レトロケーキ・シベリア

執筆の合間に、スタジオジブリ最新作「風立ちぬ」を観て参りました。

とても、良い作品でした。
今まで「一番好きなアニメはなんですか?」と聞かれても返答に詰まっていたのですが、これからは一番好きなアニメと答えるかもしれません。

小さい子には少々難解の、大人に向けた作品です。
アニメを子供が楽しめないというのは、一見矛盾のようですが、大人になった時に改めて違う感想を抱くのも悪くないのではないでしょうか。

すでに大人になってしまった私には、そういう時間差での「気づき」は今後ないでしょう。

映画館で、おそらく理解ができず退屈そうな顔をしていた女の子がいました。
少し、それが羨ましくも感じるのでした。

シベリア 風立ちぬ スタジオジブリ ジブリの食べ物を再現 再現料理 ビストロ・アニメシ

そして急遽、作中に登場したシベリアを作りました。
大正から昭和にかけて存在した、カステラと羊羹を用いたお菓子です。

今でも稀に見かけますが、ほとんど幻と化したシベリア。
作中では、当時の世相の象徴的役割を果たしていました。

これは是非とも書籍に入れたい。

ということで、決定していた内容に変更を行い、書籍に組み込む運びとなりました。
編集者の担当者様には無理を聞いて頂き、本当に感謝してもしきれません。

シベリア。
本当に物心がついて間もないこと、祖母の家で食べた記憶が薄ぼんやりとあります。
カステラの底のザラメの食感、羊羹の厚みにこだわって仕上げました。
シベリアを加えたことで、書籍をよりお楽しみ頂ければ幸いです。

本日が全原稿の締め切りです。
ここから校正が行われ、文字数の調整などが入ります。

満足のいく本を作るために。
シベリア片手に、頑張ります!

「レトロケーキ・シベリア」への7件のフィードバック

  1. おつかれさまです!ねこちです。
    書籍の話が進むにつれ、私もどきどきしながら待たせていただいています。
    余談ですが、シベリアは私の地元ではワンサカ見かけますよ!懐かしい系のお菓子が山のようにあるスーパーがありまして、バタークリームのケーキ・オブラート包みのゼリー・どうぶつヨーチなどの一角としてたたずんでいます。珍しいものだったとは…(^v^;
    それから、以前「赤福氷」の話が上がっていたかと思います。先日、「いきなり!黄金伝説」という番組で、赤福氷の話が出ていました。以下、サイトの引用です。
    2013年8月1日放送 19:00 – 19:58 テレビ朝日
    赤福本店の「赤福氷」は濃厚な抹茶蜜がかかったかき氷で、中には冷えても硬くならない特製の餡と餅が入っている。「赤福氷」は一日に4000杯販売されていて、これを求めて訪れる人もいるという。
    ↑ここまで
    「赤福本店 赤福氷」で検索すると出てくるので、詳細はぜひそちらで!

  2. ねこち様
    いつもコメントありがとうございます。
    シベリア、スーパーで売っているなんてびっくりです。
    オブラート包みのゼリーにどうぶつヨーチも懐かしいっ!
    ふと食べたいと思った時になかなか手にはいらないので、素敵な環境が羨ましいです。
    一部では「絶滅の危機」なんて言われていたシベリアですが、まだまだ大丈夫そうですね。
    赤福氷についてご丁寧な記載、ありがとうございます。
    赤福氷はわざわざ食べに行ったものの、「このアニメに登場している」という情報が間違っていた(アニメに登場しないのでアニメシではない)為、再現できていないんです。
    今後、何かのアニメで見かけたら再現しようと思います。
    赤福氷、中に入っているお餅が隠し玉みたいになっていて、とっても楽しく美味しいんですよね。
    ちょうど季節のものなので、アニメシ関係なくまた食べに行きたくなっちゃいました(笑)

  3. すみません途中で誤送信してしまいました。
    もしよろしければ『狼と香辛料』に出てくる「桃(or梨)の蜂蜜漬け」を再現欲しいです。
    是非これからも美味しいアニメシを再現してください。書籍化も期待しています。

  4. kumakou様
    コメントありがとうございます。
    蜂蜜漬けといえばレモンのイメージが強いので、他の果物を漬けた味がどんなものかとても楽しみです。
    リクエスト頂きありがとうございました。
    今後のネタに追加させて頂きます!

コメントを残す