桂ちゃんのハムカツ 前編

~真っ赤な包みのチョップドハム! の巻~

今回作成するのは、花田少年史に登場するハムカツ。
花田少年史は、事故をきっかけにオバケが見えるようになった少年、花田一路を中心に巻き起こるドタバタな事件を描いた漫画です。

舞台は戦後すぐの日本の田舎。
家の周りはたんぼ、離れにはボットン便所、木造の校舎‥
不便が当たり前で、それでいて活気に溢れて楽しい。そんなノスタルジックな世界が描かれています。

ハムカツは、アニメでは第7話「ハムカツ」に登場します。

ある日、一路の幼馴染・壮太のお母さんと、同級生の桂ちゃんのお父さんのお見合いが執り行われます。
二人は惹かれ合っていますが、桂ちゃんはこの縁談を快く思っていません。

毎朝毎朝、松富精肉店でお昼ごはん用にハムカツを買う桂ちゃん。
食パンにハムカツを挟んだだけの素っ気ないハムカツサンドが、なんとも美味しそう。

「桂ちゃんはハムカツ中毒だ」なんて友達に言われるほど、毎日ハムカツを食べています。

それを知った壮太のお母さんは、桂ちゃんの大好物・ハムカツの入ったお弁当を壮太に託します。
大きなハムカツの入ったお弁当は、お肉屋さんのそれとは違った魅力があります。

昨今ではあまり見かけない、ちょっと懐かしいカツ。それがハムカツ。
お肉屋さんのものも、壮太のお母さんの大きなハムカツ、どっちも食べたい!

という訳で、ハムカツの再現に挑戦です。

【用意するもの】
003
チョップドハム

真っ赤なビニルに包まれたチョップドハムが、チープで懐かしいハムカツのポイント。

001
2100gのチョップドハムは、ずっしりと重いです。

004
現在売られているハムと異なった、この「肉塊・つなぎ(鶏肉・大豆たん白・卵たん白)」の文字。
練って色々なものが入っているので、見た目が魚肉ソーセージに似ている気もします。

010
ビニルに包まれたまま包丁で切ります。

012
ビニルを剥がします。

カットの厚さは、お好みで調整を。
この正方形の形でも美味しいハムカツになりますが、今回は作品の再現をするべく俵型に形作っていきます。

017
という訳で、幅を広くとって切ります。

018
ビニルをペリペリと剥いていきます。

020
肉タワー。
これを縦長にスライスしていきます。

025
精肉店のように専用のスライサーはないので、手作業で切り分け。
最初4~5等分くらいにカットして、そこからまた薄くスライスしていくと楽です。

包丁に肉が密着するので、切る時は怪我をしないように注意です。

028
今回は薄めにスライスしてみました。
厚さがいびつなのはご愛嬌。

029
4隅を切り落として、丸みをおびた形にします。
この大きなハムは、壮太のお母さんの作ったハムカツ用。

030
お肉屋さんのハムカツは、壮太のお母さんのものの1/2スケールにしました。
薄さもより薄めにしました。

これでハムの準備は完了!
次は衣作りに進みます。

【用意するもの】
043
水、ハム、酒、パン粉、卵、小麦粉

057
ハムは、袋に入れて小麦粉をまぶします。

065
全体にしっかりとつけたら、余分な粉は、はたいて落としておきます。

059
ハムとパン粉以外の、水・酒・卵・小麦粉を混ぜてとき汁を作ります。

062
小麦粉をまぶしたハムを、とき汁にくぐらせます。

063
とき汁にくぐらせたら、とき汁が滴らない程度に水切りしてパン粉をまぶします。

064
隙間が残らないように、パン粉はしっかりつけます。

069
衣が綺麗につかない場合は、一度パン粉をつけたあとに、再度とき汁に浸してパン粉をまぶします。

070
二度浸すと、ハムはすっぽりと隠れて綺麗な見た目になります。
油焼けが心配な場合は、勿論一度浸しでOK。

そうして、ハムに衣をつけること数分‥

072
衣をつけ終わりました。

あとはこれを揚げればハムカツの出来上がり!

サクサクに揚がるかな?
薄すぎたかな、厚めのは火が通るかな‥など、久々にする揚げ物はちょっと不安もあります。

熱々のサクサクに思い馳せつつ、次回「どうする残りのハム1300g」の巻に続きます。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

「桂ちゃんのハムカツ 前編」への2件のフィードバック

  1. 山村正様
    コメントありがとうございます。
    本日後編も公開致しました。ご覧頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>