かん水は無くても良かった‥?

NARUTO ナルト ビストロ・アニメシ ラーメン 手作り麺
当ビストロで作成した、「NARUTO」の一楽のラーメン

なると、麺、チャーシュー、そしてスープを手作りした手間のかかった一品。
中でも麺作りは未知の世界で、分からないことだらけでした。

一体あの黄色がかった麺は何なのか?卵でも入れているのか?
あの細くてコシのある麺はどうやればできるのか?

調べてみると、それらのポイントは「かん水」だということが判明しました。

かん水とは麺に加える食品添加物の一種の、アルカリ塩水溶液。
そもそもは麺にコシをだす為のもので、かん水を入れると麺が黄色くなるという特徴があります。

つまり黄色い色は偶発的なものだったわけですが、長い時間を経て「ラーメン=黄色い麺」が一般的なイメージとして定着したのです。

確かに、黄色くないラーメンの麺を想像すると、何やらピンときません。

そういうわけで、黄色い麺にするため、コシを出すためにも、かん水は必須。
取り扱うお店がなかなかなく、手に入れるのに苦労しましたが、何とか入手しました。

かん水も手に入れたところで、麺の作り方全般に関しては、この本を購入し、準備は万全!
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!

本を開いて、作り方の手順を参考にさせてもらおうとしたところ‥
本の中には、驚くべき内容が記載されていました。

要約すると、手に入りにくいかん水の代わりに、重曹を使って本格的な麺が作れるとのこと。

かん水を使わなくても美味しく作れるレシピまで載っているではありませんか‥!

手元にあるかん水を見て、「一足遅かった‥」と呟くスタッフ。

手に入れるのは、やはり手間がかかるかん水。
苦労して手に入れたので、何とも言えない意地もあり、今回はかん水を使用したレシピを掲載しました。

しかし、重曹で手軽に美味しく出来るのならば、今度は重曹を使用したレシピも試してみたいところです。

この本の中には、麺の分量の他にも簡単で美味しそうなレシピが多数掲載されています。
麺作り初心者さんには是非オススメの本ですが‥

嬉しいような、切ないような気持ちになる事件なのでした。