ビッグバーグを食べる。家族の絆を確かめた時のならわし。 後篇

前篇の「とにかくビッグ。エビねつ造作戦! の巻」をお読みでない方は、まずはコチラ

ビッグバーグ:タイトル後篇

~IHで鉄板焼き、成功なるか!? の巻~

エビフライの準備が出来たところで、今回はいよいよビッグバーグの作成です。

ビッグバーグ 材料
まずはハンバーグ本体。
玉ねぎ、ナツメグ、卵、牛乳、パン粉、ブリッコリー、人参、塩、胡椒、合い挽き肉

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
材料の卵の他に、目玉焼き用の卵も用意しておきます。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
そしてハンバーグのソース。
ケチャップ、中濃ソース、醤油、砂糖、赤ワイン、バター

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
牛乳にパン粉を入れてふやかします。

022
パン粉をふやかしている間に玉ねぎをみじん切りにします。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
みじん切りし終えたら、パン粉は軽くかき混ぜておきます。

037
熱したフライパンに油をひいて、玉ねぎを炒めます。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
玉ねぎがキツネ色になったら火をとめます。

059
お皿に移して、熱を冷まします。

053
ひき肉をボウルに入れます。

069
ふやかしたパン粉を投入。

072
卵を割り入れます。

079
熱がひいた玉ねぎも投入。

084
ナツメグを振り入れます。

086
あとは、胡椒をかるく振り‥

089
同じように塩を入れます。

098
あとは、これを手でよくこねます。

100
粘りがでるまでこねます。
目安としては2~3分。こね過ぎてしまうと、仕上がりがパサついてしまうので要注意です。

101
今回は2人前なので、タネを二等分にします。

104
まずはひとつ、手にとって形を整えます。

105
焼く時に形がボロボロと崩れてしまわないように、手と手でキャッチボールの要領で叩きつけます。

106
5~6往復が目安です。

113
最後に、火が通りやすいように片方の面に指でくぼみを作ります。

116
おなじみiPodと比較。
なんとも本当にビッグなバーグ。手やお皿からこぼれてしまいそうなまでに大きいので、取り扱いには注意です。

117
一つ目を焼く時だけ、フライパンに少量の油をひきます。

123
焼けてくるとハンバーグから肉汁と油が出てくるので、二つ目以降は油をひかなくてOKです。

135
ハンバーグを焼いている間に、つけあわせのブロッコリーをカット。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
器に水を少量入れて、入れておきます。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
にんじんもカット。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
同じ器に入れます。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
ふんわりとラップをかけて、レンジで1分~2分弱温めます。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
そうこうしている間にハンバーグの反面が焼けました。
反面が焼けたら、ひっくり返して焼かずに鉄板へ。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
焼いた方が上になるように乗せます。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
もうひとつも同じように焼き、先ほどレンジで温めた付け合わせの野菜をセッティングします。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
ハンバーグがデカすぎて、人参は無理やり埋め込む形になってしまいました。
それにしても圧巻の大きさ。
出来あがりに期待が高まります。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
付け合わせを乗せたら、アルミホイルを被せます。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
鉄板プレートをハンドルで掴む部分だけ残して、全体をしっかり包みます。

いざ!200度のオーブンで20分前後焼きます。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
ハンバーグを焼いている間に、ハンバーグソースの作成に進みます。
バター以外の材料を混ぜ合わせます。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
ハンバーグを焼いたフライパンを、肉汁を捨てずにそのままの状態で、再度熱します。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
混ぜ合わせたものをフライパンに注ぎ、沸騰させます。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
煮立てて赤ワインのアルコールを飛ばします。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
アルコールが飛んだら、火を止めてバターを入れます。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
あとはバターが溶け切るまで混ぜたら出来あがり。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
器に入れて味を落ち着かせておきます。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
ハンバーグの出来あがりが近づいたところで、エビフライを揚げ始めます。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
繋ぎ目の部分が崩れないように、そっと油の中に落とします。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
エビフライ同士がくっつかないように気を付けながら、じっくり揚げます。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
片面が揚がったら、そっとひっくり返します。
‥と、ここで思わぬ事態。

先ほどまで真っすぐだったエビフライたちが、徐々にくるりと丸くなってきてしまいました。
これは目的のまっすぐなエビフライにならない恐れが!

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
お箸で強制的に背筋をピンとさせようと試みるも‥

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
問答無用で元通りになってしまいます。

無理やり何とかしようとすると、せっかく綺麗に繋がったエビフライが分裂してしまいそうだったのでここは諦めることに。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
揚げ終えたら、バットに置いて余分な油を落とします。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
エビフライの油を落としている間に、目玉焼きを作ります。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
目玉焼きができたころで、ちょうどハンバーグが焼きあがりました!
肉汁がジュウジュウいっています。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
アツアツを食べたいので、食べるギリギリまで加熱します。
鉄板プレートをすばやくIHに移して、再び高温で加熱。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
高温で肉汁がジュウジュウしているところに、ソースをかけます。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
目玉焼きを乗せます。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
目玉焼きの上にもソースをかけ、ソースが沸騰するまで火にかけます。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
ソースがグツグツ沸騰したら、火を止めて木製の受け皿に乗せます。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
エビフライにたっぷりとタルタルソースをかけたら‥

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
出来あがり!

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
ちょっと丸くなってしまったエビフライも、タルタルソースをかけたことで自然に見えます。
エビフライもハンバーグも目玉焼きも、鉄板からはみ出んばかりの大きさ。
もう、たまらなく美味しそうで我慢の限界です。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
ここは原作に忠実に、パンとコーラを用意して、いざ!実食です。

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
肉厚なハンバーグを切った途端にジュワっとあふれ出てくる肉汁!
目玉焼きの黄身とソースに絡めて食べると、もうこれは美味しくない訳がありません。

大きなハンバーグを口に頬張るという行為は、とても充実感に満ち溢れています。
口いっぱいに広がる、ジューシーな肉の旨味。
ほんのり甘くてコクのあるソースが、ファミレスのハンバーグを彷彿とさせます。

そして主役の座を奪われてしまったエビフライですが、こちらもハンバーグに負けず劣らずの美味しさ。
大きなエビがプリプリとして、衣はサックサク。
たっぷりのタルタルソースがまた絶品です。

どちらも、鉄板プレートでアツアツを食べることで美味しさが増大しているように感じました。

大満足のアニメシでした。これぞビッグバーグ!

ビッグバーグ 交響詩篇エウレカセブン ビストロ・アニメシ
前篇も含め、このビッグバーグの前説・後説に関しては、広報担当の吉岡が書いていたりします。
文体の違いにお気づきでしたでしょうか?

ビッグバーグを熱望し、メインシェフの土谷にDVDを貸したにも関わらず、1話2話を適当に流し見ただけで、この数カ月、ビッグバーグは先送りされてきました。

「鉄板がない」と言われ、クーポンサイトでゲットした1,000円のAmazonクーポンを献上し、鉄板を購入してもらいました。
それが、エウレカセブンにかける情熱というものではないでしょうか?

ビッグバーグ:オシマイ

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

コメントを残す