパインを縦半分にカット。
先にパインの実の部分に包丁を入れます。

006
その後、葉の部分も縦半分にカット。

007
ほどよく熟していると、割と簡単に切ることができます。

008
今回は、このパイン半分を使用します。

009
皮から1cmくらいのところを包丁で縁取り、奥まで包丁を差し込んでいきます。

010
次に中央の芯の部分に切り込みを入れます。

011
芯の両端に、1口大になるように包丁を差し込んで…

012
手でつまむと…

013
簡単に取れます。

017
取った実はボウルに入れておきます。

016
全部取り切りました。

018
あとは、芯を包丁で削ぎ取り…

020
残った実をグレープフルーツスプーンで取ります。

021
このパインを器に使うので、全体的に綺麗にこそぎましょう。

022
これでOK!

器の用意ができたら、お次はサラダの中身ですね。

アメリカのアンブローシャサラダをそのまま作ると、フルーツをヨーグルトやサワークリームで混ぜて全体が白っぽくなってしまいます。
そうなると、クローディアの作ったものとは見た目がガラリと変わってしまいます。

アフリカ、とくにケニヤなどではフルーツ本来の味と見た目を生かすスタイルが主流なので、双方のバランスを生かした行程を考えたいところです。

次回、「欲張りの結果」の巻に続きます。