ユリちゃんのガンバルゾーカレー 前篇

〜ガルバンゾだけどガンバルゾ の巻〜

今回作成するのは、漫画「きみはペット」に登場するスミレちゃんの好物のカレー。
その名も、「ガンバルゾーカレー」です。

きみはペットは、キャリアウーマンかつクールビューティな女性・スミレちゃんが主人公。
同期からも一目置かれているエリートですが、それ故にとっつきにくい印象の女性です。

でも本当は、お高く止まっている訳ではないスミレちゃん。
元来の強面(美人だけれども)と、極度の人見知りで不器用な所が災いしてしまっているのです。

生真面目なのに、なかなかそれでは世の中うまくいかない。
仕事も恋も、最悪の状態の時、物語は始まります。

ひょんなことから拾ったペットとの出会いが、彼女の世界を明るいものへと変えていきます。

でも、そのペットというのが「美少年」なんだから仰天。
なんとなく、「美少年をペットにする」というとイヤラシイ展開を想像してしまいますが、びっくりするほどクリーンな漫画です。

多少のそういうシーンはありつつも、重きはそこになく、ギャグありシリアスあり。
日常にありそうでないほんのりした「願望」が描かれていて、重くなった心が軽やかになる作品です。

そして肝心のカレーは、そんなスミレちゃんに、幼なじみのユリちゃんが作ってくれた一品です。

二人がまだ学生の頃、ユリちゃんが作ってくれた思い出のメニュー。
ひよこ豆のカレーで、実際は「ガルバンゾー(ひよこ豆の意)」なのですが、スミレちゃんが「ガルバンゾー」を「ガンバルゾー」と聞き間違えてしまう、というエピソード。

何年か経って、ちょっとした喧嘩をした二人。
「ほら、あんたの好きなガンバルゾーカレー」と、仲直りにユリちゃんが差し入れてくれるのです。

ガルバンゾーという豆だと知っていても、ガルバンゾーを見かけると、このエピソードを思い出してしまいます。

お豆のカレーって食感が楽しくて良いですよね。
ユリちゃんの作る料理の特徴を考えるのも、楽しそうです。

ということで、いざ調理スタートです!

【用意するもの】
002
トマト缶、カレー粉、人参、タマネギ、ミンチ、ガルバンゾー、ケチャップ、ウスターソース、砂糖、ニンニク、ショウガ、ローリエ、ブイヨン、スパイス

スパイスはガラムマサラとコリアンダーをチョイス。

ユリちゃんのイメージとして、料理は上手で手際も良さそう。
ちょっとこだわりつつ、ごちゃごちゃせず簡素に作ってくれそうなので、スパイスは2種類に抑えました。

004
ガルバンゾーは水煮缶で手軽に作ることも出来ますが、今回は乾燥タイプを購入。
鍋いっぱいの水を入れ、沸騰するまで火にかけます。

010
沸騰したら、火を止めて蓋をします。
蓋をしたまま40分ほど置いておけば、一晩浸したのと同じ状態になります。

扱いは大豆と一緒。
40分経過したら(もしくは一晩水に浸したら)、弱火で15分ほど煮ればOKです。

027
弱火で15分煮たら、ザルにあけて水気を切っておきます。

ガルバンゾーは、日本語でひよこ豆と呼ばれます。
茹で上がりを見ると、本当にぷくぷく、ころんとしていてひよこみたい。

また、食感が栗に似ているので、栗豆とも呼ばれます。
「確かに栗に似てる」と茹でたてをついつまみ食いしちゃいます。美味しい。

014
フライパンにオリーブオイルを熱し、刻んだニンニクとショウガを香りが立つまで熱します。

015
香りが立ったら、みじん切りのタマネギと人参を加えます。

016
全体に油がまわってしっとりするまで、中火でよく炒めます。

019
ミンチを加えて、肉の色が変わるまで炒めます。

031
色が変わったら、カレー粉を加えます。

032
たちまちエスニックな雰囲気に。
これに簡単に塩胡椒しても美味しそう。

でも、今回はカレーなんです。
ということで、ここから煮込みの作業に続きます。

オーソドックスなカレーライスも良いけれど、たまにはこうしたちょっと変わったカレーも食べたくなります。
ガンバルゾーって元気が出るようなカレー、果たして無事に作れるのでしょうか?

次回、「大人も子どもも、ガンバルゾー」の巻に続きます。

コメントを残す