キレネンコの人参ステーキ 前編

~ウサギによるウサギが食べられないウサギのごはん の巻~

ウサビッチ ニンジンステーキの作り方 人参ステーキを再現 にんじんステーキのレシピ ビストロ・アニメシ アニ飯
イラストをご提供して頂きました!!ありがとうございます!

イラストレーター:はるを様
はるを様のHP:http://haruet.web.hange.info/

今回作成するのは、ウサビッチに登場する人参ステーキ。

ウサビッチは1961年のロシアを舞台に、刑務所で服役中のウサギ2羽(プーチンとキレネンコ)とその仲間たちが繰り広げる毎日を描くシュールなアニメーションです。

一度観たら、あの世界観にあの音楽、あのテンポがクセになること間違いなし。
可愛いけれど毒がある、独特なカラーのキャラクターも、人気の理由です。

人参ステーキは、そんなウサビッチの記念すべき第一話「食事の時間」に登場します。

監獄の同じ部屋で服役中の、キレネンコとプーチン。
看守から食事が支給されますが、魚ギライなキレネンコは、魚をトイレにポチャン。

「こんなの食えるか」と言わんばかりの挑戦的な態度。
当然看守はムッときてお仕置きをしますが、殴られてスイッチが入ったキレネンコ。
見事返り討ちにして、望み通りのご馳走をゲット。優雅な食事の時間を過ごします。

そのご馳走こそが、今回作成する人参ステーキ。
まるごとの人参をステーキに見立てた一品は、とてもキュートな外観です。

とろとろのチーズに、茶色の濃厚なソース、そして立ち上がる湯気‥何とも美味しそう。
是非とも食べたい!ということで、いざ調理スタートです。

【用意するもの】
007
まずはデミグラスソースを作ります。
ウスターソース、赤ワイン、ケチャップ、バター、砂糖、醤油

作り方は、以前交響詩篇エウレカセブンのビッグバーグを作成した時とほぼ同じです。

017
バター以外の材料を混ぜあわせます。

018
ケチャップが溶けきったらOK。

019
ソースパンに混ぜた材料を注ぎ込みます。
赤ワインのアルコールが飛ぶまで、煮詰めます。

027
アルコールが飛んだら、お好みのとろみ具合で火を止めます。
バターを落として、ゆっくり混ぜて溶かします。

032
あとは粗熱を取れば出来上がり。

043
使うまで時間がある場合はタッパーなどに詰替えます。

デミグラスソースはこれで出来上がり。
お次は付け合せの緑の物体です。

【用意するもの】
046
グリーンピース、バター

047
グリーンピースは今回水煮を用意しました。

水煮はザルにあけて水気を切っておきます。
冷凍のものを使用する場合は、流水解凍した後、同じように水気を切ります。
生のものを使用する場合は、下茹でをした後に水気を切ります。

052
フライパンにバターを落とし、火にかけます。

056
グリーンピースを入れて炒めます。

059
フライパンを揺すって、バターをグリーンピース全体によく絡めます。

061
火が通ると、グリーンピースが鮮やかになります。
バターを多めにしたので、焼くと言うよりは揚げ焼きです。

065
最後に塩こしょうで味を整えたら、出来上がり。

066
数粒乗せるだけなんて勿体なくなってしまう、美味しそうな良い香り。
豆独特の香りに、香ばしいバターが鼻をくすぐります。

067
綺麗な緑色に惹かれて、ついつまみ食い。

外側はカリッとして、中身はほくほく。スナックのような食感で、美味しくて飽きません。
つい、あと少し、もう少し‥と、ポリポリ食べてしまう味。
これならキレネンコも喜んで食べてくれるはず!

残るは主役の人参の用意。
作中の人参ステーキのように、ふさふさの葉が生えた人参があれば良いのですが‥

001
何店か探したのですが、なかなか葉っぱ付きの人参はありません。
「売っていなければ、人参を水に浸して葉を生やせばいいんだ!」という発想の元、しばし観察。

005
綺麗に刈り取られている状態で、葉が生えてくるのか心配でしたが‥

068
一晩でこんなに伸びました!

「生命力ってすごい!」と喜ぶのも束の間‥
ある問題が発生!

069
水に浸っていない部分の根が、黒ずんでいるではありませんか。

触れると少し、ぶよぶよと萎んだ手触り。
これでは、葉がふさふさに生え揃う頃には、本体の部分が残念なことになってしまいます。

何か他の手段を考えなければ‥でも、他に一体どんな手が!?
次回、「ふさふさの葉っぱ、どうする!?」の巻に続きます。

■□■□ 今回使用した調理アイテム ■□■□

「キレネンコの人参ステーキ 前編」への2件のフィードバック

  1. 名無しッチ様
    お返事が遅れてしまい申し訳ありません。
    お問い合わせ頂いた件についてですが、ブログではレシピ完成までのメイキングを目的としているため、分量を公開しておりません。
    というのも、ブログ掲載から味を調整したりしているので、はっきりとした分量が仕上がっていないのです。
    こちらの記事のレシピに関しましては、書籍に仕上がったものが掲載されておりますので、宜しければそちらもチェックして頂けると幸いです。
    宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す