いちごの冷製パスタ

Strawberry

小池田マヤ先生の漫画が大好きです。
以前に当ビストロでも、あさひごはんに登場するののこめしや、エッグスラットを再現しました。

最近の作品は食べ物が絡むものが多く、それがまた何とも旨そうな描写でたまりません。

普段なんてことなく食べているものだって、小池田マヤ作品にかかればその香りや構成が洗練され、お腹が減ってきちゃいます。

知っている食材でも、普段組み合わせない味の構成が描写されていると、もう気になって気になって‥
食べ物を口に入れた時のキャラクターの表情がまた、大げさ過ぎずリアルで、説得力があります。

中でも家政婦さんシリーズと、高円寺の店シリーズがお気に入り。

ただ‥
そんな中で、1つだけ「それって美味しいの?」と疑問を抱いたものがあったのです。

高円寺の店シリーズの「女と猫は呼ばない時にやってくる」に登場する「いちごとレモンのカッペリーニ」。

作中でも、「いちごのスパゲッティー!?」「何それエグイ!!」と食べる前は不評です。
でも食べてみると、美味しいみたい。でも、ホントに?どうなのだろう‥と引っかかっていたのです。

熟しすぎたイチゴを捨てようか迷っている時に、ふとこのイチゴのカッペリーニを思い出しました。
ということで、カッペリーニは手元になかったので、スパゲティーニで代用して冷製パスタを作りました。

エクストラヴァージンオイルとレモン、フレッシュトマトのピュレをマリネして、塩を強めに効かせる。あとはバジルで味に広がりをつけて‥と楽しみながら作りました。

イチゴは作中より少なく、他の食材も加えたので、今回は再現とは言えません。

自分で味付けをしたので、作っている段階である程度は味に予想がついたものの、冒険している感じが楽しかったです。

肝心のお味は、というと、イチゴの安い今だけの特別なパスタ。
美味しいし、ありっちゃーありです。

でも、イチゴの甘さが主張しすぎないように!と思って塩を効かせすぎたのが反省点。
塩で押さえつけるのではなく、もう少しイチゴを活かした味の構成が出来そうな気がします。

そこはやはり、プロの料理人がお店のスペシャリテとして出すために何度も改良を重ねたのだろうな、と納得しました。

今度は決して臆することなく、しっかりとイチゴを入れて、イチゴの味を全面に出して楽しみたいものです。
カッペリーニも買わないと!

ロボとーちゃんのピーマン100%炒め 後篇

前篇の「ふと思い立って」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜ロボとーちゃんの中身って? の巻〜

020
ピーマンを切り分け、あとは炒めれば出来上がり。

ロボとーちゃんの味付けや調味料って何なのでしょう。
というか、ロボとーちゃんが「おしおき」をすることになってから、このピーマン100%炒めを出すまでほんの数秒。

そしてシーンに出てくるピーマン炒めは、照りなどはあまりなく、軽く焦げたとてもシンプルそうなもの。

ロボとーちゃんにお料理機能が搭載されていても、体内にそれほど沢山の調味料はないような気がします。迷いますね‥
そして思い出した、ロボとーちゃんのエネルギー。

ロボットになってしまってから、家族のためにできうる限りのことをしようと頑張ったロボとーちゃん。
そしてロボとーちゃんが家のことをしてくれるので、ちょっと太り気味の妻みさえ。

ロボとーちゃんに「太った?」と聞かれ、「そ、そんなことないわよ〜」と、はぐらかそうとみさえが渡したのが「エクストラヴァージンオイル」。

ロボとーちゃんは大喜びで、「おいおい、こりゃご馳走だなぁ!」と言い、「お給料日だから奮発しちゃった」と和気あいあいするシーンがあるのです。

その後、トラブルが起き物語は佳境へと進んでいくのですが‥
もしかして、エネルギのオイルは料理に共通して使うのでは?と思いました。

022
というわけで、エクストラヴァージンオイル。

026
エクストラヴァージンオイルを熱したフライパンで、大ぶりなカットのピーマンから強火で炒めていきます。

030
全体に熱を通すように手早く回し、他のカットのピーマンも加えてざざっと炒めます。

024
あとは、傷みづらい調味料といえばコレ!うま味調味料。

034
ほかは塩胡椒でシンプルに味付けをし、炒めます。

あまり炒め過ぎるとピーマンのシャッキリした食感がなくなってしまうので、表面にツヤが出て軽く焦げ目が出たらOK。
シンプルですが、これこそピーマンが苦手なしんちゃんにはツライ調理法かもしれません‥。

036
あとは、コルクの鍋蓋をアルミホイルで包んで、ロボとーちゃんの手皿風に。

クレヨンしんちゃんの食べ物 ピーマン炒めを再現 アニメの食べ物を作る 前田未希のレシピ クレヨンしんちゃんガチンコ!逆襲のロボとーちゃんのピーマン炒め ビストロアニメシ 漫画飯
「オシオキダ、ノハラ シンノスケ」

クレヨンしんちゃんの食べ物 ピーマン炒めを再現 アニメの食べ物を作る 前田未希のレシピ クレヨンしんちゃんガチンコ!逆襲のロボとーちゃんのピーマン炒め ビストロアニメシ 漫画飯
「サァ、クエ。クエ、クウンダ」

好き嫌いをするのは良くない。
でも、ここで出る「おしつけることが躾じゃねえんだ!自分からやらなきゃ意味がねえんだよ!」という良いセリフがまさにそういうことですよね。

038
合計18個のピーマンを使用した、ピーマン100%炒め。
こりゃ、ピーマン嫌いには非常に酷な一品だと思います。

でも、味付けはピーマン嫌いではないのなら、シンプルでありながらも美味しいんですよ。
普段あまり使わないのですが、うまみ調味料って手頃で美味しくなって便利なものですね。

3種類に分かれたピーマンが、火の通りによって食感が代わり違う表情を見せています。

輪切りにしたピーマンは、火がしっかりと通り、とろりとした食感に。甘みが強調されています。
乱切りにしたピーマンは、一番親しみやすい丁度良い食感、青々しさ。
縦半分にしたピーマンは、ザクっとした食感にインパクトがあり、苦みが一番感じられます。

あらゆる方向からピーマン嫌いを責める恐ろしき調理法だったことが判明。
ピーマン好きとしてはノーダメージなので、意地悪く笑いながら食べました。

そうは言っても、これだけ食べると何だか昆虫にでもなったような気分に。
実際に食べるよりも、出来上がった瞬間のビジュアルがやっぱり最高ですね!

ちゃーんと「ごちそうさま」と言えるしんちゃん、とっても偉い!と思った一品なのでした。

ロボとーちゃんのピーマン100%炒め 前篇

〜ふと思い立って の巻〜

今回作成するのは、映画「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」に登場する一品です。

クレヨンしんちゃんといえば、幼い頃からずっと観つづけている定番、そして安定のアニメです。
昔は教育上、下品で宜しくない等の批判を受けたこともありますが、最近映画は感動させられるものが多く評価が改められていますね。

昔よりも下品さや際どさが減ってしまったことは否めませんが、作風がガラッと変わったわけでもないのが長くに渡って愛される秘訣でしょうか。

今でも日課のようになっていて、なんとなく観つづけています。
毎週のアニメの日常ネタ系も好きですし、映画の感動・情熱要素が強いものも好き。

ガチンコ!逆襲のロボとーちゃんは、2014年に公開された比較的新しい映画。
主人公、野原しんのすけのとーちゃん、野原ひろしが腰を痛めて入ったメンズエステから物語は始まります。

怪しげなエステで寝ている間にロボットに改造されちゃった!?
ということで、とーちゃん改め「ロボとーちゃん」と化した野原ひろし。

大喜びのしんのすけに反し、状況が把握しきれず拒否反応をしめす妻、みさえ。
ロボットの体になっちゃったことで、「家族」というものを見つめなおすキッカケになります。

そして物語は、ロボとーちゃんをそんな体にした怪しいエステの正体へと進んでいくのですが‥

紆余曲折あって、悪の組織と対峙した野原一家。
しんのすけが悪の首謀者に「カッコ悪い」と挑発をしたことで怒りを買い、記憶を初期化されたロボとーちゃんを使っておしおきをされるハメに。

コンピューターがはじき出した、野原しんのすけに対する最も残忍なおしおき。

それは、しんのすけの大嫌いなピーマンを山ほど食べさせることでした。

悪の組織側は、「えっ、それって効くの?」と呆れ気味です。
でも、野原一家の衝撃たるや。

みさえの発する「しかも、ひとかけらの肉もないピーマン100%炒め‥ッ!」というセリフが秀逸です。

ということで、なんだか山盛りのピーマン100%炒めのビジュアルを実際に見てみたくなりました。

レッツ調理!

【用意するもの】
005
山盛りピーマン。

006
ロボとーちゃんのピーマン炒めは、不思議なことに切り方が複数混ざっています。

縦半分にカットしたもの、乱切りにしたもの、輪切りにしたもの‥。

一体どういったプログラムでそうなっているのかは不明。
ピーマンをじっと見つめて考えます。

007
「もしや、火の通り方が大きさで違うから、それを解消する為?」とひらめき。

ひとまず、ピーマンを大・小の2つに分類しました。

008
まずは小ぶりなピーマンは火の通りが良いから、縦半分にカットする大きいカット法に使います。

010
手や包丁でヘタと種を取り、中の白いワタを取り除きます。

012
乱切り・輪切りにするものは、ヘタを指で押し込むと簡単に種もワタも引っこ抜けます。

013
先端と根っこ部分は、輪切りにするには形が良くないので斜めに切り落とします。
これが乱切り分。

017
輪切りする前に、ワタが残っていないかチェック。

018
残った部分を輪切りにして、カットが完成!

020
ロボとーちゃんは全自動で処理できるのだろうけれど、量があると手動では結構手間ですね。

019
でも、ピーマンは見事にピーマン本体と、種・ワタに分かれました。
少しも実を勿体無くすることない処理能力、さすがロボとーちゃん。

ピーマン炒めですから、あとはこれを炒めるだけ。

‥はて、あとはどこに特徴を出せば良いでしょう。
味付けはどうしようかな?しんちゃんのツライ味‥。

イジワルな妄想が膨らみつつ、次回、「ロボとーちゃんの中身って?」の巻へ続きます。

セレブ・デ・トマトのトマト蜂蜜

前回、セイントオクトーバーに登場するヨシュアさん作のトマトタルトを作成しました。

仕上がったトマトタルトは、スイーツとしてのトマトもあり!と思わせる出来でした。

そのまま食べたり、冷やしてカスタードをアイス状にしたりと楽しんだのですが、
実は、あるものを加えて楽しんでもいました。

099
それは、以前頂いたセレブ・デ・トマトのトマト蜂蜜。

セレブ・デ・トマトは高糖度トマトや特殊トマトなど、あらゆるトマトのスペシャリスト。
トマトの製産や加工食品も取り扱っていますが、一番有名なのは、表参道にある同名のレストランです。

レストラン「セレブ・デ・トマト」は、珍しいトマトフレンチ料理専門店。
こだわりのトマトジュースに、トマト加工品、料理に合わせたトマトを厳選した一皿一皿が素晴らしいお店だそうな。

一度は行ってみたいのですが、なかなか足を運ぶ機会がないのが悲しい現状。

そんな中、こちらで有名なトマト蜂蜜を頂きました。
お店でもバケットに添えて提供されていたりと実際に使われている蜂蜜で、味が気になっていつつ勿体無くて開けるタイミングを逃していました。

でも!トマトタルトといったら、まさにピッタリのタイミング。
念願叶って蓋を開ける日が来たのです。

094
トマトタルトに放射状にトマト蜂蜜をかけてみました。

色は優しい赤色で、とろみは少しサラッとした蜂蜜です。
直接舐めてみると、ケチャップとは違って、フレッシュなトマトの味がしっかり出ていました。
トマトの香りと酸味が広がり、そのあとに蜂蜜の甘いまろやかな味が包みます。

思っていたより主張しない味で、タルトには勿論相性が良かったのですが、他にも良いかも。
味は濃厚なのに、くどくなく、後味は綺麗です。

紅茶に入れてみたり、バケットに加えたり、料理に上手く使ってみたいな、とワクワク。
とっても嬉しい頂き物でした。

ヨシュアさん作トマトタルト 後篇

〜トマト要素はここに加えることにした の巻〜

今回は前篇・中編・後篇の3部構成です。
前篇は→コチラ←
中篇は→コチラ←

023
タルト生地が焼き上がったら、あとは中をどうするかです。

作中で切り分けて食べているシーンでは、断面図が綺麗にでています。
固めにゼラチンで安定させた生のカスタードか、それとも焼いたクラフティか‥。

迷った挙句、トマトに艶のあり丸みのある状態を再現したいので、加熱は行わないことにしました。
ということで、カスタードクリーム作りスタート!

【用意するもの】
026
牛乳、砂糖、バニラエッセンス、卵黄、生クリーム、薄力粉

バニラエッセンスはバニラビーンズでも可です。
出来上がりにバニラの粒粒をなくしたいので、今回はエッセンスで。

028
牛乳にバニラエッセンスを加え、沸騰直前まで温めておきます。

029
卵黄と砂糖をボウルに入れ、泡立て器でかき混ぜます。

031
最初は卵黄の色が強いですが、

033
混ぜていくうちに白っぽく、もったりとした質感になります。

034
白っぽくなったら、薄力粉を加え軽く混ぜます。

040
薄力粉を加えたら、温めた牛乳を数回に分けて加えて、混ぜます。

044
牛乳を加えきったら、鍋に生地を注いでとろ火〜弱火で加熱します。
ダマが出来てしまわないように、スパチュラや木べら等で絶えずかき混ぜます。

046
最初はシャバシャバの状態ですが、じっくり混ぜて加熱していくと‥

048
生地を落とすとリボン状、もったりとした状態に仕上がります。

タルト生地の中に注ぐので、このカスタードは固めに仕上げましょう。

052
このままだとダマが入っていたりして食感が悪いので、茶こし等で漉します。

055
同じように、よく泡立てた固めの生クリームを作ります。

057
ボウルに入れたカスタードに生クリームを加えて、さっくり混ぜあわせます。
これでカスタードクリームの出来上がり!

059
タルト生地にカスタードクリームを注いで、スパチュラで全体をなだらかに慣らします。

062
あとは、砂糖漬けのトマトの水気を切って、タルトの中に埋めていきます。

063
軽くお箸で押し込むと、丁度良い埋まり具合に。

最後に、トマトにツヤ出しをしたいので、ナパージュ作りをしようと思ったのですが‥
トマトタルトと名乗らせておいて、トマト要素が砂糖漬けのトマトのみというのは寂しい。

077
ということで、ナパージュの代わりに、トマトの砂糖漬けの汁に蜂蜜を加えて最後のトマト要素!

078
刷毛で軽く塗ります。

087
これで、トマトタルトの完成!

093
カスタードクリームが緩かったり、切った時にトマトの断面を楽しみたい場合は、出来上がったタルトを冷凍しちゃっても。

アイスタルトにすると、トマトがシャーベット状になって爽やかさがアップして美味しい!

カスタードクリームは甘めにしたので、トマトの酸味が丁度良いアクセントになっています。
冷凍庫から出してすぐも美味しいけれど、少し溶け始めた頃のカスタードのとろっとなめらかな舌触りといったら!

ミステリアスな作品のイメージにも合う、品の良い味で、なんだか大人なお味。
紅茶はもちろんのこと、お酒にも合いそうな味でした。

ヨシュアさんのタルトは垢抜けてますね。
作る前は「やはりトマト(野菜)よりもフルーツで作ったほうが甘くて美味しかったです‥」という結論になるのではと心配していたのですが、このトマトならではの味が良い。

さすがパティシエ顔負けの腕前!と納得の一品なのでした。
他のケーキもまた作ってみようかな‥。