沖縄そばとソーキそば

ビストロ・アニメシ エウレカAO 村さ黄の沖縄そば ソーキそば ラフテーの作り方
ビストロ・アニメシでは以前、エウレカセブンAOより村さ黄の沖縄そばを再現しました。

噛みごたえのある麺に、豚骨ながらさっぱりとした鰹だしのスープ。
そして、ほろほろと崩れる柔らかなラフテーが忘れられない‥

そんな至高の一品でしたが、実はあと一歩でお蔵入りになるところだったのです。

原因は、「沖縄そばとソーキそばって何が違うの?」ということ。

実は上に乗るお肉が違うのですが、てっきり同じものだと思っていたスタッフ。
当初、ソーキそばのレシピを考案していたのです。

【沖縄そばとソーキそばの違い】
沖縄そば:三枚肉の角煮。通称ラフテーが上に乗る
ソーキそば:骨付きスペアリブの煮込み。通称ソーキ肉が上に乗る

間違いに気づいたのは、買い出しを済ませた後。
「なんで骨付きスペアリブ肉‥?」という他のスタッフの突っ込みによって、自体が発覚したのでした。

068
一度食べれば、ラフテーがない沖縄そばなんで考えられませんね。

スペアリブ肉はその後、スタッフがちゃっかり美味しく頂いたのでした。

コメントを残す