ルパンが本場で食べる絶品カルボナーラ 後篇

前篇をお読みでない方はコチラをクリック。
パスタを茹でて、ニンニクの香りを出して‥と、基本のパスタと同じ行程はつつがなく終わりました。
ここからは、普段使わない食材を使って作るので張りきりどころ!
 
054
ニンニクの香りを移したオリーブオイルに、パンチェッタを絡めます。
 
061
パンチェッタに油が馴染み、パチパチとしてきたら、茹で汁を加えていきます。
作中のカルボナーラはパンチェッタが「カリカリ」よりも身がふっくらとしていたので、今回は早めに茹で汁を加えます。
パンチェッタ炒めると、思っていた以上に良い香り!ベーコンとはまた違う香りで、生ハムの類のねっとりとした肉の香りがします。たまりません。
燻製系の香りが苦手な人は、少量の白ワインを加えて香りを抑えても良さそうです。
 
064
茹で汁を加えたら、フライパンを煽って水分と油分をよく混ぜ乳化させます。
乳化は美味しいパスタの基本!いつもより丹念に混ぜました。
 
066
そうこうしている間にスパゲッティが茹で上がりました。
茹で上がった後に絡めたりとタイムロスがあるので、湯で時間は、規定の湯で時間よりも1〜2分早めに。
 
070
まずはパンチェッタを炒めたフライパンにスパゲッティを投じ、麺全体に油とパンチェッタをささっと絡めます。
 
071
絡め終えたら、お次は今回の要、チーズ&卵黄のボウルと絡めます‥!うまくいくのかドキドキ。
ボウルはギリギリまで湯煎して柔らかい状態です。
 
073
麺にチーズを絡め溶かすような感覚で、手早く混ぜます。
思ったより麺の温度が落ち着いていて、卵が固まることもナシ!
 
074
ただ、汁気が足りなくて混ぜづらかったので、底にちょっとチーズと卵黄の固まりが残っちゃいました。
勿体無いので、茹で汁を加えて混ぜたら、無事良い感じのクリーミィなソースに。
 
077
あとは冷める前に手早く仕上げ!
器によそって、黒胡椒を持ったら‥
 
080
たっぷり、ガリガリと黒胡椒を挽く!
カルボナーラは、黒胡椒を炭に見立てて「炭焼き職人風」と呼ばれることもあるパスタ。黒胡椒は最後の大事なポイントです。
これで、ついに完成!
 
084
フォークで巻くと、 生クリームを加えるカルボナーラよりも、チーズによるとろみはねっちりと密度が濃い感じがします。
なんといっても、削りたてのパルミジャーノ・レッジャーノの香りがたまらない!削っていた時も芳しい香りでしたが、そこにオリーブオイルやニンニク、パンチェッタの香りがプラスされると‥もう無敵の香り。
この香りは、ルパンのように目をキラキラさせるのも納得。くるくるとフォークで巻きつけて、目を閉じて味わいましょう。
もう、上質な食材で本場のものを作ると、これほどまでに違うのかと感動を感じる美味しさ。
パンチェッタわざわざ買わなくても、ベーコンでもいいかな‥なんて少しでも思った私が馬鹿だった!パンチェッタの、塩気に凝縮された生肉の旨味が全体に広がって、そりゃあもう最高に美味しい。
パンチェッタ自体から旨味が逃げているわけでもなく、噛みしめる度に旨味が広がります。パンチェッタの独特の香りが、パルミジャーノ・レッジャーノにまた合う。
旨いチーズを飲むようにすする幸せを感じられるパスタです。
今まで色々なアニメシを再現していくなかで、ちょっと高いチーズを買ってみたりもして分かっていたものの‥高いチーズってやっぱり美味しい!
ちょっとクセのある香りがたまらなく旨いです。そのままだとまとまらないであろう存在感の強いそれらも、黒胡椒でピリッと締まっているのがまた良い。
これはもう、もとのカルボナーラには戻れないかもしれません。意外と失敗のおそれもなく、びっくりするほど簡単に出来たのがまた罪です。
禁断の扉を開けてしまった‥さすがルパン!期待を裏切らない充実感に満たされた回でした。
ごちそうさまでした。

“ルパンが本場で食べる絶品カルボナーラ 後篇” への4件の返信

  1. これはまた美味しそうですねぇ
    日本のパスタ屋さんとか、レシピ検索で出てくるカルボナーラって大半が生クリームか牛乳が入りですよね。
    私が食べたことあるのも、そのタイプばっかりかも?
    それはそれでとろ〜んとして美味しいですが、チーズ大好きなので♡このカルボナーラはかなり魅力的です…
    作ってみたいのですが、まずはパンチェッタを売っているところを探さなければ!
    ルパンのパスタというと、前にアニメシさんが作っていらしたミートボールのパスタのイメージが強いのですが、こんなお洒落なパスタもあるのですね。まだまだ勉強不足です꒰꒪꒫꒪⌯꒱
    今回も、素敵なアニメシをありがとうございました♡
    かなり冷え込みが厳しくなってきました。関東では雪が降るかも…?との話でブルブルです。
    お体に気をつけて、また美味しそうなアニメシを期待しております〜

    1. 杏奈様
      コメントありがとうございます。
      私も日本の生クリーム入りのまろやかなカルボナーラも好きですが、本場のカルボナーラがずっと気になっていたんですよね。
      ファーストインプレッションは大事に!と思って奮発したパンチェッタとパルミジャーノが良い仕事をしてくれました。
      カルボナーラはクリームパスタではなく、チーズパスタなんだ!と感動モノです。
      パンチェッタがどうしても手に入らない場合は、ベーコンと生ハムを半分ずつ入れると良いかもしれません。
      生ハムの燻香と塩気が、パンチェッタのそれに近づけてくれます。
      これからも美味しいもの探索します!旨し糧を!

  2. サイトのデザイン、前の方がよかったです。いつも暇なとき読んで楽しませていただいてましたが非常に読みづらくなりました。スクロールをひたすらしないと読めないし本当に残念です。

    1. ゆゆ様

      貴重なご意見ありがとうございました!せっかく来てくださっているのに、読みづらい思いをさせてしまい申し訳ありません。
      今後のデザイン改良の参考にさせて頂きます。
      少し話は逸脱してしまいますが、しばらく更新ができていなかったので「楽しませていただいていた」という言葉に、読んでくださっている方がいるのだな、と嬉しかったです。
      今後も細々と続けていく予定ですので、どうか暇なときはまたお越しいただければ幸甚です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です