小山さんのエッグスラット 前篇

〜コレにはニンニクを入れないよ! の巻〜

今回作成するのは、小池田マヤ著の漫画・あさひごはんに登場するエッグスラット。

あさひごはんは、主人公の男子高校生あさひがおじいちゃんと作る日々の朝ごはんがテーマ。
おじいちゃん‥と言っても、28歳の若さで亡くなったコックの幽霊!

何故か子どもの頃からあさひにだけ見える、おじいちゃんの幽霊。

お母さんはお仕事が忙しくて、少し寂しかった子どもの頃のあさひ。
そんな時、冷めてしまったごはんを美味しくアレンジする方法を教えてくれたのはおじいちゃん。

おかげで寂しくなくなった高校生のあさひだけれども、何故かおじいちゃんは見え続けていて‥

エッグスラット、みなさんはご存知でしょうか?

「冷凍卵って激ウマ!」と盛り上がる男子たちを見た女子たちが、「今頃」と冷笑したのがきっかけ。
流行りに敏感な女子達、今の卵のトレンドは何か談笑します。

エッグベネディクト?
フレンチトースト?

そこで話題を振られた女子・小山さんが挙げたのが、「エッグスラット」。
皆知らなくて、興味津々にそれが何か聞くと、「瓶にマッシュポテト詰めて卵落として茹でるやつ」とのこと。

NYで朝ごはんに流行ってると雑誌に紹介されていたそうで‥

早速、皆で食べよっか!という話になり、料理好きなあさひとしては参加したい!
でも、女子たちの中に参加できるわけもなく‥というストーリー。

小山さんが作るシーンがあるのですが、簡単そうでいて、なんとも美味しそう!

ちょっと前のお話なので、NYで流行ったのは去年のこと。
知らなかった私はどちらかというと、横文字にタジタジな男子たちの気分。

たとえ今更と笑われようと、食べたい!作りたい!

ということで調理スタートです。

【用意するもの】
002
ジャガイモ、卵、牛乳、生クリーム、バター、パセリ、塩、胡椒

003
まずはジャガイモを洗って、ピーラーで皮を剥きます。

007
皮を剥いたら、ジャガイモを3cm角に切って‥

011
シリコンスチーマーに入れて、バターと水をちょびっと。
水は底全体に行き渡るくらいにしてみました。

012
蓋をしてレンジでチン!

ジャガイモが柔らかくなるまで加熱します。

023
熱いうちにフォークでマッシュして、塩と胡椒で味付け。

027
牛乳と生クリームでのばしてクリーミィに♡

031
なめらかで美味しそう!
卵で味が薄まる分、味はしっかりめにつけます。

033
瓶にマッシュポテトを詰めます。

037
卵を落とすから、詰め過ぎないように注意!

039
卵を割る瞬間って、胸が高鳴ります。
黄身が割れないように、そ〜っと入れる。

040
お!良い感じに収まりました。

042
好みでパセリを散らし、蓋をしっかり!

この見た目!これ絶対美味しくなる!
もう興奮が止まりません。テンションMAX!

そしてこれには欠かせない、ガーリックトーストの用意もしなければなりませんね!

次回、「このガーリックトーストの作り方‥!」の巻に続きます。

コメントを残す