サンズ・オブ・サタンの隠語パスタ 後篇

前篇の「絶対何かが入ってる」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜悪魔のバター、ブチブチ込め の巻〜

041
隠しソースが出来上がったものの、今ひとつ、おどろおどろしさが足りない。

001
ということで、食感のアクセントに森のバター、アボカドを使っていきます!

【用意するもの】
003
隠しソース、アボカド、パスタ、バター、ベーコン、ほうれん草

004
ほうれん草は下茹でします。

007
ほうれん草を茹でたお湯で、パスタを茹で始めます。

006
下湯でしたほうれん草は、流水で冷やします。

010
水気を切ってから、包丁で細かく刻みます。

012
フライパンにバターを熱し、短冊切りしたベーコンを炒めます。

015
アボカドも加えます。

016
ほうれん草も加え、アボカドを木べらで潰しながら炒めます。

018
アボカドは完熟しているものを使うのがポイント。
すぐにとろとろのペースト状になります。

019
そろそろ仕上げ。
隠しソースを加えてひと煮立ち。塩コショウで味を整えます。

022
茹で上がったパスタを加え、ソースにからめたら‥

024
出来上がり!

バジルやイカ墨の影響か、オーソドックスなほうれん草のクリームパスタよりも暗めの色になりました。
香りは魚介系のパスタとバジリコを足して割ったような感じです。悪くはなさそう。

029
では、暖かいうちに頂きます。

意外や意外‥美味しい!
イカ墨を入れたことで生臭さが出ないか心配でしたが、出来立ては問題なしです。
ほうれん草とベーコンの香りが一番にきて、そこにバジルの爽やかさが追いかけてきます。

ほうれん草とベーコンのクリームパスタ、として提供されると、「ん?魚介のような香り‥?いや、バジル?」と翻弄されそうです。
一体なにが入っているか分からない、ということが今回の目標の1つだったので、計画通り!

ソースにアボカドを入れたことで、クリーミィでコクのある仕上がりになりました。
香りが賑やかなので、具はシンプルでも満足感の高いパスタです。

アボカドを加えたことは正解でしたが、見た目にもう少し「ドロドロ」としたクリーム感が欲しい所。
カロリーも考えて控えめの分量にしましたが、もう少し入れたほうが良かったかな?と反省です。

コウモリの血や虎の脳みそは準備が出来ないな‥と少し怯んでしまって、まだまだクラウザーさんに献上するにはパンチの弱い具材での勝負となりました。

でも、きっと根岸青年は「これ、一体何が入ってるの!?」とハラハラしてくれるはずです!

美味しさの前に、食べる人を“翻弄する”というポイントを発見出来た一品なのでした。

コメントを残す