食事担当せりかさんの献立 前編

~楽しくがっつり炭水化物! の巻~

宇宙兄弟

イラストレーター:はるを様 http://haruet.web.hange.info/

今回作成するのは、宇宙兄弟に登場するせりかさんの手料理。
当ビストロでは以前にも、宇宙兄弟からシャロン伝承手打ちうどんを再現しました。

薄力粉だけで作る手打ちうどんは、コシはないもののツルツルと喉の通りが良い一品。
出来上がりも楽しみの一つでしたが、何よりも「皆で限られた食材で作る」というシチェーションがとても楽しいものでした。

今回は、皆で作ったうどんよりも少し前のシーンから。

宇宙飛行士になる夢を持つ主人公六太が、宇宙飛行士試験の一環で閉鎖空間で受験者との共同生活を行う中に登場します。

作品のヒロインである、同じ宇宙飛行士志願者のせりかさん。
彼女は食べることが大好きで、閉鎖空間での食事当番の時にたっぷりのご飯を作ります。

‥後々にそれが原因で食料不足になるのですが、食いしん坊の人が作る料理ってなんとも美味しそう。
食料不足は大きな問題だけれども、鼻歌まじりに料理するせりかさんに和んでしまうシーンです。

昔ながらのオムライスに、アサリのパスタ、そして山盛りのブロッコリー。

毎日こんな食生活を送っていたら生活習慣病になってしまいそうですが、たまにはこんな献立も如何でしょうか。
お肉たっぷり、バターをふんだんに。

美味しさを第一に作るせりかさんの献立、いざ調理スタートです。

【用意するもの】
003
まずはオムライスにかけるソース。
ケチャップ、水、醤油

006
フライパンに材料を全て入れます。

010
材料をかき混ぜながら火にかけ、沸騰しはじめたら火を止めます。
出来上がったソースは、蓋をしておきます。

ソースが出来上がったところで、次はチキンライスを作ります。

【用意するもの】
014
ハム、玉ねぎ、ケチャップ、バター、ごはん、鶏もも肉

015
フライパンに油を敷かずに鶏もも肉を乗せて、火にかけます。
最初は皮を下にして焼きます。

020
徐々に油が出てくるので、ひっくり返して反対側も、こんがり焼き色がつくまで焼きます。
あとで再度火にかけるので、芯まで火が通っていなくても大丈夫です。

022
焼き色がついたら、容器にうつして粗熱をとります。

029
チキンステーキのようで、このまま食べても美味しそう。
触れる程度に冷めたら、包丁でひとくち大にカットしていきます。

032
フライパンには、鶏もも肉から出た油がたっぷり残っています。
フライパンは洗わずに、余分な油をキッチンペーパーで拭きとって引き続き調理します。

034
バターを落として、全体に馴染ませます。

037
みじん切りした玉ねぎを加え、しんなりするまで炒めます。

041
玉ねぎがしんなりしたら、細かく刻んだハムとバターを加えます。

042
カットした鶏もも肉と‥

044
ケチャップを加えます。

047
全体にケチャップがよく馴染むように混ぜ、5分ほど炒めて汁気を飛ばします。

051
ごはんを加えて、具材とごはんを馴染ませます。
混ぜる時は、ご飯粒が潰れてしまわないように、しゃもじを切るようにして混ぜます。

冷ご飯を使う場合は、フライパンに入れる前に軽く温めるとほぐれやすく、味も均等につきます。

052
色がまんべんなくなったら、OK。

053
塩、胡椒で味を整えて、火を止めます。

056
これでチキンライスは出来上がり。
一人前ずつに分けておくと、オムライスを作るときに手間どりません。

ふんわりと甘い玉ねぎとバターに、カリッと焼けたチキンの香りが胃袋を刺激します。
普段作るオムライスよりも油分たっぷり。野菜は少なめ。

果たしてそれが幸と出るか、それとも‥

オムライスの心配もそうですが、あさりのパスタもまだこれから。
無事に美味しくできるのでしょうか?
そして食べきれるのか!?

次回、「幸せの記憶」の巻に続きます。


今回の記事では、はるを様にイラストをご提供して頂きました。
プレーンなオムライスに、あさりのパスタ、ブロッコリー‥どれも色鮮やかで、とても美味しそうです。
出来上がりのオムライスも、このイラストのように綺麗に出来ますように。
ありがとうございます!

宇宙兄弟 特別総集編 VOL.2 (講談社 Mook)
宇宙兄弟 特別総集編 VOL.2 (講談社 Mook) [コミック]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>