第一部 古代ローマの食材 前編

~先人の度胸に‥乾杯!フライドウツボ の巻~

024

今回作成するのは、テルマエ・ロマエに登場する古代ローマ弁当。

テルマエ・ロマエはラテン語で「ローマの浴場」。
その名の通りお風呂をテーマとした漫画で、古代ローマの浴場設計技師ルシウスが、浴場を通じて現代の日本にタイムトラベルをするお話です。

浴室建築のアイディアに思い悩むルシウスが、タイムトラベル先の日本で温泉玉子を知り、シャンプーハットに感嘆し、ウォシュレットに驚愕する‥

考えてみると、日本人のお風呂環境への情熱ってなかなか凄いものです。
ルシウスがカルチャーショックを受ける姿が笑いを誘い、そしてお風呂に入りたくなる作品。

今回の古代ローマ弁当は、そんなルシウスの気になる女の子、小達さつきちゃんの作ってくれた一品です。

ルシウスが古代ローマ人なのか半信半疑ではありつつ、故郷を離れているルシウスを思い、本を広げてそれらしいものを作るさつきちゃん。

古代ローマのパニス(パン)に、カタツムリ、ウツボ‥。

あまり、甘い恋の気配がしない献立ですが‥彼女の真心込めて作ったお弁当。
不味いはずがありません。

日本の温泉を貪欲に学ぶルシウスのように、異文化を頭ごなしに否定するのはよくありません。
食わず嫌いは止めて、ここは実際に作って食べてみましょう!

ということで、今回は第2部に分けて古代ローマ弁当の再現に挑戦です。

まずは「ウツボの揚げ物」の調理からスタート!

023
ウツボなんてそうそう手に入らないだろうと思ったのですが、ネットで購入出来ました。
骨なしの便利なウツボが、クール便で到着。

026
箱を開けると、そこには飾りの葉と冷凍ウツボ。

028
普段食卓に上がる魚介類とは違う、まるで蛇のような柄が確認できます。

031
カチカチに凍っているので、バットの上などに乗せて解凍します。

解凍し終わったら、次は臭み取りに進みます。

【用意するもの】
01
ウツボ、白ワイン、ナツメグ、胡椒、塩、にんにく

004
ウツボに、ナツメグ、胡椒、塩の順に振りかけて馴染ませます。

005
スライスしたにんにくをまぶします。

008
白ワインを注ぎ、全体を軽く揉みます。

012
あとは下味がつくまで冷蔵庫で寝かせます。

1~3時間経過したら、下処理OK。

冷蔵庫からウツボを取り出し、ザルに開けて水気をしっかりと切って衣付けに進みます。

【用意するもの】
041
コンソメ、黒胡椒、牛乳、卵、小麦粉

047
卵は白身と黄身がよく溶きほぐれるように、かき混ぜます。
そこに牛乳も加えて混ぜます。

049
水気をきったウツボをバットに広げ、卵液を注ぎ込みます。

051
ウツボのすみずみまで卵液が染みるよう、このまましばらく浸しておきます。

053
ウツボを卵液に浸している間に、粉の準備。

055
小麦粉に胡椒とコンソメを加えて、混ぜあわせておきます。

056
粉の色にまだらな部分がなくなったら混ぜ上がりです。

060
卵液に浸していたウツボを取り出し、余分な卵液を拭きとってから粉の上に乗せます。

061
粉を全体にまぶしていきます。

064
ところどころにコンソメの色が確認できますが、あの独特の柄は小麦粉で隠れました。

こうして見ると、ごく普通の魚のフライのようですが、揚げると一体どうなるのでしょう?

067
キツネ色になるまで、油で揚げます。

073
揚げ終わったウツボ。
皮は黒いので分かりますが、あの独特の柄が分からなくなりなりました。

077
衣をカリッと仕上げる為に、最後にさっともう一揚げ。

ウツボの揚げ物 ビストロ・アニメシ テルマエ・ロマエ
バットに乗せて、余分を油を落としたら出来上がり!

意外なことに、見た目も匂いもとても美味しそうです。
こんがり綺麗なキツネ色に、食欲そそるスパイシーな香りは、まるでフライドチキンのよう。

しかし、この中身はチキンではなくウツボ。これはフライドウツボなのです。
古代ローマ人のルシウスの口に合うように、洋風の味付けにしたのが幸を成すのか、それとも‥

続きは「第一部古代ローマの食材 後編」にて。
フライドウツボの気になるお味は、第二部古代ローマ弁当の記事にて公開です!乞うご期待!

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

コメントを残す