その愛、卵20個分!ピノコのデッカイたまご焼き 前編

~割れた卵、どうしますか? の巻~

002

今回作成するのは、コメント欄にてリクエスト頂いた記念すべき一品です。

「鉄腕アトム」や「ブッダ」、「火の鳥」など、沢山の名作をこの世に生み出した漫画界の神様、手塚治虫。
そんな彼の名作の中でも、ここまでポピュラーな医療漫画は他にないといっても過言ではない「ブラックジャック」からの再現料理です。

主人公のブラックジャックは、無免許医でありながら、その技術は不可能を可能にする凄腕医師。
法外な手術代を請求するので、あまり面と向かって感謝されることはなく、孤高の医者です。

しかし、時には手術代をチャラにしたり、何が何でも治そうとする執念たるや、ただのお金好きではないのです。

唯一の助手ピノコは、ブラックジャックに助けられて、この世に生を受けた女の子。
ブラックジャックが心優しいことを知っている、小さなよき理解者です。

シリアスな内容が多い作品ですが、この二人の掛け合いが小気味良く笑いを提供してくれます。

作品の中では何度がインパクトのある料理を作るピノコですが、その中でも印象的なのが「たまご焼き」。

お買い物に出かけたピノコは、大量の買い物で足元がふらふら。
ついに転んで、卵2パック分を割ってしまいます。

でも、そんなことでへこたれないのがピノコ。

一部始終を見守っていた店主に台所を借りて、「もったいないから」と玉子焼きをこしらえるのです。

作ること自体が楽しそうで、その出来上がりもとても楽しそうです。

という訳で、今回はピノコのデッカイたまご焼き作りに挑戦です。

【用意するもの】
001
だし汁、醤油、砂糖、卵

003
まずは卵を、卵白と卵黄に分けます。

004
割れてしまった卵は、無理に卵黄だけ取り除こうとする必要はありません。

005
卵黄のほうに多少卵白が混ざっても良いので、おたまなどで卵黄をすくい取ります。

006
偶然双子さん発見。

008
卵20個分を分けると、卵白の入ったボウルはタプンタプン!

007
卵黄は使うまでに時間があるので、ラップをかけておきます。

010
卵白を、かき混ぜられる量に取り分けます。

011
少量を、白っぽくなるまで泡立てます。

012
何回かに分けて卵白を注ぎ、全体に空気が入るようにかき混ぜます。

013
全体が泡立って白っぽくなったら、砂糖を入れます。

015
砂糖が全体に馴染むように混ぜます。

017
このままではボウルが小さくて泡立て切れないので、2/3の量を別の容器に移しておきます。

018
ボウルのなかの卵白を引き続き泡立てて、メレンゲを作ります。

019
ツノがピンと立ったらOK。

021
メレンゲは別の容器に移しておきます。

022
残りの卵白も、同じようにボウルに戻しては混ぜます。

023
出来上がったメレンゲは、先程メレンゲを入れた容器に追加します。

025
これが卵20個分のメレンゲ。鍋から溢れかけてます。

027
卵黄をボウルに入れ、よくかき混ぜます。

028
だし汁を加え‥

029
お醤油を入れてかき混ぜます。

そして、これをメレンゲと混ぜ合わせるのですが‥

025
この量のメレンゲと混ぜ合わせるには、容器が小さい!

ふんわりとした食感を出すために考えたメレンゲが仇に!?
一体、これをどうやって混ぜれば良いのでしょうか‥

次回、「遂に、物置に眠っていたアレの出番」の巻に続きます。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

「その愛、卵20個分!ピノコのデッカイたまご焼き 前編」への2件のフィードバック

  1. リクエストに答えてくださり
    ありがとうございます!
    うわー!凄いなー!!
    と記事や、写真を見て
    思いました~
    卵黄20個は昔テレビで
    見たことがある感じでしたが
    20個分のメレンゲに驚愕しました
    前編からもう凄く楽しめます!!
    後編を待っています

  2. ペェル様
    コメントありがとうございます!
    リクエストの反映が遅くなり申し訳ありませんでした。
    楽しんでいただけたようで、スタッフ一同ほっと胸をなでおろしています(^^)
    後編も引き続き「デカイもの」が出てくるので、楽しんで頂ければと思います。
    公開まで、しばらくお待ちくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>