サツキちゃんの手作り弁当 LEVEL2 前編

~これをやらねば気が済まない の巻~

ビストロ・アニメシを始めてから早一年が経ちました。
おかげ様で、失敗あり反省ありではあるもののレシピも増え、スタート当時は予想できなかった展開も多々経験させて頂いています。

これからの更なる成長のために、反省の意を込めて過去のメニューを振り返る当ビストロ。
たった一年前だというのに、遠い昔のように懐かしく思うメニューがちらほら。

そんな中、特に目に留まったのは、となりのトトロのサツキちゃんの手作り弁当
ビストロ・アニメシ初めてのメニューです。

‥確かに見た目は悪くないけれど、改めて記事を読み返すと粗が目立ちます。
ご飯は蜂蜜を入れずに単に炊くだけ、桜でんぶもウグイス豆も出来合いのもの。

「何故作らない!?」と、気になり出すと、ムズムズ止まらないもので、自分たちに突っ込んでしまいます。

というわけで、今回は一年経ったビストロ・アニメシの腕の見せ所。
サツキちゃんの手作り弁当第二回目の挑戦のスタートです!

まずは念願の桜でんぶを作ります。

【用意するもの】
001
鱈、昆布、食紅、酒、砂糖

028
食紅はあらかじめ、水に溶いておきます。

002
鍋たっぷりの水に昆布を入れて、沸騰するまで火にかけます。

003
だんだんと昆布が水を吸って膨らんできます。

004
昆布は煮詰めるとえぐ味が出てしまうので、沸騰したらすぐに取り出します。

005
ここで鍋に少量の塩を入れます。

006
鍋に鱈を皮ごと入れ、2分ほど茹でます。

007
茹でている間にザルと濡れ布巾を用意します。
濡れ布巾はザルに被せておきます。

008
茹で上がった鱈をザルにあけます。

009
濡れ布巾を被せたザルごとボウルに入れて、水を注ぎます。

010
流水で身をほぐしていきます。

011
この時、骨や血合いを取り除いていきます。

012
皮も取り除いて、白い身だけが残った状態にします。

013
白い身だけになったら、あとは水が濁らなくなるまでよく洗います。

014
根気よく、頻繁に水を変えてもみ洗いして下さい。
ここで丁寧に洗うことで、魚臭さがなく口当たりの良い出来上がりになります。

016
血合いや骨が残っていないか、隈なくチェック!
指でこするようにすると、身もほぐれるし骨も確認できるし一石二鳥です。

018
身も細かくほぐれ、水が透き通ったらもみ洗い完了。

020
水を切ります。

021
濡れ布巾の端をつまんで、水気がなくなるまでよく絞ります。

022
絞り終えたら濡れ布巾を開けて、身を取り出します。

024
鍋に取り出した身を入れます。

026
そこに砂糖を加え‥

027
酒を注ぎ‥

029
食紅を注ぎます。

030
色にムラがないようによく混ぜます。

031
色が馴染んできたら、箸で混ぜながら弱~中火にかけます。

焦げないように火加減には気をつけ、よくかき混ぜます。
口当たりを良くするために、かき混ぜる時はお箸を複数使い、細かくなるように丁寧にかき混ぜます。

032
だんだんと水気が飛んで、ふわふわとしてきました。
ベチャッとした部分がなくなって、全体がふんわりとしたら火を止めます。

底に焦げ付きやすいので、火を止めてしばらくはかき混ぜ続けます。

あとは、粗熱をとって器に入れると‥

ビストロ・アニメシ 桜でんぶ 桜でんぶの作り方 サツキちゃんのお弁当 となりのトトロ ジブリ飯
淡い桜色が美しい、桜でんぶの出来上がり!

市販のものに比べて色が淡く、ほんのりとキツネ色。

そのきめ細かい仕上がりに、根気よくもみ洗いをした甲斐があった!と喜びつつも、料理はまだこれから!

次回、「ベランダ七輪再決行」の巻に続きます。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

「サツキちゃんの手作り弁当 LEVEL2 前編」への2件のフィードバック

コメントを残す