アナグマとウサギの奥さんのしょうがパン 後編

前篇の「パンなのか、ケーキなのか、クッキーなのか?」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜ウサギさんの型がないの の巻〜

クッキー生地を作り終え、冷蔵庫で寝かせること1時間。
お次はいよいよ型取りです!

001
絵本の挿絵にあったように、小麦粉を生地にふりかけて打ち粉にし、めん棒で伸ばします。
厚さは5〜7㎜目安。

そしてここが今回のクッキーの最難関。
アナグマとウサギの奥さんが作っているそれは、可愛らしいウサギの形をしているのです。

しかし、ピッタリくるクッキー型がなかなか見当たりません。

どうしたものかと考えあぐねましたが、結局挿絵のウサギ型を見つつ、クッキングシートで大まかな雰囲気をつかんだ型紙を作成。

002
生地の上にそれを貼って、ナイフでくり抜きました。
目は箸を刺せば出来上がり。

003
地道な作業を黙々と続け、

004
ウサギを増やします。

すべて型取りを終えたら、余熱済みのオーブンで15分ほど焼きます。

お菓子作りはこの焼き上がりを待つ瞬間が楽しいです。
焼き上がりが近づくにつれ、フワッと甘い香りが立って待ち遠しいったらない。

005
焼き上がりはほんの少し柔らかいですが、バットで冷ますとちょうどよくなります。
クッキーはくれぐれも焼きすぎない、というのが訓戒です。

ビストロ・アニメシ 前田未希 絵本のお菓子の作り方 わすれられないおくりもの しょうがパンの作り方 しょうがパンのレシピ ジンジャーブレッドクッキーの作り方 スーザン・バーレイの絵本に出てくるクッキー
余熱をとったら、出来上がり。
山盛りウサギになりました。

ビストロ・アニメシ 前田未希 絵本のお菓子の作り方 わすれられないおくりもの しょうがパンの作り方 しょうがパンのレシピ ジンジャーブレッドクッキーの作り方 スーザン・バーレイの絵本に出てくるクッキー
ウサギさん、わりと絵本に似せることができたかな?

全く計算していなかったのですが、ふちがほんのりと濃い焼き色になって、野うさぎみたいで可愛くなりました。

シナモンの香りに、三温糖とバターのまろみがかかった香り。
しょうがパウダーを多めに入れたので、味がとがってしまわないかちょっと心配でした。

いよいよ、まだほんのり温かいクッキーを、ひとくち。

外側は、カリッコリっという音がなるしっかりとしたクッキー。
でも、硬いわけではありません。中がほのかにしっとりとしてほろけて、ちょうど良い感じ。

うん、美味しいです。
シナモンとしょうがの香り高く、それでいてバターがそのとがりを抑えていて優しくまとまっています。

イギリスの伝統を感じる、ほっとするけれども洗練された味。
コーヒーや紅茶にぴったりのクッキーです。

薄茶色のウサギさんクッキー、可愛らしくて食べるのが勿体ないなぁと思いつつ、素朴で後引きます。
早々に食べつくしてしまいました。

レシピがアナグマさんからウサギの奥さんへと受け継がれ、アナグマさんが遠いところに行っても、レシピを通じて思い出して偲ぶことができる。

「皆誰にも、何かしら、アナグマの想い出がありました。
アナグマは、一人一人に、別れた後でも、
宝物となるような、知恵や工夫を残してくれたのです。
皆はそれで、互いに助け合うこともできました。」

まさに作中の言葉の通りなんだろうな、と感じました。

最後の雪が消えて、皆の悲しみも癒えたころ。
春の訪れとともに、アナグマを思い出して皆で談笑するシーンを想像します。

暖かな陽気につられて、外でお茶会なんかして、そんな時、このクッキーがそこにありますように。

しんみりしつつ、良い気分になる一品なのでした。

コメントを残す