つぐみちゃんの栗おこわ 後篇

前篇の「そこに栗がいるだけで」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

~あなたは黒ゴマ?ごま塩?シンプル派? の巻~

栗をちまちまと剥くこと数分。

50
ようやく半分の五個が剥けました。

そして、この時点で恐れていたことが現実に。
小豆の湯で終わり時間が、まもなくとなりました。

61
もう四の五の言ってられない!と、後半はほぼ包丁で剥きました。

時間に余裕がある場合は、全て丁寧に行きたいところですが‥
飾り用に使う綺麗な見てくれのものは、半分もあれば十分です。

名称未設定-40
というわけで、なんとか小豆の茹で上がりに間に合いました。
小豆は火を止める前に、指で潰れるくらいになっているか柔らかさをチェックします。

43
小豆はザルにあけて、茹で汁と分けます。
茹で汁も使うので、捨てないこと。

小豆は少し冷ましたら、乾燥しないようにラップをかけておきます。

44
小豆の茹で汁は、酸化されると色が鮮やかになります。
お玉ですくって、数回上から流して空気を入れます。

54
ザルにあけておいたお米を炊飯器に入れ、すべての調味料を加えます。

55
ここに、通常の炊飯目盛りよりやや少なめに、小豆の茹で汁を注ぎます。

あとはこのまま、30分浸水させます。

64
栗剥き、焦る必要ありませんでした‥
浸水の時間をうっかり忘れて、無駄に焦ってしまいました。

でも、せっかくなので、この時間に傷んだ栗がないかチェック。
大丈夫なようなら、飾り用の栗を横半分にカットします。

65
見てくれが良いものは半分に、その他は1/4程度にカットします。
ボウルの水を何度か入れ替えて、皮のくずなどが入らないようにします。

-62
さて、30分経過しました。
ラップをかけておいた小豆を加え‥

66
ザルにあけて水気を切った栗も、炊飯器に加えます。

あとは、炊飯器のスイッチを入れるだけ!
炊きあがりに近づくにつれ、小豆の良い香りがしてきます。

炊飯完了したら、すぐに蓋は開けずに10分蒸らします。

0-1
そしていよいよご対面!
お米の硬さは良く出来てるか、ワクワクします。

0-5
綺麗な小豆色に染まってます。
小豆と栗が均一になるように混ぜます。

0-10
すぐに食べない時は、器によそってラップをします。
おこわは冷めても美味しいのが良いところ。

地獄少女 つぐみちゃんの栗おこわ つぐみちゃんがマスターに教わった栗おこわ 栗おこわの作り方 ビストロ・アニメシの地獄少女のレシピ
お母さんへのお供え用、出来上がりです。
ごろごろとした栗の盛り付けが、つぐみちゃんの本来の幼さを感じさせ微笑ましいです。

あとは、お父さんである柴田一の朝ごはん。

地獄少女 つぐみちゃんの栗おこわ つぐみちゃんがマスターに教わった栗おこわ 栗おこわの作り方 ビストロ・アニメシの地獄少女のレシピ
ごくシンプルに、栗おこわとお味噌汁のみ。
お豆腐とわかめ、お味噌汁の王道の具なのがまた良い塩梅です。

0
待ちに待った実食の時。
大きな栗とお米を一緒にいただきます。

栗はほっくり、丁度良い硬さに甘さです。
ちょっと大ぶりだけども、それもまた食べていて楽しい。

冷めたおこわは、もちもちと噛みしめるほどに甘みが出ます。
小豆も煮崩れずにちょうど良く炊き上がって、ほっと一安心。

そのままでも十分味わい深いし、欲を出して黒ゴマをふっても美味しく頂けました。
ごま塩をかけるのもまた良し。
食卓ではその場で色々と出来ますが、お供えとなるとどういう状態で持っていくべきか悩むなぁ‥と考えたりしました。

栗が入って特別な感じがあるので、つぐみちゃんの作ったもののように、そのままが一番かもしれません。

美味しい季節ものを食べると、それまでの手間が吹っ飛ぶくらいに充実した気持ちになれます。
昔ながらのご馳走の味は、時間とちょっとした手間をかけるのが美味しさの秘訣。

自分ひとりの為に作るなんて、とてもじゃないけれど億劫なのが本音です。
そう考えると、こんなに手の込んだものを小学低学年の女の子が作るなんて、やはりそこには母への想いがあってのこと。

つぐみちゃんを目一杯褒めて、甘やかしてあげたくなります。
お袋の味に遠いようで近い、母を想う味を知った一品なのでした。

コメントを残す