ラプンツェルとヘーゼルナッツのスープ 後篇

前篇の「ヴィランズは美味しそうな食べ物を作る」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜サトウニンジン現る!? の巻〜

根気よくヘーゼルナッツを下処理したら、次は鍋で煮よう!
と、思ったのですが‥

このヘーゼルナッツのスープには、ヘーゼルナッツ以外にもう1つ大事なものがある!

その食材は、ゴーテルがこのスープの名を口にした台詞に出てきます。

002
「サトウニンジンを持ってきたの。
今日の夕食はヘーゼルナッツのスープよ。あなたの大好きな!嬉しいでしょう!」

そう、サトウニンジンです。

別名はシロニンジン、英語ではパースニップ(Parsnip)と呼ばれています。
その名のごとく、白いニンジン。
ニンジンと同じセリ科の植物ですが、色や形もさることながら、味や香りも異なります。

これもまた、スープの仕上がりにどんな影響を出すのか楽しみです!

【用意するもの】
006
サトウニンジン、タマネギ、ローリエ、生クリーム、ヘーゼルナッツ、オリーブオイル、塩、白胡椒、薄力粉、バター、パプリカパウダー、コンソメスープ

008
サトウニンジンは水洗いして皮むき。
実が細いので、包丁よりピーラーを使うほうが良いです。

010
皮を剥いたら、おろし金ですりおろします。

012
おろすと、より香りが立ちます。
ニンジンに近くもあるけれど、それよりもホースラディッシュに近い香りのような。

013
続けてタマネギもおろします!

014
タマネギをおろした時に出る水分は、捨てずに使います。

これで材料の下準備は完了!
あとはじっくり煮込んでいきます。

019
鍋にオリーブオイルとバターを熱します。

せっかくなので、鍋はダッチオーブンを用いました。

022
すりおろしたサトウニンジン、タマネギを鍋に加えます。

023
オリーブオイルとバターが全体に馴染むように、よく混ぜます。

024
全体がよく温まったら、火を弱め、薄力粉を加えて混ぜます。

026
ヘーゼルナッツを加えます。

027
コンソメスープを加えます。

031
水も加えて、全体を軽く混ぜます。

032
蓋をして、30分ほど煮込みます。

036
30分経過すると、材料が水分を含んでペースト状になります。

037
水を少しずつ加えて、伸ばしていきます。

038
ローリエを加え、蓋をして再度煮込みます。

040
もう辺りはヘーゼルナッツの良い香り!
強く立ち込めています。これは濃厚そう。

042
最後に生クリームを加えて軽く混ぜ、火を止めます。

046
このままではドロドロして食感が悪いので、ザルで漉します。

なかなか水分が落ちない場合は、少し冷まして布ぶきんに包んで絞ると良いです。

ディズニー ラプンツェルの好物 ビストロ・アニメシ ヘーゼルナッツのスープ パースニップのスープ ヘーゼルナッツのスープの作り方 塔の上のラプンツェルの食べ物
濾したスープを鍋に戻します。
ヘーゼルナッツの色が良く出ています。

あとは、温めなおして塩と白胡椒で味を整えます。
そしてカップにスープを注いで‥

ディズニー ラプンツェルの好物 ビストロ・アニメシ ヘーゼルナッツのスープ パースニップのスープ ヘーゼルナッツのスープの作り方 塔の上のラプンツェルの食べ物
出来上がり!

ディズニー ラプンツェルの好物 ビストロ・アニメシ ヘーゼルナッツのスープ パースニップのスープ ヘーゼルナッツのスープの作り方 塔の上のラプンツェルの食べ物

お好みで、パプリカパウダーをひと振り、混ぜてお召し上がり下さい。
風味や色合いの効果があるのですが、それよりも「赤い粉末をふりかける」という動作が魔女っぽくて、なんだか楽しいです。

ディズニー ラプンツェルの好物 ビストロ・アニメシ ヘーゼルナッツのスープ パースニップのスープ ヘーゼルナッツのスープの作り方 塔の上のラプンツェルの食べ物
冷めないうちに、いただきます。

なんだか、海外のレストランで頂くスープのような、本格的で馴染みのない味。
ヘーゼルナッツの香りが強くて、とても美味しいです!

もっとナッツのエキスが主張してえぐみがあるのかなと思っていたのですが、そんなことは全くありません。
サトウニンジンのほっくり、ほんのりと甘くて苦い味が良い感じ。

スパイスも具も、これ以上なにもいらない完成されたバランスです!
とっても濃厚なので、食事はこれとパンだけで十分満足できそう。

作るのに手間がかかるので、これをゴーテルがかかりっきりで作ったかは謎です。
ラプンツェルは普段からお手伝いをよくしていただろうし、あらかじめナッツを砕いたり、煮込みの見張りをしていたり、実はほとんどをラプンツェルが作っていたりして‥なんて邪心してしまいます。

でも、サトウニンジンを調達してくるのはゴーテル。
彼女がいないと作ることのできない環境下に置かれていたからこそ知った味でもあります。

ラプンツェルが、お城で自分が食べたい時に、思いつきで皆にふるまうことが出来ていたらいいな。
美味しいものは、悲しい思い出があっても美味しく食べたい!
そんなことを思いながら啜る、一品なのでした。

「ラプンツェルとヘーゼルナッツのスープ 後篇」への4件のフィードバック

  1. ブフブルギニヨンなどのレシピを探していたら辿りつきましたw
    気になるのがこれですね
    マクロスシリーズの銀河ラーメン
    煮卵とにんにくあってのラーメンとか
    昔、渋谷でまじに作ったイベントがあったらしいのですがその時は魚介ベースの出汁とかだったとか
    どの辺が銀河なのかは忘れましたがw
    最近はファンタジー小説の中の架空の料理をアレンジで挑むのも面白いかと思い始めてる所です
    特にベルガリアードシリーズには料理上手のポルおばさんによる料理シーンの描写は文字だけに想像力も膨らみむす!

  2. かーら様
    コメントありがとうございます!
    銀河ラーメンという名称のイメージを守るためにはどうすべきか、創作意欲をかきたてられる一品ですね。笑
    最近ではアニメに関わらず好きなように再現をしていますが、かーらさんのおっしゃるように小説などの文字だけでも描写が絶妙で、想像力が膨らむものってありますね。
    これからも色々なものを再現していこうと思いますので、宜しくお願いします。

  3. はじめまして。ランキングから来ました(^^)
    ラプンツェルがすきなので特に楽しく読ませていただきました!
    先日の再放送を見て「ヘーゼルナッツのスープってどんなだろう?」と思っていたのですが、とっても素敵ですね!
    いつか挑戦してみたいです。

  4. りんか様
    コメントありがとうございます!
    ヘーゼルナッツのスープって、あまり親しみがないから味が気になりますよね。
    一度作ってから、もっと改良したいなーという思いも出てきたので、私もまた機会をみて作ろうと思います。
    またブログに遊びに来て下さいね!

コメントを残す