ニシンとかぼちゃの包み焼きファイナル 前編

~ニシンをまるごと使いたい の巻~

今回作成するのは、魔女の宅急便に登場するニシンとかぼちゃの包み焼き。

そう、前回はサツキちゃんの手作り弁当を再挑戦しましたが、実は本命はこちら。
今までに二度挑戦していたニシンとかぼちゃの包み焼きなのです。

ニシンとかぼちゃの包み焼き スタジオジブリ ジブリ飯 ビストロ・アニメシ にしんパイ
一度目は、見た目こそ良いものの味が強烈な出来でした。

ニシンとかぼちゃの包み焼き アニメシ ジブリ 魔女の宅急便
二度目は、見た目が一度目よりイマイチ。
味はそこそこ美味しかったのですが、その見た目のせいで大満足!とはいかない結果に終わりました。

料理 失敗 アニメシ
作成途中にありえない失敗をしてしまうという、忘れたい思い出も‥

ホワイトソースがダメなのかと思いトマトソースにしてみたり、はたまた「ニシンが生だったからいけないのでは」と燻製のオイル漬けを買ってきたり‥

いつしか、「ニシンとかぼちゃの包み焼きに手を出せば、必ず迷走する」というイメージが付いてしまいました。

頭によぎるは、「私このパイ嫌いなのよね」の言葉。

おばあさんの料理は、孫のセリフにあるように本当に不味いのでしょうか?

おばあさんのためにもこれ以上失敗は出来ない!
ニシンの季節も来たし、せっかくなのでここいらで汚名返上したいものです。

というわけで記念すべき一周年は、そんな難易度の高いニシンとかぼちゃの包み焼きに挑戦です。

生のニシン、燻製オイル漬けのニシンと来て今回は一体どうなるか、必見です。

【用意するもの】
ビストロ・アニメシ ニシンの白ワイン蒸し 酒蒸し ホイル焼きレシピ
まずはニシンの下ごしらえ。
ニシン、ディル、レモン、玉ねぎ、クレイジーソルト、白ワイン

クレイジーソルトがない場合はノーマルな塩でも勿論OK。
その場合はハーブやスパイス類をプラスすると味が締まります。

004
玉ねぎは皮をむいて薄くスライス。

005
ニシンは鱗をそぎおとします。

006
流水で鱗と表面の汚れを落とします。

009
水気を切ったら、表面に数カ所切り込みをいれます。

011
全体にクレイジーソルトをふりかけます。
裏側も同じように、切り込みをいれてソルトをふります。

012
アルミホイルをお皿のように形作り、玉ねぎを散りばめます。

014
玉ねぎの上にニシンを乗せ、白ワインをニシンにかけます。
この時、白ワインがまんべんなく行き渡るように少しずつかけていきます。

013
細かい部分はハケで塗ります。

016
上に輪切りレモンを一枚。

017
最後にディルを全体にまぶします。

018
これで下ごしらえ完了。

「もう生臭いパイは嫌‥」そんな願いを込めて、今回は白ワイン蒸しです。

019
ニシンの上からもアルミホイルを覆い被せます。

021
美味しいエキスが漏れてしまわぬよう、端をしっかり巻いていきます。

020
液漏れが心配な場合は、アルミホイルを何層か重ねると安心です。

022
あとはこれをフライパンに入れ蓋をし、弱火で20分ほど蒸します。

火にかけてすぐは、アルコール独特の匂いに酔ってしまいそうですが‥

10分も経過すれば、さっきまでの匂いは何とやら。
爽やかで馥郁とした、びっくりするくらい美味しそうな香りに早変わりです。

024
わくわくしながら包みを開けると、そこにはニシンの素敵な姿が!

あまりにも良い匂いがフワッと立ち込めるので、このまま食べてしまいたい衝動に駆られるものの、ぐっと我慢。
ニシンの白ワイン蒸しとしてはここで完成ですが、今回作るのはあくまでも「ニシンとかぼちゃの包み焼き」。

まだまだ料理は始まったばかり。
ここからが問題なのです。

ニシンと同等に扱い難いかぼちゃをどうするか!?

次回、「怖くて出来ないカロリー計算」の巻に続きます。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

「ニシンとかぼちゃの包み焼きファイナル 前編」への2件のフィードバック

  1. 一周年おめでとうございます!
    リベンジ第二弾(?)はニシンの包み焼きですか(笑)
    ニシンのワイン蒸しにどうカボチャを
    合わせるのか・・・
    カボチャは独特の甘味が合って他の材料との
    調合が難しいですよね。
    でも今まで同じような難関を超えてきた
    ビストロアニメシさんなら何とかなりますよね!
    一周年記念ですから
    キレイに完成しますよね!(笑)

  2. ペェル様
    掲載が遅れてしまい大変申し訳ありません。
    応援のコメントありがとうございます。
    カボチャはなかなか具を選びますね。
    三度目の正直となるか、後編をしばしお待ち下さいませ!

コメントを残す