ニナのお母さんが作るレモングラスクッキー 後編

前篇の「クッキー、それは王道で難所」の巻をまだお読み出ない方はまずはコチラから!

〜サクッとした食感が大事 の巻〜

レモングラスを足すか迷った挙句、入れすぎてくどい、というが一番避けたいなという結論に落ち着きました。

021
ということで、材料をざっくりと混ぜます。

023
ラップに包んで、

025
親指と人差し指で輪を作って、細長い筒状に形を整えます。

027
こんな感じ。

形が整ったら冷凍庫に入れて冷やし固めます。
時間がない場合は冷蔵庫でも。

ニナのお母さんのクッキーは丸くて、家庭で娘に作ってあげるクッキーといえばでアイスボックスクッキーが近いかなと思い浮かびました。

002
よく冷えて固まりました。
生地にうっすらレモングラスが見えますね。

004
生地が柔らかくならないうちに、包丁で一口大にカットしていきます。

006
あとはこれを間隔をあけて並べて、170℃のオーブンで15〜20分ほど焼きます。

009
良い感じの焼き色になりました。
焼きあがったらしばらく粗熱をとります。

作中では、おそらく焼きあがった頃に野菊がニナの母の元を訪れた感じかな?
出迎えて、紅茶やコーヒーを淹れたら、ちょうど良い頃合いになりそうです。

014
「ちょうどクッキーを焼いていたの。甘いものは好きかしら?」

015
それでは早速いただきましょう!

食べるとサクッとして、まだほのかに温かいです。

牛乳を入れた為、外側はハードな食感。ボリッとまではいかなくても、カリッとしています。
でも、中身までハードな食感はなく、中身はサクッとしていて全体的に軽い口当たり。

バターと相まってミルキーな味わいのなかに、レモングラスがほのかに香ります。
うん、美味しい!

レモングラスの加減もちょうど良いです。しつこくなく、それでいてしっかり香る。
食べる前は、レモングラスというとベトナムフォーに使うイメージが強くくせがあるのではないかと心配だったのですが、全く心配なし。

とても上品で、それでいて食べやすい味です。
シナモンよりもお子さんが食べるにはベストなハーブ・スパイスな気がします。

コーヒーや紅茶はもちろんですが、お子さんがミルクなどと一緒に食べるのにも向いているくせのない味でした。

クッキーって、家庭で作るお菓子の王道ですよね。
ちょっと硬くても、焦げ目が強くても楽しくて、美味しい。

娘の喜ぶ顔が見たくって、ニナのお母さんはなんども作ったことでしょう。
ハーブを入れるあたり、作り慣れているお菓子作り上手な雰囲気がします。

野菊の顔をほころばせる美味しさは、母の味。
温かさに包まれつつも、物語の展開を考えると、このシーンで悲しさが際立ちます。
ちょっぴり胸が苦しくなる、そんな一品なのでした。

コメントを残す