第2弾 最期のカツレツ 後編

前篇の「食べるということ」の巻をお読みでない方は、まずはコチラから!

~おかわりをねだる心境 の巻~

あとは衣をつけて揚げるだけ!というところで、パン粉の比較をしてみました。
両方とも、パルメザンチーズとオレガノを加えた状態です。

0002
こちらが日本のパン粉を細かく摩り下ろしたもの。
見えづらいですが、とてもキメが細かく、ふんわり・しっとりとしています。

0001
こちらがドイツのパン粉。
パン粉一粒一粒が丸く、日本のパン粉に比べて粒が硬めでサラサラとしています。

という訳で、目で分かる違いがあることに感心しつつ、衣をつけていきます。

011
こちらは日本のパン粉バージョン。

035
パン粉が水気を吸いやすいようで、衣をつけ終わった状態を触るとしっとり滑らかです。

018
そしてこちらがドイツのパン粉。

不思議なことに、日本のパン粉に比べて吸着力が良いです。
卵の黄色がすっかり隠れてしまうほどぴっちりと、衣がつきました。
触り心地は、ザラザラと硬いです。

この違いが一体出来上がりにどう影響するのか‥

いよいよ仕上げです。

038
バターをフライパンに落として、香りづけ。

040
サラダ油を注ぎます。

044
衣を落として、すぐに浮いてきたら揚げ時です。

045
端からそっと浸し、落とし入れます。

050
あとは両面を3~4分揚げ焼きして、こんがりキツネ色にします。

07
両面揚げ終わったら、バットに置いて余分な油を落とします。

あとは最後にレモンを添えて‥

08
出来上がり!

063
ちなみに、これが日本のパン粉で作ったカツレツ。

05
そしてこれが、ライマーのパン粉で作ったカツレツ。
見た目が全然違います。

02
せっかくなので熱いうちに、いただきます!

口に入れた途端、衣がサクッとして、柔らかいお肉がじゅわっとします。
しっかり下ごしらえして、ドイツのパン粉を使ったからこその美味しさ。
こんなカツレツが食べたかった!と感動です。

日本のパン粉で代用しても美味しいですが、やはり本場の食材には敵いません‥。
ペーターの「うまいカツレツだ」という言葉にも納得のお味です。

ライマーのパン粉は粒子が細かいので、柔らかいサクサク感があります。
トンカツを食べたときの、ザクザクという感じではなく細かいのです。

しっかり叩いた肉も、歯ごたえ良しで最高。
硬くはなく、箸で切れるほどではないけれど、ふわふわの柔らかさ。
じわじわと滴る肉汁がまた、ジューシーで美味しいです。

味付けは塩こしょうに、パルメザンチーズが少し入った程度。
出来上がりにはさっとレモンを振りました。

さすがにシンプルすぎるかとおもいきや、その完成度は高いです。
とても満足のいく味わいで、食が進むこと進むこと。

冷酷非道の連続殺人犯‥そんな恐ろしいモンスターとして生涯を終えるペーターは、とても哀れ。
しかしそんな彼にも、処刑されるその日まで食事は施されます。

たとえ残りの時間を宣告されても、その瞬間まで生きている限りは無駄な食事などありません。

死の直前に、「もう一皿食わせてもらえんかね?」とおかわりをねだる彼の心理状況は到底理解できません。
しかし、彼が美味しい物を美味しいと思えることが、彼が人間であることの証であり、最後の救いのような気がする‥そんな一品なのでした。

日本のトンカツとは根本的に違うけれど、興味本位でとんかつソースも試してみたかったです。
食べ終わったあとにそう思ったのが、今回唯一の後悔なのでした。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>