第二部 古代ローマ弁当 前編

第一部の「古代ローマの食卓」の巻をお読みでない方は、まずはコチラから!

~酵母から作る!イースト不使用の古代パン、パニス の巻~

第一弾では、古代ローマ弁当に入れるおかずを作りました。

081
皮が不気味だったものの、フライになって美味しそうになったフライドウツボと‥

088
エスカルゴバターが良い香りなものの、まじまじと見てはいけないフライドエスカルゴ

見た目も味もインパクトが大きすぎるラインナップです。

今回は、そんな2種類のおかずを食べる時の主食のパンを作成します。
お弁当のメインとも言える最後の一品。

ただのパンではなく、古代ローマのパン、パニス。

古代ローマ時代は、まだイースト菌が使用されていません。
勿論、卵やバターも入っていないシンプルなものです。

というわけで、イースト菌を使わず酵母で作るパンに挑戦。
当時実際に使われていた、干しぶどうの酵母液から作っちゃいます!

【用意するもの】

有機レーズン 125g 【メール便発送】

有機レーズンを用意します。材料は、これと水だけ。

レーズンの表面にオイルコーティングが施されていると酵母が出づらいので、オイルコーティングのされていないものを使います。

005
煮沸消毒した瓶に、レーズンを入れます。

006
清潔な水を注ぎます。
今回はミネラルウォーターを使用。

008
レーズンがひたひたになるまで注ぎます。

あとは酵母が活性化するのを待つのみ!
酵母は温度がとても重要なので、夏場は保冷剤をつけてあげたり、冬場はタオルを巻きつけてあげて20~28℃の環境を作ってあげます。

夏場は温度が高すぎると雑菌が発生するおそれがあるので、特に注意です。

017
1日目。
まだレーズンはカチカチのままで、水も透き通っています。

045
2日目。
水がレーズンの色で茶色になり、実も水分を吸収して丸みがかってきました。

042
酵母は生きているので、毎日様子を見る時に蓋を開けて、酸素を送ってあげましょう。

022
3日目。
液の色が深くなって来ました。温度が低いせいか、進み具合はイマイチ。

023
気泡が確認されるまでは、毎日レーズンが自ら頭を出さないように水を継ぎ足します。

076
4日目。
遂に気泡が出てきました!
この気泡が、無事に酵母が発生している証です。

072
炭酸のようにシュワシュワとしています。
あとは、気泡がもっと増えるのを見守ります。

078
気温を理想の温度にする為に、今回は湯たんぽを横におきました。
湯たんぽの他に、タオルで巻いても保温できます。

004
5日目。
レーズンが全て浮いて、蓋のぎりぎりまで盛り上がってきます。
この時期になったら、もう水は継ぎ足さなくて大丈夫。

あとはこれをもう1晩寝かせてあげれば、出来上がり。

005
蓋を開けて、アルコールのような香りがしたら成功です。
ワインやシャンパンのような良い香りするので、ひとまず酵母液は成功!

酵母を作る段階で、刺激臭や変な匂いになってしまった場合は残念ながら失敗です。
雑菌が繁殖している恐れがあるので、その場合は破棄して下さい。

分かりやすい出来上がりの目安は、レーズンを一粒取り出して潰してみること。
スカスカで簡単に潰せたら、出来上がりです。
レーズンから養分が抜けきっているので、食べてみると甘みも一切なくなっています。

007
出来上がった酵母液を、清潔なザルとボウルを用意して濾します。

009
レーズンをスプーンで濾して、レーズンからも酵母液を搾り取ります。

014
絞りとった酵母液は、清潔な瓶にいれて保存。
この状態で冷蔵庫で保管できます。

シュワシュワとした酵母液を使ったパンは、一体どんな味になるのでしょう?
無事に膨らむのか、どんな見た目になるのかドキドキです!

次回は、いよいよ古代ローマ弁当の完結編!
所要時間‥何日?じっくり作る愛の弁当」の巻に続きます。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

コメントを残す