ラナの大好物!ナラお手製ラザニア 後編

前篇の「日本ラザニア広報アニメ?」の巻をお読みでない方は、まずはコチラから!

~茹でない生ラザニアの味 の巻~

ラザニアの生地が出来上がったら、次はホワイトソースとミートソースを作ります。

001
ホワイトソースは以前作成した作り方の要領です。

今回はラザニア用に少し固めに作りたいので、生クリームは入れずに作ります。
フライパンでバターを溶かします。

003
小麦粉を加え、バターによく混ぜます。

004
牛乳を加えて、ダマがなくなってなめらかになるまで弱火で煮ます。

008
最後に塩こしょうで味を整えて出来上がり。

次はミートソース作りに進みます。

【用意するもの】
011
ケチャップ、ウスターソース、玉ねぎ、ひき肉、トマト缶、にんにく、コンソメ、ローリエ

014
フライパンに、みじん切りにしたにんにく、オリーブオイルを注いで火にかけます。

018
にんにくの香りがたったら、みじん切りにした玉ねぎを加えて炒めます。

019
玉ねぎが透き通ったら、ひき肉を加えて色が変わるまで炒めます。

021
ひき肉に火が通ったら、トマト缶を入れます。

023
ケチャップ、ウスターソースを加えます。

024
コンソメも加えて、よく混ぜます。

026
トマト缶の汁気を飛ばす為、10分ほど弱火で煮詰めます。

027
ローリエを加えて、5分ほど一煮立ち。

029
煮終えたら、ローリエを取り出し塩こしょうで味を整えて出来上がり。

これで材料の準備は整いました!
あとはソースとラザニアの生地を重ねて焼くだけです。

【用意するもの】
9bea3a29
ホワイトソース、ミートソース、チーズ

チーズは色々な種類をミックスすると美味しくなるということで、今回は3種類用意しました。
特に種類によるミスマッチはないので、家に残っているチーズを使っても美味しく出来ます。

038
そしてラザニア生地。

通常、ラザニアは茹でてから使います。
しかし今回は手作りで、せっかく乾燥していない生麺なので、このまま茹でずに使います。

ちょっとした冒険ですが、一体どうなることか作ってからのお楽しみ!

041
容器の内側にバターを塗ります。

044
ホワイトソースを容器の底が隠れるくらいの量、塗ります。

046
その上にラザニアの生地を乗せます。

047
そして、その上にミートソースを塗ります。

051
あとは、ソースを塗ってはラザニアの生地を乗せていくだけ。

054
ラザニア生地は必ずソースで覆いかぶさるようにします。

059
どんどん山盛りになっていき‥

062
最終的にこうなりました。

063
上にまんべんなくチーズをまぶします。

067
あとはオーブンでじっくり焼きます。

待つこと20分。
とても良い匂いが立ち込めるオーブンから、焼きあがったラザニアを取り出します。

072
お皿に移して、ようやく出来上がり!

ラナが「うひょー!」とナイフとフォーク掲げて喜ぶのも納得。
ボリューミーで元気が出そうな外観に、香ばしいチーズやソースの香りが鼻をくすぐります。

068
チーズがとろけて、まだぐつぐつと煮えてとても美味しそう。

d9d9467a
火傷に注意して、ナイフとフォークで切り分けます。

084
熱々を頂きます!

ピザに似た外観ですが、思いのほか優しい味でびっくり。

グラタンのようなまろやかさに、ラザニアの生地がとてもとろりとした食感で美味しいです。
ホワイトソースとミートソースの相性も抜群!

ラザニアの生地に2色のソースの味が染み込み、もっちりとした噛みごたえが癖になります。
子どもから大人まで楽しめるクセのない味わいで、ついつい食べ過ぎてしまいそう。

大家族のラナのように、皆で取り分けるのも楽しみの1つになりそうな一品です。
ラナがラザニア好きなのはそういった理由もあるのかも知れません。

ラザニアの生地やソースは、作りおきして冷凍保存が出来ます。
なので、たっぷり作り溜めしておけば、あとは重ねて焼くだけで簡単。

体が温まるので、これからの季節にもうってつけ。
ラナのにぎやかな家庭を垣間見る一品なのでした。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

コメントを残す