薫製の敵はタール

もののけジャーキー(前篇後篇)やマルクルかぶりつきベーコンエッグ(前篇後篇)で利用した薫製器。

ソト(SOTO) いぶし処 お手軽香房 ST-124
ソト(SOTO) いぶし処 お手軽香房 ST-124

こういった簡易的なものでも十分楽しめるアウトドアグッズです。
お手軽、簡単に美味しい薫製を作るには少しだけコツみたいなものがあります。

タール対策

写真では分かりづらいかと思いますが、天板の裏側にクッキングシートが貼ってあります。
これは何の為かというと、タールが垂れてこないようにする為の対策です。
薫製はチップと呼ばれる木くずのようなものを燻して煙をおこすのですが、その煙にはタールが含まれており、天板に付着します。
付着したタールは溜まってくると、垂れてしまい、燻した食べものに付いてしまうのです。
タールが付いた部分はとても苦く、せっかく美味しくできた薫製の味を台無しにしてしまいます。

そういったタールの垂れを防ぐため、天板にクッキングシートを貼っておくと、シートがタールを吸収し垂れてこないのです。

スモークキット・3本入り金網付き
スモークキット・3本入り金網付き

こんなダンボールの使い捨ての薫製器もありますが、これはそもそもが紙なので対策なしでも美味しくできるようです。