マメ作・くるみづくしな朝ごはん 前篇

〜くるみを味わおう の巻〜

今回再現するのは、つぶつぶ生活に登場する朝ごはん。

つぶつぶ生活は、男性二人に猫一匹のとても不思議な生活を描いた漫画。

米田コウジはデビュー作「一寸キャット」で大ヒットをした絵本作家。
ルックスが良く、一見浮ついているな彼ですが、支えてくれていた彼女の死が原因で次作を欠けずに苦しんでいます。

半ば自暴自棄になっていたコウジ。
ある日、酔いつぶれていた所を強面のマメこと豆木君に拾われ、以降二人で古い一軒家で暮らしています。

マメは、背も高くパッと見はちょっと怖いので人に誤解されがちですが、とても優しい人。
雨の日の紫陽花に、ひとつだけ白い花を見かけます。
不思議に思って近づいてみると、そこには花ではなくシャム猫が。

近寄ると、買い物袋からフンフンとくるみを取り出そうとする猫ちゃん。
「ダメだ持ってっちゃ‥コラコラコラ」と慌てるマメに、「ニャアアアア」と抗議をする猫ちゃん。

その瞳、声、可愛らしい姿にノックアウトされたマメは、猫ちゃんを家族の一員にします。

くるみが好物ということで、猫ちゃんの名前は「くるみ」にしようとしたところ‥
何故がコウジが、頑なに反対。
どうして?と聞いたマメに対して、ニキビ出来そう!って感じでキライなんだと言うコウジ。

でも、その日すでに作った朝食は、くるみづくし。
ショックを受けるマメに、「いや‥できちまったものは食うけども」というコウジ。

豆腐のくるみ味噌田楽と、ごぼうのくるみ和え‥それに、ご飯とお味噌汁、焼き魚。
丁寧な朝ごはんで、とても素敵。

「‥まあ、食ってみればうまいけども」というコウジの素直じゃない感じがまた良いシーン。
これは是非食べたい!ということで、いざ調理スタートです。

【用意するもの】
002
ごぼう、煎り胡麻、くるみ、塩、醤油

004
ごぼうは水洗いして、土を落とします。

005
洗い終わったごぼうは、包丁の背で表面を軽くこそぎます。
真っ白になるまでこそぐと、風味が落ちるので注意。

007
3〜4等分して、水に浸します。
泥臭さが気になるという人は、酢水に漬けると安心です。

ごぼうのあくは旨味なので、ごぼうの風味に慣れていればそのまま使っても問題ありません。
ただ、水に浸さないと色が黒ずんでしまうので、水に浸したほうが見栄えが良いです。

010
ごぼうを水に浸している間に、煎り胡麻とくるみをすります。

015
煎り胡麻が擦れて形がなくなり、ふわふわになったらOK。
くるみは大きめのままで食感を残しても、細かくしても。

011
ごぼうをザルにあけ、沸騰したお湯に塩を入れて‥

012
2分ほど茹でます。

018
茹で終えたら、熱いうちにごぼうを軽くたたきます。
たたくことでごぼうの繊維がほぐされ、味が染みやすくなります。

019
切り口の円が、楕円になるくらいでOK。

020
斜め切りします。

023
擦り下ろしたくるみと煎り胡麻に、ゆで汁とお醤油を加えて混ぜます。

025
ごぼうと和えて、出来上がり!
あとはこれを冷蔵庫で寝かせて、味を馴染ませます。

作りたてと時間が経ってからでは味が変わるので、最初は薄味に作っておきます。
様子を見て、お醤油や塩を足していきましょう。

さて、これでごぼうのくるみ和えは完成。
お次は豆腐のくるみ味噌田楽です。

026
前の晩のうちに、豆腐の水切りだけ済ませましょう。

028
ザルやカゴにキッチンペーパーを敷き、豆腐を乗せます。

029
キッチンペーパーで豆腐を包んで、冷蔵庫へ。

田楽はしっかりと水を出しきらなくても良いので、特に重しは乗せません。
お好みによるので、重しをする・しないはお好みで。

前日の仕込みが終わり、あとは明日の朝になります。
自分ではなかなか思いつかない献立なので、朝ごはんが待ち遠しい!

次回、「ゆったりとした時間」の巻に続きます。

「マメ作・くるみづくしな朝ごはん 前篇」への2件のフィードバック

  1. 本が届きましたー!
    素晴らしい内容に興奮しちゃいましたぁ!
    夫に何の本買ったの〜?と聞かれたのですごさを説明すると夫もマンガやアニメが好きなので『わー!ベルメールさんのみかんナポリやん!』『にんにくぬきラーメン‼』とかナルトの料理とかに興奮してました笑
    そしてアンパンマンの強力粉700gに爆笑してました^_^『餡子1kgやん!!』
    って大爆笑して興奮してました。
    今年のXmasはまずは私でも作れそうな千秋先輩の呪文料理を作って夫を爆笑させようと思います(o^^o)
    またキキがプレゼントされたチョコケーキ!映画をみた時、あんな素敵なプレゼントを送れるご婦人にとても憧れたのでレシピとっても嬉しいです!
    ザッハトルテは作ったことあるので私にもできそうです☆がんばります!
    素敵な本を作ってくださりありがとうございました!
    魔女っ子がお好きと書いていらしたので今度安野モヨコさんのシュガシュガルーンというマンガも読んでなかったら読んでみてください☆わたしも大好きな魔女っ子の世界です!
    バターたっぷりのクロワッサンとか今度再現お願いします☆
    長文失礼致しました!

  2. みく様
    いつもコメントありがとうございます。
    その上、本を購入して下さったとは‥!重ね重ねお礼申し上げます。
    みく様のコメントから、興奮しているのが伝わってきました(^^)
    それが私がアニメシを作る時の楽しさを、本を通して共有出来たからのような気がして、とても嬉しいです。
    ‥旦那様とお二人で楽しんで頂いた風景を想像して、なんだか嬉しくてニマニマしてしまいます(*´艸`*)
    実際に作っての感想もお待ちしております。是非、楽しんで作ってみて下さいね♪
    シュガシュガルーン、ショコラちゃんもバニラちゃんも大好きです!
    クロワッサン、是非チェックさせて頂きますね。
    今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを残す