爽子ちゃんの年越しそば 後篇

前篇の「麺作りの最難関といえば‥」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜ライフワークに是非! の巻〜

端がぼろぼろと取れてきた生地、一体これからどうなるのでしょう?
おそるおそる、最終仕上げに入ります!

017
良い具合の厚みになったら、麺にカットしていきます。
麺同士がくっつかないように打ち粉をまぶしながらカット。

023
何だかんだで、見た目はまずまずの出来になりました。
麺が思いの外もろくて、最初のほうにカットした麺がちぎれたりしてしまったのですが‥。

蕎麦の良い香りがします。

あとは、鍋いっぱいに沸騰させたお湯に蕎麦を入れ茹でます。
生麺なので、麺が浮いてきて30秒ほどで茹で上がり。茹で過ぎないように素早く済ませます。

026
茹で上がった麺をザルにあけ、流水で〆ます。

ご覧のように、ぶっちぶちに麺が切れてしまいました‥。
パスタマシンで伸ばす時に切れ、カットする時に切れ、茹でている最中にも切れ‥

辛うじて生き延びていた麺も、流水で〆ているうちに切れる切れる。
年越しの際に、食することで「細く長く生きる」という意味のあるそばですが、これじゃ厄年そばです。

縁起は良くありませんが、食べなければ年は越せません。
ざるそばとして頂いたのですが、味は悪くなく、それが救いでした。

縁起は悪いけれど、箸でそばを掴む感覚が通常のものと違って、可笑しくて笑いながら食べました。
爽子ちゃんも「全然だめだった!」と言っていたので、ここまでぶっちぶちに切れなくとも何か失敗したのかもしれません。

粉と水を混ぜる時に均一になっていなかったのか、水分が足りなかったのか‥
原因は複数考えられますが、やはり奥が深いぞ、手打ちそば!

美味しく作れるまで、爽子ちゃんの言うように「ライフワークにしたい」です。
いつもは失敗すると挫けてしまうのですが、そばは何だか「修行」や「鍛錬」を詰めば美味しく出来そうな気がして、頑張りたくなっちゃいます。

手打ちそばは難しかったですが、「美味しいよー」と言ってくれる優しい家族と共に過ごす爽子ちゃんにほっこり。

今年の大晦日こそは!
縁起の良いそば作りを頑張ろうと、新たな決意を抱いた一品なのでした。

コメントを残す