鱗でも鯛

005
先日、信長協奏曲に登場する鯛の天ぷらを再現しました。
カラッと揚がった鯛は、塩だけとは思えない豪勢な味わいですっかり虜に。

丸揚げは余すことなく平らげたのですが、鯛のお楽しみは他のところにもあります。

DSC00341
それは、鯛から削いだ「鱗」!
これを捨てずに残していました。

DSC00378
鯛を揚げたあとの油に、鱗をそのまま入れてカラッとするまで揚げます。

DSC00384
軽く塩をふったら出来上がり。
鱗が熱でくるんと曲がって、真珠のように白い珍妙な一品の出来上がりです。

鯛の鱗は一つ一つが大きいので、揚げるだけで立派なおつまみになります。
生臭みは一切なく、パリっとしてすぐに口の中で砕けていく様が心地良いです。

ついシャクシャク食べてしまって、お酒を飲まずに食べきってしまいました。

今度鯛を手に入れたら、身と鱗の食感を共に楽しめる松毬揚げも楽しみたいところです。

コメントを残す