012359

当ビストロは、名前の如く「アニメシ」専門店。

アニメの中に登場する料理を再現して食べる!というテーマの元ブログを更新していますが、記念すべき100記事目ということで、今回はアニメシ以外の料理にチャレンジしてみようと思います。

今回テーマにするのは、「キャラ弁」ならぬ、キャラメシ。

ターゲットは、数あるキャラクターの中でも人気の高い、ドラゴンクエストのスライムです。
ゲームをプレイしたことがなくても、スライムを知っている人は多いのではないでしょうか?

敵にも関わらず、愛くるしく癒される風貌。
最近ではコンビニでスライムの形をした肉まんが発売され人気を博しましたが、せっかくならば、あのプルプルさも再現したいところ。

というわけで、ぷるっぷるのスライムゼリーに挑戦です!

【用意するもの】
004
ブルーキュラソー、ガリガリ君(ソーダ味)、デコペン白・赤・茶、ゼラチン

033
ゼラチンをボウルに入れます。

035
そこに熱湯を注ぎこみます。

036
ゼラチンが溶け切るまで、よくかき混ぜます。

042
そこに、ガリガリ君の常温で溶けたものを注ぎ、よく混ぜます。

047
色付けにブルーキュラソーを入れてかき混ぜます。

055
ビニール袋に注ぎ込み‥

062
片方に傾けた状態で、鍋などの中にセロテープで固定して吊るします。

064
これで、反対から見た時にスライムの形が出来あがります。

074
スライムを冷やしている間に、スライムの色違いのスライムベスも作りました。
材料のブルーキュラソーとガリガリ君を、オレンジジュースに変えるだけです。

081
こちらも同じようにビニール袋に入れて鍋に固定します。

あとは冷蔵庫で1~2時間冷やすだけ!

085
プルプルの感触を楽しみつつ、ビニール袋からいよいよ取り出します。
先端は特にちぎれやすいので気を付けてビニール袋から剥がします。

087
とれました!
ツルンツルンで、色も綺麗です。

088
形はナイフで切って整えたり、端を中に折りたたむようにして微調整するとよりスライムの形になります。

092
形を整えている間にデコペンを湯せんにかけておきます。

093
あとは、デコペンで顔を書いていきます。

094
ゼリーが冷たくてすぐに固まるので書きやすいです。
失敗しても簡単に取り除いてやり直しが出来ます。

096
ただ、湯せんにかけすぎてチョコが緩いと思わぬ時にチョコが飛び出るので注意。

098
だんだんスライムの雰囲気が出てきました。
最後に口を書いたら、もう出来あがりです。

101
「ピキー!」

スライム ゼリー ビストロ・アニメシ
角度によってはハクション大魔王の壺にも見えますが‥



なんといってもぷるっぷるです。
この質感こそ、スライムの証拠?

火を遣わずに、混ぜて固めるだけの簡単レシピ。
ちょっといつもとは趣向が違いますが、ご家庭でお子様と一緒に出来る楽しいレシピです。

味も子供が好きなガリガリ君に、オレンジ。
お好みでオリジナルのスライムを作ってみてはいかがでしょうか?