【リベンジ】ポニョのハム入りラーメン 序章

〜ハムー!! の巻〜

今回作成するのは、スタジオジブリ作品の崖の上のポニョより、ハム入りラーメン。

ポニョが大好きなハムが乗っかったラーメンは、多くの人の心を掴んだのではないでしょうか。

お湯を注いで数分待って、蓋を開けると湯気立つラーメン。
麺の色や粉末スープを入れない所から推測するに、種類はチキンラーメンかな?

りさの粋なはからいで、お湯を注いだ時にはなかった大好きなハムが乗っている!
分厚くて色の良いハムが、これまた美味しそうで‥

久しぶりにインスタントラーメンが食べたくなる一品です。

実は、かれこれ4年ほど前に再現済みの1品。
その時は、「ハムをいかにアニメ独特の描写の再現するか」ということにスポットをあてました。
4bf41c95

技術も未熟な為、燻製はせずに鶏肉と豚肉を使用して簡単に作れる「茹でハム」で再現。

da4101c7
求めていた色の区切りは再現できたものの、お肉はちょっと硬めで、なによりも麺が伸びちゃっている!!

このままではイカンと思っていたものの、ズルズルと時は流れ‥今に至ります。

この数年で、ベーコンやジャーキーと燻製するアニメシも作ってきた当ビストロ。
趣味で燻製もしているので、ここらで一度しっかりとしたハムでリベンジといきたくなりました!

ということで、ハム作りから、いざ再現スタートです。

【用意するもの】
005
まずは主役のご紹介。豚ロースブロック、1kg!

004
その他、タマネギ、ローリエ、ローズマリー、セージ、ニンニク、セロリ、黒胡椒、白胡椒、塩、砂糖

009
まずは、豚肉の脂を包丁で削いで調整します。

010
まったくなくなってもハムらしくないので、ほどほどに。

012
このくらいにしました。

014
次にフォークを全体に刺し、塩や調味料の浸透が均一になるようにします。

015
側面もグサグサ。

016
正面も、背面も。

020
筋はキッチンばさみで切り取ります。

021
脂の塊などがある場合はキッチンばさみで取り除き、豚肉のコンディションを均等にします。

023
下準備が出来たら、塩を全体にまぶします。

026
手で揉み込むようにしてよく馴染ませ、同じように砂糖も馴染ませます。

028
スライスしたニンニクを上から擦り込みます。

029
セージやローズマリー、黒胡椒、白胡椒も同じように擦り込みます。

032
輪切りしたタマネギ、スライスしたセロリ、ローリエを加えて密封保存袋に入れ、軽く揉み込みます。

あとはこれを冷蔵庫に入れて、1週間熟成させます。
一日一度はひっくり返して軽く揉みましょう。

燻製系は下処理や塩漬け、塩抜きなど行程が沢山!
時間はかかりますが、焦らずいきましょう。

大きな立派なハムが出来ることを夢見て、次回「巻くかさらしか、それともケーシング?」の巻に続きます。

コメントを残す