レディ限定未だかつてないたこ焼き 後編

前篇の「それはたった一つのセリフから」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

~レディに限定する理由 の巻~

タネも具も用意できたところで、いよいよ焼き始めます。

063
耐熱ではないかったようで‥熱で一本の筆のように固まってしまった刷毛。

一体どうしたものかと迷ったのですが、さっと素早く塗り、なおかつキッチンペーパーで補いました。
プレートにテフロン加工が施されているので、より安心です。

067
それでは、タネを注いでいきましょう。
ここからはあまり細かいディティールには気にせず、素早さ重視です。

071
くぼみの1/2~半分の量を注ぎ込みます。
タネはくぼみからくぼみへ、流れるように。

075
次にたこをぽいぽいっと入れていきます。

どんどん焼けていくので、大きさや量は気にせずとにかく手早く。
とにかくたこが1個につき1つ入っていればOKです。

078
次にみじん切りしたキャベツを散らします。
キャベツもたこと同じく、1つずつに手をかけるのではなく全体にまぶしていきます。

079
同じ要領で、桜えびをパラパラっと散らします。

081
次に、細かく砕いたえびせんも散らします。

084
小口切りしたネギも散らします。

088
具を入れ終わったら、タネを上から注ぎます。

089
注ぐ量は、くぼみからはみ出てひたひたになるくらい。

一度全体にざっと流し込み、足りないところに補うようにします。
写真では右端のタネが少ないので、継ぎ足します。

094
割り箸や専用のピックを用いて、生地を1つずつに陣地分けします。
そうしている間にも焼けていくので、アバウトで大丈夫なのでとにかく手早く行います。

098
おおよその陣地分けが終わったら、はみ出た具を詰め込んだり、生地のバランスを見て、微調整。

105
頃合いを見てひっくり返します!

円のふちを箸先でつついて、生地とプレートを離します。
そうしてあまり力は加えずに、生地のふちを下に押し込んでいくと、クルッとひっくり返ります。

最初はピンとこないかもしれませんが、何個かひっくり返してくうちにコツがつかめます。

106
はみ出た具は、ちょいちょいっと詰めます。

110
一つに時間をかけると他のものがどんどん焼けていくので、まずはひっくり返していきます。

112
全てひっくり返し終わったら、焼き目をずらしたり微調整を加えていきます。

114
辺りはえびとだしの香りだらけ。
早く食べたい!

121
写真を見ると、たこ焼きの右部分にぷくっとした気泡が確認できます。

このようにふつふつと動いているのは、火が通っていない状態。
動きが止まったら、いよいよ焼きあがりです。

125
器に数個、たこ焼きを乗せます。

127
さっとソースをかけ‥

129
桜えびを散りばめます。
そして青のりの代わりの抹茶をかけ、金箔をのせれば‥

131
レディ限定未だかつてないたこ焼き、出来上がりです!

全世界のレディに愛をこめて。
桜えびと金箔、黄金色の器でゴージャスに仕上げてみました。

130
さっそく頂きます。

焼きたて最高!
やけどに注意ですが、この外側がカリッとして、中はとろっとろの旨さを味わわずにはいられません。

長芋を入れたので、生地がふんわり。
今回はこの生地のとろみを主役にするために、通常よりキャベツやネギは控えめです。

揚げ玉も入れずに、代わりにえびせんを使用したので、食感はクリーミィ。
えび香る生地が、たこの食感を引き立てます。

桜に見立てた桜えびに、抹茶のほろ苦い風味。
「いつものたこ焼き」とはまた違う、上品で、ちょっとお澄ましした味です。
金箔は見目麗しいので、味は勿論のこと、見て楽しめます。

焼きたては、たこと生地が主役。
冷めたものは、風味が強くなったえびが主役。

そう、驚いたことに、冷めたものも美味しいのです。
急がずに優雅に楽しめるたこ焼きとは、さすがレディ向けです。

このたこ焼きがレディ限定なのは、「ちょっとした量を、上品に頂く」からなのでしょう。
金箔も限りある食材ですし、野菜が少なめなので多くを食べてはもたれてしまいます。

至る所にサンジのレディへの愛を感じる、未だかつてない一品なのでした。

飾りとしてソースをかけましたが、だしの味が強いのでソース無しでも是非。

ONE PIECE 69 (ジャンプコミックス)
ONE PIECE 69 (ジャンプコミックス) [コミック]

コメントを残す