シャーリー与太話

ビストロ・アニメシ 前田未希 森薫 シャーリーの食べ物 ミセス・ピックが頼むジャムサンド

先日、シャーリーに登場するカフェ モナ・リザのジャムサンドを再現しました。

果汁の爽やかさが残る濃厚なブルーベリージャムに、ほのかに香るバターを塗って、カリッと焼いたパンでサンドする…
そりゃ、おいしくない訳がありません。

ミルクティー、ストレートティー、どちらとの相性も最高で、ついつい「もう1枚」と気軽に焼いては食べてしまうという食いしん坊なティータイムとなりました。

今回は、そんなジャムサンドが登場する回から、ちょっとした与太話。

再現をすると決めたものに関しては、そのストーリーに何かヒントがないか、1コマ1コマをよく見直します。

そして気になったのが、ミセス・ピックが紅茶をすするシーン。

彼女が手にしているのはカップと、ソーサー。

そこまでは普通ですが、なんと意外なことに彼女はソーサーからすすって飲んでいるではありませんか!

「どういうこと??」と思って調べると、その昔、ソーサーの本来の役割って、「熱い紅茶を冷まして適温で飲むためのもの」だったそう。

ただの受け皿ではなく、先人はソーサーで飲んでいたのですね。

本当に再現をしなければ気づかなかったかもしれない、ほんのさりげない1コマ。
いつも森薫先生の作品は背景やしきたり、食文化がとても忠実で圧倒されるのですが、今回も「さすが!」と思わされる一件でした。

せっかくの細やかな世界、これからも少しでも取りこぼさずに楽しみたいものです。

余談ですが、イギリスのサンドイッチといえば有名な「マーマイト」。
今回のジャムの候補にはあったのですが、さすがにジャムではないか、ということで候補から外れることとなりました。

でもいつか食べてみたい。

色々と刺激になった回でした。

コメントを残す