手打ちうどんのラビリンス

パール金属  ピアッティー パスタメーカー C-119

料理をする時、決して必需品ではないけれど、使うと離れられないものがあります。

パスタマシンとは、まさにその「離れられない」うちの一つ。
ラーメンにそば、うどん、ほとんどの麺類をカバーする素敵なアイテムです。

生麺の美味しさは感動もの。苦労の甲斐あって、美味しさも倍増します。
どれも大満足の出来栄えでしたが、その中でも得に感動した麺があります。

それは何かというと、コレ。
139
そう、耳をすませばの鍋焼きうどんの回で作成した、手打ちうどんです。
打ち終えてすぐの状態では、いつも見慣れたものとさほど変わりなかったのですが、徐々にその姿を露わにしていきました。

062
ぐらぐらと煮えたお湯で茹でると、そこには透明感のある麺が。
箸で掴まえるのに手こずるほど、つややかで弾力があって、なんとも「生きの良い」麺なのです。

064
流水で麺を引き締めた時に、生醤油とかけて少し味をみると、その旨さに衝撃を受けます。
大げさに聞こえるかもしれませんが、今までのうどんの固定概念を覆される、まるで別物なのです。

当ビストロでは財政の都合上、普段お買い得な乾麺をよく食べています。
そのため、余計に感動したのかもしれませんが、これは誰しもが唸る旨さ。

その影響力や恐ろしく、それまで蕎麦派だったスタッフの一人も、今ではすっかりうどん派に。
たまに無性にうどんが食べたくなる衝動を我々に残しつつも、そこには問題が立ちはだかります。

「乾麺じゃなくて、手打ちのあのうどんが食べたい‥」

日常に取り入れるには、少々労力と時間を要する手打ちうどん。
忙しい時にはやはり乾麺が便利です。

しかし、あの味を知るともう昔には戻れない!

我々の胃袋に大きく爪痕を残した手打ちうどんなのでした。

コメントを残す