キノコとチーズのリゾット 前篇

〜さすがの千秋先輩。生米から‥! の巻〜

今回作成するのは、以前にも何度か再現をしたのだめカンタービレの料理です。

せっかくピアノの才能があるのに、本気で音楽に向き合わないのだめ。
でも、大好きな千秋先輩がオーケストラと奏でる音楽に触発され、「ピアノを弾かなきゃ」と焚き付けられます。

自分もオーケストラとコンチェルトをやりたい。
その一心で、寝食忘れてピアノを引き続けるのだめ。

プロの音楽家として生きていきたいとか、そういう覚悟はまだ先の話。
ですが、この「弾きたい」という強い思いこそ、のだめがこれから自分の生き方を考えていくきっかけとなるシーンです。

ボロボロのカサカサになったのだめを見て、こいつをこのまま放っておけないと思う千秋先輩。

いますぐにでも弾きたい!というのだめを落ち着かせ、お風呂に促し、その間にご飯支度をしてくれるなんて、なんて良い男性。

のだめがお風呂に入っている間に作ってくれたのは、「キノコとチーズのリゾット」。
その美味しそうな見た目は勿論、原作を見ると、お米を鍋で研いでいるところが確認できます。

急な献立なのに、ちゃんと生米を研ぐ所から始めるなんて‥!さすが千秋先輩。

これは絶対に美味しい!ということで、いざ調理スタートです。

【用意するもの】
012
タマネギ、シメジ、お米、ハム、マッシュルーム、チーズ、コンソメ、牛乳、塩こしょう

キノコは今回、手頃なシメジと水煮のマッシュルームを使用しました。
勿論ほかのキノコを入れても美味しく出来そう。

031
お米は研いでからザルにあけ、しっかり水気を飛ばしておきます。
無洗米の場合は、そのままの状態で使います。

028
材料は食べやすい大きさに切り分け。
タマネギはみじん切りします。

030
フライパンでオリーブオイルを熱し、タマネギを炒めます。

033
タマネギがキツネ色になったら、ハムを加えます。

002
お米も加えます。

004
よく混ぜ、お米が透き通るまでじっくり炒めます。

006
牛乳を注ぎ、沸騰させます。

010
マッシュルームとシメジ、コンソメを加えて混ぜます。

016
蓋をして、お米に火が通るまで煮込みます。

焦げやすいので時折かき混ぜ、少しずつ牛乳を継ぎ足していきます。

美味しそうな香りがしますが、あとはここにチーズも入ります!
ピラフを作る時みたいに、生米を炒めてから煮る本格的なリゾット。
これはさぞ美味しかろうと、もうワクワクです。

気になる食感は一体どうなのでしょう?

次回、「チーズに負けないキノコ!」の巻に続きます。

コメントを残す