第1弾 サディスティックな肉ピラフ 後編

前篇の「29の日」の巻をお読みでない方は、まずはコチラから!

~お皿にこんもり‥何人分? の巻~

036
生米が焦げないように、弱火で炒めること数分すると‥

037
米が透き通ってきました。

038
塩胡椒をふり、米の5~6割が透き通ってきたら火を止めます。

040
あとは炊飯器に炒めた具を入れて‥

041
上に牛肉を乗せます。
あまりにも肉だらけで、米と具がすっかり隠れてしまいました。

044
あとはここに、お湯で溶かしたブイヨンを注ぎます。

048
牛肉の臭みが心配な場合は、酒を一振り。

049
蓋を閉めたら、炊飯器のスイッチオン!

肉ピラフは、具材を細かく切って炒めて、あとは炊くだけ。
簡単な手順ですが、この炊き上がるまでの時間がもどかしくもあります。

炒めたお米は無事に炊けるのか、肉は入れすぎて硬くなってないか‥
気になるけれど、炊き上がるのをじっと待つほかありません。

そして今回は白飯ではなくピラフなので、炊きあがってすぐに出来上がりではありません。

009
炊き上がったら、バターをひとかけ落とします。

お米が無事に炊き上がったか目で見て確認したいところですが、ここではまだかき混ぜません。
そしてそのまま、混ぜずに蓋をして5分蒸らします。

バターやブイヨンの美味しそうな匂いが立ち込めます。
うずうずしながら待つ5分の、長いこと長いこと‥

051
ようやく5分経過しました!
しゃもじで米を潰さないように、さっくりと混ぜます。

あとはお皿によそって、最後の仕上げ。

06
黒胡椒を挽きます。

09
適当にちぎったパセリを散らしたら‥

ビストロ・アニメシ 肉ピラフのレシピ ペーター・キュルテンの記録 手塚治虫の作品 ピラフの作り方
出来上がり!

より忠実に再現する為に、大皿にこんもり山盛りです。
ペーターは注文する時に「俺は肉ピラフ!」としか言っていませんが、これは明らかに二人前はありそう。

一人で食べるも良し、取り分けるのも良し。
とにかくこの美味しそうな匂いがたまらない!ということでいざ実食です。

05
スプーンですくえば、肉、肉、肉‥
どこを取っても必ず肉にあたるのが、当たり前であっても嬉しいです。

さすがレストランというだけあって、食べごたえはありつつも上品にまとまっています。

ブイヨンにバター、にんにく、そしてブラックペッパーのそれぞれが良い味出してます。
お肉が細切りなので、沢山入っていても油っこくなくモリモリいけます。

心配していた無事にお米も、パサパサせず、ベタつかず、良い塩梅。
お米にしっかり味が染み込んでいて、一口一口が美味しいです。

しっかり加熱してあるので「血の滴るような」肉ではありませんが、存分に肉の旨みを活かしたこのピラフ。

作品の重い空気に馴染む、華やかさはなくともずっしりと存在感のある仕上がりとなりました。

シンプルで品の良い外観と、そこに隠れる肉の味‥
まさにプライド高き連続殺人犯の彼にこそ相応しい、そんな一品なのでした。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

コメントを残す