引越しミルクキャラメル 後編

前篇の「ミルクだけど、ミルクじゃなかった の巻」をお読みでない方は、まずはコチラ

~失敗は成功の母?~

013
かき混ぜてかき混ぜて、粘りがでるまでじっくり煮詰めます。

014
粘りが出てきたら、水を入れたコップを用意します。
鍋から、ごく少量、生地をスプーンですくいとります。

015
すくいとった生地を水に浸し、すぐに固まったら出来上がりです。
まだ柔らかい場合は、煮詰めたりないので引き続き煮詰めます。

ここでも絶えずかき混ぜます。

016
ここで牛乳の登場。

煮詰めすぎて固くなりすぎてしまった場合、牛乳をひとさじ入れて混ぜれば、牛乳の分生地が柔らかくなり、やりなおしが可能になります。

硬さが丁度良くできた場合は入れなくても大丈夫ですが、慣れないうちは加熱しすぎてカッチカチになる可能性が高いです。

家庭で作るキャラメルは、どうしても硬くなりがちです。
ほどよい硬さになる瞬間を見極める加減が難しいので、煮詰めて粘りをあえて強くしてから、牛乳で和らげると失敗がありません。

019
写真は牛乳を加えてすぐのキャラメル。
沸騰をさせず、混ぜてすぐに火を止めるとこのように粘りが弱く液体に近い頼りない状態になります。

普通のキャラメルにするには加熱が足りませんが、この状態で冷やせば生キャラメルになります。

今回は普通のキャラメルを作るので、牛乳を混ぜ再び沸騰したら火を止めます。

017
油をひいたバットに注ぎます。

018
食べやすい厚みになるようにアルミホイルで壁を作り調整。
キャラメルにつかないよう気をつけて、アルミホイルやラップを上にかぶせます。

この状態のまま10分ほど置いて、粗熱をとります。

指で軽く押して、跡が残らない硬さになったら、バットからとりだし切り分けます。
完全に固まってしまってからだと切りづらいので忘れずに。

020
大きさはお好みで。

022
見た目を再現するために、包丁を軽く当てて溝を作ります。

溝を作り終えたら、冷蔵庫で10分ほど冷やします。

028
クッキングシートや薄い紙、セロファンで包めば出来上がり!

口にポイッと放り込んで食べると、まろやかで甘いキャラメルの風味でいっぱいになります。
コンデンスミルクの優しい甘みと、ほんのりと残る黒糖の風味。
見まごうとこなきミルクキャラメルです!

久しぶりに食べると、じんわり暖かくて懐かしい気持ちになります。

転がして飴のように口に含んで味わいつつ、もぐもぐと噛みしめて美味しさを食べ進める。
つくづく、キャラメルって飴でもガムでもない不思議な存在です。

作りたてのキャラメルは表面が乾燥していないので、全体的にしっとりとしていて美味しいです。

024
ついつい手が伸びては、無言で食べてしまうミルクキャラメル。
ティータイムとは違う、お菓子だけに思いを注いでいた「3時のおやつ」を思い出させる一品なのでした。

ひと粒でエネルギーたっぷりなので、細長くカットしてキャンディのように包むのもオススメです。
冷凍保存も可能なので、たっぷり作っても安心ですが、小ぶりで食べやすいので食べ過ぎに注意です。

サツキちゃん、メイちゃんは勿論、大人のお父さんも美味しく食べたのではないでしょうか。
一人だけもらえなかった引越しの運転手さんが、ちょっと気の毒。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

コメントを残す