こどもの日に食べるもの

IMG_3318

5月の端午の節句が近づくと、和菓子屋さんには柏餅が現れますね。
でも、地方によっては柏餅以外のものがあるようです。

関東では柏餅、関西では粽(ちまき)がメジャーなようですが、私の地元である北海道はその2つとはまた別のものです。

北海道で端午の節句に食べるもの、といえば「べこ餅」でしょう!
どの和菓子屋さんにも必ず言っていいほど並べられる一品です。

木の葉の形を模した、白と茶のツートンカラーが特徴的。
すあまやういろうのように、もっちりとして甘みのある生地で作られています。

名前の由来には諸説ありますが、白と茶の柄が牛に似ていることから、「べこ(牛)餅」と呼ばれたそうな。

もっちり、ねっちりとしていて、茶色い部分は黒糖味。
きらびやかさはないのですが、しみじみ旨いのです。

子供の頃には全国的なものだと思っていたので、北海道を離れて初めて北海道限定のものだと知りました。

久々に食べたくなって送ってもらったべこ餅。
マルセイバターサンドで有名な六花亭さんのべこ餅は、残念ながら丸い形でした。

柔らかめで上品に仕上げられているので、初めて食べる方にはオススメかも。
文句を言いつつも、何年かぶりに食べるべこ餅は非常に美味しかったです。

くどくなく、素朴で、黒糖の風味が口に染みこむあの感じ。
食べる時、なんとなーく無口になって集中してしまいます。

和菓子のなかでも一二を争うくらい、好きだなぁ。

でも、ローカルの歯にくっつくような、ちょっとごわごわっとするチープなべこ餅も食べて頂きたいものです。

5月に北海道を訪れる機会のある方は、べこ餅を是非ご賞味くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です