バイオ蛸酢 2.00 前篇

〜バイオという謎 の巻〜

今回作成するのは、スタジオジブリのショートフィルム「On Your Mark」に登場するバイオ蛸酢。
元々は同タイトルの曲のPVとして作成された7分弱のアニメです。

On Your Markは、地球が放射能で汚染され、地下に暮らすようになった未来都市が舞台。
冒頭は、怪しげなカルト教団を武装警察が制圧するシーンから始まります。

二人の警官が教団施設内へ歩みを進めると、奥には大きな白い翼の生えた少女が横たわっていました。
彼女を保護したと思うも束の間、今度は政府が彼女を研究資料として捕らえます。

彼女はこのままで良いのか?二人の警官は悩みます。
そして、彼女を解放しようと意を決して行動に移していく‥という展開へ進みます。

歌詞に乗せてのアニメーションなので、作中には台詞は一切ありません。
その為、おおまかなストーリーは見えてもはっきりとした理解ができなくて、それが魅力です。

作中でリフレインし、まるで軌道修正するかのように変化するシナリオ。
排気ガスにネオン、人の気配のする地下に比べて、まるでサンクチュアリのような静かなる地上。
すべての不自然さに意味があって、でもその輪郭がはっきり見えない。

歌詞だけを読むととても前向きなのに、このアニメーションを見ながらだと全く異なった暗雲たるものに思えてくる感覚といったら、鳥肌モノです。

さて、そんな「On Your Mark」の世界に出てくる蛸酢。
警官二人が、安居酒屋で翼の生えた彼女について悩むシーンに出てきます。

食べているシーンはなく、メニューとして「バイオ蛸酢 2.00」と書かれているだけ。
文字だけでもインパクト十分で、「塩サバ(合成) 1.00」と並んで、とても気になる‥

蛸酢といえば、料亭の先付から居酒屋のメニューとして、幅広く取り扱われる酢の物。
しかし、「バイオ」な蛸酢って?

おそらく、海も放射能で汚染されていて、漁獲が出来ないことのあらわれなのではないでしょうか。
つまり、天然でも養殖でもない、蛸だけど蛸じゃない!ということ。

「がんもどき」のように、他の食材で見た目や食感を寄せたものを作る‥
難しそうですが、やってみる価値はありそうです!

ということで、いざ挑戦です!

【用意するもの】
003
鱈、白玉粉、めかぶ液、強力粉、着色料
これらが、今回バイオ蛸になる食材。

原材料に蛸が入っていない蛸を名乗る食べ物といえば、「酢だこさん太郎」。
鱈を入れるというヒントを頂きました。

002
めかぶ液は、単純にめかぶをザルに濾して液だけ採取したもの。
塩水に近い、海の風味に近づくことが狙いです。

008
まずは鱈をすり潰していきます。

009
すり身になるまで、ゴリゴリとすります。

011
すり潰した鱈は、ボウルに水を張り洗います。

012
手で揉みほぐして、潰し残りがないか・骨の取り残しがないかチェック。

014
綺麗になったら水気を軽く切って、ボウルに入れます。
血合いもない鱈だったので、大根おろしのように白くて綺麗。

017
ボウルに強力粉、白玉粉、めかぶ液を加えます。

028
生地中の水分が均一になるまで、よく混ぜます。

032
最後は手で硬さをチェック。
白玉だんごを作る時と同じで、ちょうど人の耳たぶくらいの硬さを目安にしてみました。

033
適当な大きさにちぎります。

039
手で伸ばして、蛸の足っぽい形にします。

035
さあ!水で溶いた着色料に刷毛をつけて、いよいよ着色です。

036
赤が鮮やか過ぎて、なんだかちょっとグロテスク‥

041
着色した生地はふやけて扱いづらくなるので、すぐに熱湯に入れます。

茹でたら一体どうなるのか‥全く予測がつきません。
ただ、手に着色料がついてしまった時って、結構とれなくて苦戦する覚えがあるので、この着色が飛んでしまうことはないかな?と楽観的に考えてます。

色が黒ずんでしまったり、薄くなるのは心配。
あとは、肝心の食感もどうなるのか‥

次回、「鱈は!?」の巻に続きます。

コメントを残す