松原くんクッキー 前篇

〜ゆいこちゃんのセンスに乾杯!〜

今回作成するのは、CMでお馴染み無料漫画アプリのComicoさんにて掲載されている「こえ恋」という作品に登場するクッキーです。

無類のマンガ好きの私のスマホには、無料漫画アプリが沢山。
中でもComicoはバンバン放送されているCMを見て、早い段階でチェックしていました。

こえ恋のほかにも面白い漫画が沢山で、中にはグルメ漫画もあるのですが、レシピのあるものよりも妄想力膨らむほうが好きな当ビストロ。

このクッキーは、そんな妄想好きな人間を駆り立てるものなんです!

主人公は高校入学早々、風邪をひいてしまって一週間寝込んでしまったゆいこちゃん。
新しい環境の始まり、「このまま休んでたらクラスから浮いちゃう」と不安になってしまういますよね。

そんな不安なゆいこちゃんのもとに、クラス委員長と名乗る男の子が連絡事項を伝える為に電話をしてきてくれます。
とても素敵な声に、一目惚れならぬ「こえ惚れ」をしかけているゆいこちゃん。

そして登校して出会った、声の主の人こそ、松原くん!

でも、その出会いは衝撃。
声を聞いた途端に「この声‥!」とピンと来て、顔を見るゆいこちゃんですが‥

アレ?顔が隠れている。
松原くんは顔をすっぽりと紙袋で隠した、ちょっと変わった男の子だったのです。

徹底して顔が見えないのは、めぞん一刻の総一郎さんを彷彿とさせる徹底ぶり。
ですが、めぞん一刻とは違ってそこが話のポイントとなっています。

やはり顔を隠すのはそれなりに理由があってのことのよう。
彼もこのままではいけない、と思い、ゆいこちゃんは決して詮索しようとせずにいてくれる。

絵がとても柔らかく、虹のようなグラデーションが綺麗で優しい世界観です。
登場人物に悪い人がいないけれど、しっかりとキャラクターが人間くさくて愛着がわきます。

ありえない設定もありえるように見えてくる、なんだか上品なギャグとラブな作品です。

そしてなんだかんだで紙袋を被っていることをクラスの皆が周知してくれている優しい世界。
松原くんのクラス委員長としての人望もあって、今やすっかり表情が描かれた紙袋が松原くんの顔と言っても良いくらいです。

文化祭が近づいて、喫茶店をやることになった二人のクラス。
でも、メニューが定番ばかりでパンチが足りない。

そんな時、松原くんが好きなゆいこちゃんは、「クラスらしさ」のあるメニューと聞いて、ひらめきます。
松原くんの表情つき紙袋に見立てた「松原くんクッキー」と、ノートに描いて、「えへへ、なんちゃって」と1人微笑むゆいこちゃん。

見せるつもりはなかったけれども、みんなが見て、「いいじゃんコレ!クラスの個性」などとトントン拍子に決定に。

本人も快諾してくれ、目玉商品は松原くんクッキーに!となるのでした。

ゆいこちゃんが描いたその原案がもう、可愛くて可愛くて。
料理上手なお兄ちゃんに相談して試作を作るゆいこちゃんを想像すると、それもまた可愛くて可愛くて。

ということで、作りたい!食べたい!ニヤニヤしたい!
作るっきゃないです!

【用意するもの】
002
強力粉、バター、蜂蜜、てんさい糖

今回は無塩バターは使わず、手頃な有塩バターや材料で作ります。

料理上手なお兄ちゃんが、ゆいこちゃんやクラスメイトが作れるようなレシピを考えると‥
松原くんの顔、形が綺麗に出るように、小麦粉はあえて強力粉。
あとは優しい世界観をイメージしてみます。

003
バターは常温に戻して柔らかくしておきます。
扱いやすいように、写真のように5つくらいに切り分け、ビニール袋に入れます。

005
てんさい糖を加えます。

007
蜂蜜も加えます。

012
袋を破かないように優しく、バターを揉んで砂糖と蜂蜜を混ぜます。

013
砂糖と蜂蜜が全体に馴染んだらOK。

014
強力粉を加えます。

015
空気を含んだ状態で軽く揺すって、バターと強力粉をくっつかせます。

017
こんな感じでそぼろ状になります。

018
折りたたむようにして生地を押して、まとめていきます。

019
最初はベチャベチャしますが、強力粉が全体に行き渡るとひと塊になります。
ちなみにビニール袋ではなくボウルで行う場合は、木べらなどでさっくり混ぜ合わせて下さい。

あとはこれを一旦冷蔵庫で30分〜1時間寝かせます。
バターとお砂糖が練りこまれた甘い香りがして、なんだかとっても幸せな乙女気分。

でも、ここからが勝負どころなんです。
絵心のない私に松原くんの表情が出来るのか‥でも、かなりシンプルな顔だからきっと大丈夫!

次回、「だれか!だれか!!!」の巻に続きます。

クリスマスは何作ろう?

すっかり肌寒くなりましたね。
ほんの少し前に、暑い暑いと言いながらかき氷を食べていたはずなのに、もうすぐ年末です。

季節の移り変わりの早さには驚くばかりですが、その時々、楽しみなイベントがあります。

今の私の頭の中は、クリスマスのことでいっぱい。
正確には、クリスマスの献立のことで頭がいっぱいです。

普段は摂生しなければ、ということがあったり、毎回の食事にそれほど時間やお金をかけるべきではないというのもあるけれど、クリスマスは特別!

なかなかいつもは手を出さない、気になっていた食材を使用したり、
じっくり下ごしらえに時間をかけて仕込む楽しさ。

一体どんな献立にしようか?

本気のフレンチのフルコース?
それとも、七面鳥にブッシュドノエル、王道の献立も良いなぁ。

ああでもない、こうでもない‥とワクワクします。

現在、候補の一つに挙がっているのが、英國戀物語エマに登場したイギリスのクリスマスケーキ、「クリスマスプディング」。

プディングという名前からは思いもよらない、真っ黒な外観はインパクト大です。
生地はプリンというよりも、どっしりしたケーキ状。

ブランデーにドライフルーツやナッツを浸し、それを練りこんだ生地をを蒸し上げて、数ヶ月熟成する独特の製法です。

このクリスマスプディングの醍醐味は、クリスマス当日にフランベするところ。
真っ黒なケーキが炎に包まれる姿には、歓声があがりそうですよね!

そのほかにも、昔クリスマスマーケットで食べて夢中になったドイツの焼き菓子「シュトーレン」も良いなぁ。毎日食べ進めて行くというのも面白いし‥

と妄想が止まりません。

そしてクリスマスが終わると、今度は年末年始のご馳走作り!

それが終わると、次はバレンタイン!
バレンタインは毎年、特設催事場にて高級チョコレートをお小遣い握りしめて買いに行くのが楽しみなのです。(本来の意味から外れて完全に自己満足)

食いしん坊は年がら年中、こんな感じで大忙しです。

クリスマスの献立は、まだまだ決まりそうにありません。

目野ちゃんパパの「ののこめし」 後篇

前篇の「おいなりさんじゃ、ないのよ」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜それはまるで、はんてんのよう の巻〜

前篇では、目野ちゃんパパが油揚げの油抜きをしたところで終わりました。
ここからはいよいよ、ののこめしの形が出来上がってきます!

020
ごはんを詰めたりする前に、まずは昆布を水で戻します。

024
油抜きをした油揚げをめん棒でゴロゴロして、半分に切ります。

026
めん棒でゴロゴロすると油揚げが開きやすくなります。

028
ボウルに水切りしたお米と、カットした具材を全て入れます。

032
調味料も全て加えます。

033
全体をよく混ぜます。

036
油揚げに混ぜあわせた具を詰めます。
お米はイカ飯作りの時と一緒で、詰め過ぎるとパンパンに膨れてしまいます。

037
なので7分目くらいかな?
油揚げを破らないように、優しく具を詰めます。

038
爪楊枝で口を止めます。
これで準備万端!

039
炊飯器のなかに切った割り箸を並べます。

041
その上に昆布を敷きます。

045
昆布の上に、お米を詰めた油揚げを乗せます。

044
昆布の戻し汁と、具材を混ぜた時に余った調味料を注ぎます。

ちなみに戻し汁の分量がわからなかったので、1カップの水で戻してみました。

そして炊飯スタート!
通常の炊飯と同じように炊飯ボタンを押して、炊きあがりを待ちます。

ちゃんと炊きあがるのか不安ですが、もうこうなったら待つしか無い!

水加減が大丈夫が心配だけれども、時間が経つにつれ、ふんわりと炊き込みごはんのようなお出汁とお醤油の良い香りがしてきます。

046
そして炊きあがったのがこちら!
炊飯前に比べて、ふっくらとしていて見た目は良い感じ。

本当に、はんてんみたいで可愛らしい!

肝心なのは中身!

049
ということで、目野ちゃんと同じように三角に包丁をいれます。

炊きたてのののこめしをアチチッと言いながら、切るのはとってもワクワクしちゃう。

弟たちが「おいなりさんだ!」と言い、それに対してかつてのパパと同じセリフを言う目野ちゃん。
なんだかほっこりするシーンです。

054
ののこめし、出来上がり!!

050
普段、炊事を担当している目野ちゃん。
こうして起きたらアツアツの朝ごはんが用意されていて、とっても嬉しそうです。

冷めないうちに頂くと‥
よかった!ごはんの芯もなく丁度良い加減に炊けています。

でも、色を見ても分かるように炊き込みご飯よりも薄味。
濃い味を勝手に想像しちゃって食べると、「アレ?」となってしまいます。

ちょっと物足りない、と思いつつも、食べ進めると素朴で、塩辛くもなく食べやすい感じ。
調べてみるとレシピによっては甘辛く濃い味にしているので、作る人・家庭によって違うのかもしれません。

目野ちゃんもこれからパパから教わるみたいだし、それぞれの家庭の味が引き継がれていくのってなんだか素敵。
水加減も分かったことだし、「我が家の味」に育てていく醍醐味がありそうです。

家族の成長を感じて、ほっこりとした一品なのでした。

目野ちゃんパパの「ののこめし」 前篇

〜おいなりさんじゃ、ないのよ の巻〜

今回作成するのは、あさひごはんに登場するののこめし。

あさひごはんからは、小山さんのエッグスラットを以前に再現しました。

瓶に入った黄身トロトロのエッグスラットは、ガーリックトーストにディップするとたまらない!
ガーリックトーストの簡単な作り方も知ることが出来て、幸せな朝ごはんでした。

そんな成功とも言えるエッグスラットを経て、欲が出てきました。
あさひごはんには数々の美味しそうな朝ごはんが出るのですが、その中でもずっと気になっていたもの。

それが、今回の「ののこめし」なのです。

「ののこめし」自体は、エッグスラットと同じく既存の料理。
別名「いただき」と言い、鳥取県西部を中心に親しまれている郷土料理です。

油揚げにお米や野菜を入れて炊いたもので、見た目はおいなりさんに似ています。
でも、おいなりさんじゃ、ないのです。

可愛らしい響きの「ののこ」とは、そのふっくらとした姿をはんてんに見立てたことが始まり。
はんてんを「布子(ぬのこ)」と言い、「ぬのこ」がなまって「ののこ」に。
そうして「ののこめし」と呼ばれるようになったそうな。

素朴でころんと丸くて可愛い見た目。
奇抜さはないけれど、なんだか美味しそうだなーと気になって仕方がない。

あさひごはんでは、作品のオリジナル料理ではなくても、全てが真新しく、どんな味なの?と興味を惹かれるという特徴があります。

気になって気になってしかたがないので、やはりこれは作るしかありません!

ということで、調理スタートです。

【用意するもの】
004
米、だし昆布、ニンジン、ゴボウ、シイタケ、しらたき、鶏もも肉、長めの油揚げ、醤油、酒、みりん、砂糖

砂糖は酒のなかに入れて溶かしています。

008
まずはお米を研ぎ、研ぎ終えたらザルにあけて水気を切っておきます。

011
ゴボウは洗って泥を落とし、アルミホイルやタワシでしごいて外側を綺麗にします。

014
作中では詳細がないけれど、ゴボウはささがきにし酢水につけてアク抜き。

アク抜きをしなくても気にならない、という方はそのままでも。

022
鶏もも、ニンジン、シイタケはみじん切り。

027
しらたきは、軽く水洗いをし、同じくみじん切り。

015
油揚げは熱湯をかけて油をぬきます。

ここで、目野ちゃんの幼少期のことをふと思い出すパパ。
幼稚園か小学校低学年の頃かな?

始めて見るののこめしに、「これパパが作ったの!?すごーい!!おいなりさん!」と喜ぶ目野ちゃんが可愛らしいです。

「違うよ、これはね‥」と、ののこめしを教えてあげるパパ。
そして、ちょっとしんみりとする展開。

小さい頃の目野ちゃんを思い出しながら作るパパって、なんだか「女の子の父親」という感じで微笑ましくもありますね。

材料が一通り揃ったところで、いよいよののこめし作りの山場の作業へ進みます。
無事に出来るのか不安だけれども、なんだかこっちまで懐かしい気分になってしんみり。

すぐに食べるごはんも良いですが、誰かのための下ごしらえする時間って楽しいですよね!

次回、「それはまるで、はんてんのよう」の巻に続きます。

アラレちゃんのピロリンキャンデー 後篇

前篇の「飴って家で作れるかな?」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜失敗の香りがプンプンするよ! の巻〜

041
アツアツの固まる前の飴にマシュマロを置いて、溶かそうとする作戦。
見る見る間に、マシュマロが溶けていきます!

042
飴が固まる前に、端から飴をはがすようにして上げて、マシュマロと混ぜ込んでいきます。

これが油断をして触ると、ビックリするくらい熱い!
でも、混ぜ込む前に固まったら困るし‥と、ヤケドしそうなギリギリのところで混ぜます。

044
最初はゴム手袋をつけていたのですが、これはゴム手袋が溶けてしまうかも?
と不安になったり、混ぜづらいのもあって、素手にシフト!

046
全体が持てる温度になったら、持ち上げて引っ張ります。

047
伸びたら、折りたたむ。

048
そしてまた引っ張って伸ばす。これを繰り返します。

052
超熱いです。

でも、これを落としてしまったら水の泡。
冷めると固まり始めて伸ばせなくなるので、スピード勝負です。

写真では分かりづらいのですが、次第に飴のなかに空気が含まれて、艶がでてきます。

059
艶が出たら、飴を均等な太さに伸ばしていきます。

060
十分な太さ、長さになったら、くるくる渦巻きを作っていって‥

072
完成が見えてきました!

074
巻き終えたら、柔らかいうちに!串を刺します。

075
串を刺すことで、ちょっとブニッと形が歪むので、中央部分の形が損なわれないように慎重に串を進めます。

串を刺し終えたら、油を敷いたバットに乗せて冷ましておきます。

036
ここで、赤い部分の飴作り。
鍋に残しておいた飴が硬くなっているので、ほんのひと匙水を加えて鍋で再加熱。

037
柔らかくなったら食紅を加えます。

038
これは量が少なくてすぐに固まってしまうので、手で伸ばさずにスプーンで手早くかき混ぜます。

064
かき混ぜたら、油を敷いたバットに流します。

066
端から触れる温度か確認して、

067
ちょっと熱い!けど、熱いうちに手のひらに乗せます。

078
細長くなるように、縒ります。
熱い!でも、ここが正念場です。

079
白い飴の外側から、内側に向かってなぞるように乗せていきます。

本当は、白い飴と赤い飴を表面だけではなく一緒に巻き込む本格的なものを目論んでいたのですが、それが難しいの何の。

何度か試みるも、どちらかを温めて熱がっている間に片方が固くなり、
最終的には加熱しすぎてドロドロの振り出しに戻しちゃったりで、どうにもできない!

ということで、当初の予定としていた作り方は断念。
せめて正面から見てぐるぐるの渦巻きがある状態を目指し、作り方を変更しました。

083
途中経過。

084
真ん中まで乗せたら、あとは冷やすだけ!!!

冷蔵庫に入れなくても、熱が冷めると1時間も経たずにカチカチになりました。
さて、いよいよ完成です‥!

ビストロアニメシ 前田未希 アニメの料理再現 漫画飯のレシピ 鳥山明作品の食べ物 アニメの料理を再現してみた ピロリンキャンデー
「ピロリンキャンデーだよー!!!!!」

重さはバッチリ!
色味も悪くない感じ。
うずまきはちょっといびつになっちゃいましたが、遠目で見ればセーフかな?

色の入り込みというか、製法が悔やまれますが、もっと大失敗の大惨事になるのかと思いきや、キャンディーとしては成立しました。

舐めてみると、ちゃんとキャンディー!
マシュマロのおかげで、優しくて、こっくりとした甘み。
赤い部分には香料も何も入れていないのに、目から入る情報で勝手にイチゴ味な気がしちゃう。

こどもの頃に舐めた、懐かしい味がします。
美味しいけど甘い!

大人になって舐めると、スイーツというよりは、エンジンかける為の「THE・糖分!」な感じ。
「こどもの頃はこういうの大好きだったなー」と懐かしい気持ちになりました。

こどもがニコニコ飴を舐める姿ってかわいいですよね。

小さい頃はお友達のように思っていたアラレちゃんですが、今はこの作ったピロリンキャンデーをあげたら喜んでくれるかな?と笑顔見たさに思うようになった一品なのでした。

完成度は高くないので、リベンジ!と言いたいところですが‥

飴作りって想像以上に大変。
職人技なんだなぁとしみじみ勉強になりました。
リベンジのハードルは高いです。

アラレちゃんのピロリンキャンデー 前篇

〜飴って家で作れるかな? の巻〜

今回作成するのは、懐かしのアニメ、Dr.スランプアラレちゃんに登場するピロリンキャンデー。

鳥山明先生といえばドラゴンボールは勿論のこと、Dr.スランプアラレちゃんも外せませんね!
いま見ても驚くほどに色あせない世界観です。

「んちゃ!」
「きーん!」
「ほよよ?」

今までにないアラレちゃん独特の言葉の数々。

美女の前でだけキリッとダンディになる博士に、自称正義の味方だけどカッコ悪いスッパマンに、ピンク色のうんちなど‥

今ふと考えても、すぐにポンポンと浮かんでくる濃いキャラクターたち。
ダサくてオシャレで、下品で健全。

当時は、エポックを画する漫画でした。
しかもギャグだけじゃなくて、キャラクターデザインがキュートで、男の子だけじゃなく、女の子も夢中になれるキッカケが散りばめられていた。

よく、夏休みにはテレビ番組の構成が特別版になっていて、昼間に放送されていました。
それを楽しみに毎日観ていた記憶があります。

さて、そんなアラレちゃん。
アラレちゃんといえば、よく手に持っているアイテムがあります。

それはピンク色のうんち、ではなく‥
うずまきになっている、大きな大きなピロリンキャンデー!

昔はちょくちょく見かけましたが、最近はああいった形のキャンディーを見かけることが少なくなりました。

当時でも、あれほど大きなものはなくて、「とても美味しそうなもの」に見えて仕方がなかった。

べっこう飴なら作れるけれども、ああいったうずまき状の飴って家で作れるのでしょうか?
原材料はシンプルだし、もしかしたら作れるかも?

あの見た目、一度は作ってみたい!ということで、調理スタートです。

【用意するもの】
001
水、水飴、砂糖、マシュマロ、食紅

004
調理に取り掛かる前に、バットにサラダ油を塗っておきます。

作業中、飴がくっつかないように、全体にもれなく塗ります。

005
それでは早速、飴作り。
鍋に砂糖、

006
水飴、

010
水を注ぎます。

016
そのまま混ぜずに、強火にかけます。
砂糖や水飴は自然に溶けていくので、心配なし。

018
沸騰したら、そのままじっくり煮詰めます。
最初は写真のように細かく透明な泡ですが‥

023
徐々に泡がまばらな大きさになり、全体にとろみがついてきます。

028
スプーンなどですくって、しずくが垂れる途中で固まったら頃合い。

029
または、しずくを水の中にいれて固まればOK。

031
火から下ろし、それ以上加熱されないように鍋底を氷で冷まします。
あまり長く冷ますと飴になって固まってしまうので、ほんの数秒でOK。

035
油を敷いたバットに飴をそそぎます。

036
ここで飴を注ぎきらずに、赤い色部分ように大さじ1程度を残しておきます。

040
バットに注いだ飴が冷める前に、すかさずここでマシュマロ投入!

さて、溶けるかな?

ピロリンキャンデーといえば白いメインのぐるぐるに、赤い細いクルクル。
その白さを再現する為と、味に変化をつけたいが為に手を出したマシュマロ。

幸と出るか、はたまた‥

次回、「失敗の香りがプンプンするよ!」の巻に続きます!